カテゴリー「3.その他」の11件の投稿

2011年10月25日 (火)

環境省が「汚染がれき処理特措法」について国民の意見を募集しています

環境省が「汚染がれき処理特措法」について国民の意見(パブリックコメント)
を募集しています。10/26(水)〆切です。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14327

文例を作成してみましたので、よろしかったらお使いください。改変自由、転載自由です。パブコメは「数」が勝負!同じ文章でも、意見が同じなら、氏名、住所等だけ埋めて、そのままコピペで提出して全然OKです。下記を houshasen-tokusohou@env.go.jp 宛にメールするだけなので、よろしければご協力お願いします。

------------------------------------------------------------
メール件名:
「放射性物質汚染対処特措法に基づく基本方針骨子案」等に対する意見
------------------------------------------------------------
環境省水・大気環境局総務課御中

下記の通り意見を提出します。

・氏名:
・住所:
・メールアドレス:

■意見1
○意見の対象:[1]
○意見の該当箇所:3ページ23~26行
「事故由来放射性物質による人の健康や生活環境への影響をできる限り早く低減
していくためには、現行の廃棄物処理法に基づく廃棄物の処理体制、施設等を可
能な範囲で積極的に活用し、事故由来放射性物質により汚染された廃棄物の処理
を進めていくことが重要であること」

○意見の要約:
放射性廃棄物専用の設備で処理・長期管理してほしい。

○意見及び理由:
現行の施設は、放射性物質の除去を考えてつくられたものではありません。事故
由来放射性物質により汚染された廃棄物を処理するときは、放射性廃棄物専用の
設備を新設または追加したうえで、処理・長期管理してください。

■意見2
○意見の対象:[1]
○意見の該当箇所:3ページ4行~9行
「処理等に伴い周辺住民が追加的に受ける線量が年間1ミリシーベルトを超えな
いようにすること。また、最終的な処分に当たっては、管理期間終了以後につい
ての科学的に確からしいシナリオ想定に基づく安全性評価において、処分施設の
周辺住民が追加的に受ける線量が年間10マイクロシーベルト以下であること等に
ついて原子力安全委員会が示した判断の「めやす」を満足すること。

○意見の要約:
通常処理基準「8000ベクレル/kg」の妥当性、広域処理の是非についても国民の
意見を聞いてほしい。

○意見及び理由:
現行の施設は、放射性物質の除去を考えてつくられたものではありません。従来
の放射性廃棄物基準「放射性セシウム合計100ベクレル/kg」を超える放射性物質
が含まれる廃棄物を現行施設で処理することは不安です。また、従来基準以上の
廃棄物を発生地域の域外に持ち出す「広域処理」により、放射能汚染が日本全域
に拡大する恐れがあると考えます。災害廃棄物安全評価検討会では、8000ベクレ
ル/kg以下の焼却灰を通常処理する方針を示していますが、この基準の妥当性、
広域処理の是非についてもパブリックコメントを実施し、国民の意見を聞いてく
ださい。

■意見3
○意見の対象:[1]
○意見の該当箇所:9ページ14~15行
「廃棄物の再生利用の推進のため、安全性を確保しつつ、可能な限り廃棄物の再
生品(セメントや再生砕石等)の活用を図ること」

○意見の要約:
放射性物質が含まれる廃棄物のリサイクルをやめてほしい。

○意見及び理由:
放射性物質が含まれる廃棄物をリサイクルすると、流通によって放射性物質が全
国に拡大するので、リサイクルせず放射性廃棄物専用の設備で処理・長期管理し
てください。特に放射性焼却灰の肥料へのリサイクルは、食料汚染拡大の原因に
なるのでやめてください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

行ってきまーす(^o^)/

Photo_3
☆本日の午後から一週間ほど、当ブログの管理人は所用で釧路をお留守にします。
私がお留守の間は室内測定だけとなりますが
助手見習い中さんが測定とブログの更新を担当してくれますので
ブログがお休みになることはありません、よろしくお願い致しますo(_ _)o

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

この記事へのコメントは終了すますた。?

今日、ココログのメンテで午後3時までコメントが出来ない状態で
もうメンテは終わっているはずなのになぜか今も今日の記事のコメント欄が

この記事へのコメントは終了しました。

ってなっている、何故(・・?)
他のココログのブログは今日のコメント欄は機能しているみたいなのに。
今書いているこれもうpしてもコメント欄は終了しましたになるのかな?
ついでなので今17:32pmの部屋の線量もうpしますか。
ポケットガイガーサイタマくんの5分間アベレージモードで0.101μSv/hです。

Photo_3

追記、
この記事はコメント欄は普通に使える。
今朝の記事だけがコメント欄が使えなくなっているらしい(-ω-)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

福島第一原発の放射能拡散シミュレーション(3月12日~3月17日)

放射能汚染は爆心地からの距離よりも風向きが重要だと言われています。
チェルノブイリ事故の例でも、原発から遠くの地域が酷く汚染されているのに
それほど離れていない地域が被害が少なかったり。
最も汚染が激しかったであろう福島原発が爆発したときがどうだったのか
すごく気になります。
第一原発の放射能拡散シミュレーション(3月12日~3月17日)があったのでうpします。

Photo_3

これを見ると釧路はギリギリセーフって感じですが
以下のサイトの上から三つ目に拡散アニメーションがありますが
こっちを見ると釧路は被っています(__ __|||)
http://cerea.enpc.fr/en/fukushima.html

Cereamap1

日本は世界中にご迷惑をおかけしているのですねm(。≧Д≦。)mスマーン!!
しかし北海道よりもアメリカの方が汚染、ヒドイんですね。
これは日本のみならず、地球規模の国際問題です。
頼りにならない東電や日本政府に任せっきりにしてよいモノでしょうか?
国際的な関与が必要なのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

海洋汚染資料

ネットで海洋汚染ネタを拾ったのでうpしときます。
不安を煽るようでイヤなんですが、自己判断の材料としてお使い下さいo(_ _)oペコッ

海洋汚染予測マップ

Photo_3

さんまの回遊ルート

Photo_4

かつおの回遊ルート

Photo_5

本まぐろの回遊ルート

Photo_6

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月31日 (日)

ドイツ気象庁により【粒子拡散予測】の存続を

29日をもって、予測を終了するとの発表がありました。
日々の生活の参考にしている方も多く、ドイツ在住の方に、直接声を届けていただくことになりました。
どれくらいの方が、存続を希望されているのか。投票をお願いします!

http://sentaku.org/science/1000032999/

ドイツ気象庁のトップページを見ても、もう放射能拡散予測が無くなっているけど
当ブログのサイドバーにあるDWDのリンクから見るとまだ動いています。
完全には終わっていません、まだ希望があります。
ほんとに簡単なアンケートとコメントを入れるだけです
ご協力、お願い致しますo(_ _)oペコッ

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

ドイツ気象局へ粒子拡散予測継続の要望を

現在ドイツ気象局の粒子拡散予測のページにて「7月29日でシミュレーションの発表を終了する予定ですが要望があれば継続します。」というお知らせが表示されています。

メール(info@dwd.de)にてご要望をお送り下さい。多くの方々がDWDの予測を必要としている事を伝える事が目的ですので簡単な英語で構いません。是非皆さんの感謝の声をドイツ気象局まで届けて下さい。お願いします。

本来は日本政府が発表するべき情報ですから要望メールをためらってしまうお気持ちも理解出来ます。しかしDWDは要望があれば継続すると明記してくれていますので、要望の際に感謝の言葉を添えれば迷惑がられる事は無いのではないでしょうか?

ですから出来る限りご自分の言葉を届ける事が重要です。言葉の壁があってどうしてもそれが難しい場合は参考までにドイツ語と英語で要望文を書いてみました。複製・改変してご自由にお使い下さい。

ドイツの気象機関(つまりドイツ国民の税金)を頼るというある種の罪悪感を払拭する為にも、是非私達の政府にも要請をしていきましょう。

- - - - - - ドイツ語 - - - - - -

Sehr geehrtes DWD Team,

Ihre Simulation der Ausbreitung von radioaktiver Partikel hilft mir jeden Tag um die Situation von objektivem Blickpunkt zu erfassen. Information wie dies ist wesentlich fur Bevolkerung aber japanische Regierung bietet uns sie nicht an.
Ich mochte Ihnen bei dieser Gelegenheit mitteilen dass ich und auch viele Menschen in Japan Ihnen fur Ihre Leistung und Muhe sehr Dankbar sind und bitte ich Ihnen daher um weitere Veroffentlichung der Grafiken.
Vielen dank dass Sie dies gelesen haben.

Mit freundlichen Grusen,
(名前)

- - - - - - 英語 - - - - - -

Dear DWD team,

Your Simulation of distribution of radioactive particle helps me everyday to grasp the situation from an objective view point. Information like this is essential for inhabitants but that’s what japanese government doesn’t provide.
I’d like to tell you in this opportunity that I, and many people in Japan as well, thank you very much for your achievement and effort and therefore I request you to keep publishing the simulation.
Thank you for reading this.

Sincerely,
(名前)

- - - - - - 上記の和訳 - - - - - -

DWDチーム様、

客観的に状況を捉える為、貴殿の放射性粒子拡散予測に毎日助けてもらっています。このような情報は住民にとって極めて重要ですが日本政府はこれを私達には提供しません。
この機会に、私を初めとする多くの日本の方々が貴殿の為されているお仕事と苦心に感謝をしているという事をお伝えしたいと思います。そしてそれ故に、シミュレーションの発表の継続を要望します。
このメールを読んで下さりどうもありがとうございました。

敬具
(名前)

http://www.witheyesclosed.net/post/8054351354

ふくいち事故から二ヶ月くらいならドイツ以外にもイギリスやフランスや台湾の
放射性粒子拡散予測があったけど、今はドイツの拡散予測しかない。
当ブログでも使わせていただいてますが、今はDWDしかないんです。
ドイツ国民の税金で運営されているDWDの延長を日本人がお願いするのは
心苦しいものがありますが、日本人にこそ必要なものなんです。
日本にも一応拡散予測が出来るシステムがあるはずだけど
情けないことにこの国家は国民向けにそれを公表するつもりが無いのです。
私もDWDに延長のお願いをしますo(_ _)o

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

農林水産省が決定した、放射性物質が検出された汚泥を全国に肥料として流通させる新基準に反対する署名

【農林水産省が決定した、
放射性物質が検出された汚泥を全国に肥料として流通させる新基準に反対する署名】

http://www.shomei.tv/project-1785.html

この署名プロジェクトは、今、日本政府が放射能汚染された汚泥を
肥料として全国に拡散しようとしていることを阻止することを目的としたものです。
政府はまたもやザル基準値を設定して放射能汚染を全国に広めようとしているのです。
この国の国政の人命軽視の姿勢には空恐ろしいモノがあります。
だから13年連続で毎年3万人もの人びとが自殺をするような異常な国となっていると思います。
私が思うに、こんな国になったのは小泉首相の頃からだと思えます。
彼は「成功者が讃えられる国は良い国だ」と言って
高額納税者(成功者)の所得税率を下げたりしていました。
しかしその影では、失業や病気で社会から脱落していく人たち(成功しなかった)に対しては
何らのセイフティーネットも用意しませんでした。
その結果、脱落した人々は死ぬしかなかったのです。

この国家の国民の命の軽視は、今にして始まったモノではありません。
先の第二次世界大戦のとき、日本軍のゼロ戦は世界一の能力を誇っていました。
ゼロ戦に比べると、敵国であるアメリカ軍のグラマン戦闘機は劣っていました。
航行速度や運動性能や燃費でもゼロ戦はグラマン戦闘機よりも優れていました。
しかしそれには秘密があったのです。
日本軍のゼロ戦は徹底的な軽量化が成されていたのです。
アメリカ軍のグラマン戦闘機は操縦席の周りに厚い鉄板を張り巡らせていたので
その鉄板の分、機体が重くなってしまったのです。
それで航行速度も運動能力も燃費も落ちていたのです。
それでもグラマン戦闘機の操縦席の周りに厚い鉄板を張り巡らせていたのは
パイロットの命を守るためでした。
それに比べ、ゼロ戦の操縦席の周りには被弾からパイロットを守るための鉄板なんてありませんでした。
同じ戦争の道具でも、これほどまでに日本とアメリカでは考えや価値観が違っていたのです。
そしてその人命軽視の思考が最も端的な狂気として行われたのが神風特攻隊でした。

今回の福島第一原発事故でも、この国の人命軽視の考えや価値観は顕わになっています。
原発を止めないのも、ザル基準で危険な食品や物を流通させているのも
福島とその周辺や首都圏などが酷く放射能汚染されているのに人々を避難させないのも
その理由の二言目には「ケイザイガー、ケイザイガー」です。
人の命や健康よりもお金が大切なんです。
この国は何かがすごく狂っているのだと思います。
国民一人一人が目を覚まして、こんな国の在り方を変えるのか
それともこれから先も狂った国の国民として生きていくのか(生きていければ)
今はその分岐点に来ているのだと、私は思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

釧路の自然放射線量とは?

このブログのサブタイトルは「ここにもキテマスカ?の記録」なんですが
実際にここ(釧路)に来ているのかを調べるためにガイガーカウンターで測定しているのですが
来ているかどうかを知るには今現在の測定値だけじゃなくて
ふくいち原発事故以前の元々の釧路の自然放射線量が判らないと
比較する基準が無くて、今の数値が異常なのか、それとも正常値なのかが判断できないのです。
基準値となる事故前の自然放射線量よりも高ければふくいちから来ていると判断することが出来るでしょうが。

それでネットでふくいち原発事故前の釧路の自然放射線量のデータを捜してみましたが
それがなかなか見つからない。
それでもやっと見つけたのが二つあります。
一つは日本地質学会のホームページにあるモノです。

Photo_3

これによると釧路は0.0178-0.036μGy/hです。
数値に幅があるのでここでは便宜上中間を取って0.020μGy/hとしておきます。
これをシーベルトの一年間に換算すると0.18mSv/y になります。

Photo_4

もう一つのふくいち原発事故以前の釧路の自然放射線量のデータとして以下のモノも見つけました。

Photo_5

これだと釧路は0.89mSv/y地帯となっています。
最初の日本地質学会のと数値がぜんぜん違います。
なぜでしょう?
電気事業連合会の資料は『宇宙、大地からの放射線と食料摂取によって
受ける放射線の量(ラドンなどの吸入によるものを除く)』とあります。
 日本地質学会のホームページには以下の注意書きがあります。
『注: (2011/5/27 追記)
■ 屋外で計測される自然放射線量は、大地からの放射線量(上記マップ)と
  宇宙線による放射線量を合わせた値となります。』
日本地質学会の数値は大地や宇宙からの放射線を除外している
電気事業連合会の数値よりも少ないんです。
なぜこんな数値の違いになるのでしょう?
私の計算が間違っているのでしょうか(‥?)
換算は【ブラウザで動く放射線・放射能の単位換算ツール(簡易)】 Ver1.6.1.1を使ってますが。

私は専門家じゃないからさっぱり判りません。
もっとシンプルに猿でも判る解説と数値ってないものでしょうかね?(^ω^#)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

アトムマントルによるガイガーカウンターの実験

ヤフオクでアトムマントルを線源として落札したのでさっそくテストしてみる。

1_2

まずは何も無い段ボール箱の上に乗せて測定してみる0.08μSv/h。
だいたいいつもの部屋の中の数値。

2_2

私は以前プリムスのガスランタンをキャンプで使っていましたが、このマントルは
私が使っていたのよりもずっと大きい。

3

ビニールの小袋に入ったマントルの上にガイガーカウンターを乗せてみると
2.65μSv/h!ふくいちから800キロの低線量地帯の私はこんな数値を測定したことが無くて
見る見る上がっていく数字にけっこうビビッた!(゜Д゜||)

4

次に小さなビニール袋にマントルを折りたたんで入れた。

5

2.16μSv/h、若干数値が下がった。
これは何度も再測定しましたが、同じ線源でも面積が小さくなると測定値も小さくなる
傾向があるらしい。
線源の面積が広い方がGM管に捉えられる確率が上がるからかな。

6

こんどはダイソーで購入した小さなスチール缶に入れてみる。

7

0.78μSv/h、けっこう遮断効果があるみたい。

88

次に同じくダイソーで購入したスチールたばこ入れにくまのプーさん缶に入れてある
マントルを入れて二重にしてみる。

9

0.31μSv/h、さらに下がった。

10

プーさん缶+スチールたばこ入れを部屋にあったスチール缶に入れて
三重スチール缶にしてみた。

11

缶の上に直接乗せて0.22μSv/h、ちょっと下がった。

12

次に三重スチール缶の10センチ上で測定してみると0.11μSv/h。

13

さらに三重スチール缶の20センチ上で測定すると0.10μSv/h。
ちょっと高い日の部屋の中の数値と同じくらいになった。
これくらいならアトムマントルを部屋の中で保管していてもまあ気にならないレベルかな。

14

最後にガイガーカウンターの線源に対する指向性について実験してみた。
まずは右横に線源を置いてみる、0.11μSv/h。

15

次、左横に置いてみると0.48μSv/hとなった。

16

次、下側に置いてみると0.16μSv/h。

17

最後に上側に置いて0.13μSv/h。
このガイガーカウンターの中身はまだ見たことがないけど
たぶん左横の基盤の下(裏)にGM管が付いているんだろうね。
今までは左手に持って測定していたけど、右手に持って測定した方がベターなのが判った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧