« 2012年6月1日釧路市内放射線量測定 | トップページ

2012年6月 2日 (土)

2012年6月2日釧路市内放射線量測定

New959

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h
外は7度くらい、緩い東の風、ガスっぽい曇り。

602disper

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

予言されていた"原発震災"/広瀬隆氏インタビュー

本日6月2日土曜日午後一時から午後四時までの3時間
釧路市マナボット大ホールにて
広瀬隆さんの講演会が開催されます。
参加費1200円
開場は12:00です
是非この機会に、生広瀬隆を!



おはようございます、当ブログの管理人です(´・∀・`)/
みなさまがこのメッセージを読んでいる頃は私はまだ旅の空の下です。
このメッセージは旅への出発前の書き置きです。
今週の火曜からブログの更新を助手見習いさんにお願いしてますが
最後の日に管理人無しでは見ている人が納得しないだろうとの助言?があったので
最終回のブログのネタとこのメッセージを用意しときました。

本日でこのブログを開始して一年の節目となりました。
この一年の節目をもちまして、当ブログの更新を終わらせて頂きます。

この類のブログが終わると「圧力がかけられた」等々云われることが多いですが
当ブログに関してはそのような事は一切ありません( ^ω^ )
ただ、開始当初より一年という考えでやってきまして、そして今日その日が来たというだけです。
一年間、毎日欠かさず測定してきましたが、数値的にはひとつかふたつ、多くてみっつ
上がるか下がるかで、当地に関してはそれほど大きな数値の変化もありませんでした。
 当ブログを開始した当時はガイガカウンターが品薄で価格が高騰していて
一般市民がガイガーを持つなんて、なかなか出来かねたものでしたが
現在では安価な国産ガイガーも発売されて、誰でも気軽に測定器を所持出来る状態となり
ほんとに気にしている人なら実際にマイガイガーを既に持っている釧路市民も在ることでしょう。
そんな今現在を鑑みるに、当ブログも一定の役割を終えた感があります(-ω-)

しかし日本の原発事故の問題はまだ終わってはおりません。
私が死んでも、この世界に何度も生まれ変わって来ても
そこには3.11震災で放出された放射性物質が存在していることでしょう。
放射能汚染問題が解決されていないからとこのブログを続けていく事にはキリがないので
私としてはここで一つの区切りをつけたいと思います。

本日まで当ブログを訪れて来てくださった方々、コメントを書いてくれた方々
ツイートしてくれた方、いつもネタ元となった2ちゃんねる緊急自然災害スレの住民のみなさま、

ありがとうございましたo(_ _)oペコッ



もし、ふくいち四号機が倒壊等々、新たな事態が勃発したなら
当ブログの活動を再開させるかも知れませんが、そのような不幸が無いことを願っております....φ(・ω・。)

Tepc

|

« 2012年6月1日釧路市内放射線量測定 | トップページ

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

釧路さん、一年間ありがとうございました!!
更新が終わってしまうのはとても残念なのですが……。
今まで、情報の共有や、伝えたいことを伝えられる場として、とてもありがたかったです。
感謝。

投稿: あきこ | 2012年6月 2日 (土) 05時55分

1年前このブログを見つけた時の安堵感は忘れません
ガイガー釧路さん、1年間毎日ありがとうございました
助手さん、そしてコメントを通じてお話させていただいたみなさん、
ありがとうございました~

投稿: bun | 2012年6月 2日 (土) 16時31分

ガイガーカウンター@釧路様
そして助手様
この一年間本当にありがとうございました。事故後の茫然自失の状態から立ち直った訳ではありませんが
なんとか前を向いて歩いていけるようになりました。

今日の広瀬さんの講演は一週間前の惨憺たるチケット売り上げ状態が嘘のように
460人の参加があり、広瀬さんの悲痛な叫びともいえる講演内容に熱い拍手が送られました。

電力不足の嘘、自家発電量の推定量が莫大であること
ガレキ受け入れ絶対拒否、食物による内部被曝を防ぐため安全な食事に気を配ること、
西日本の食物が沖縄を含め無防備で危ないことを強調されていたように思います。
そして日本の食料基地を守るためにも泊再稼働を市民の力で止めてほしいと言っていました。

生広瀬じいちゃんは、小柄でほっそりした方でした。
声に力があり迫力がある一方
著書の危険な話にあったような、絶望感はうすらいでいて
希望を持って聞き終えることができました。

みなさんありがとうございました。
ガイガー様、自転車とキャンプいかがでしたか?お体お大事に。さようなら。

投稿: のぬけす | 2012年6月 2日 (土) 20時25分

m(_ _)m

(ノ_-。)

(TωT)ノ~~~

投稿: 助手見習い中 | 2012年6月 4日 (月) 17時24分

ガイガーカウンター@釧路さん
(^-^)/✨
助手さん(^-^)/✨
みなさま(^-^)/✨

今までありがとうございましたm(_ _)m❤

この場所に出逢えて本当にラッキーでした。

ガイガーカウンター@釧路さんm(_ _)m✨
一年間、定位置定時の計測はどれ程大変だったでしょうか。
私などには想像する事すら出来ません。
心から感謝致します。
どうかこのまま、北海道は守られます様に…。

投稿: ketaketa | 2012年6月 6日 (水) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/45407931

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年6月2日釧路市内放射線量測定:

« 2012年6月1日釧路市内放射線量測定 | トップページ