« 2012年5月7日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年5月9日釧路市内放射線量測定 »

2012年5月 8日 (火)

2012年5月8日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

濃霧。時々南西の風が吹く早朝に測定。

泊原発が停止、国内原発ゼロ_報道特集


泊原発が停止、国内原発ゼロ_報道特集 投稿者 gomizeromirai

この番組の最初の方で泊村の住人のオバサンが
「もし何かあっても覚悟の上だから」みたいなことを言ってましたが

お前が覚悟しててもオレは覚悟してねえんだよ!【゚Д゚】

と、ツッコミ入れたかったです。
もし泊原発が事故ったら被害は泊村だけじゃ済まないでしょ?
あの泊村のオバサンにはこの図を見てから物を言えって言いたいです凸( ̄皿 ̄#)
この図では単純に同心円状になっていますが、もし爆発したときに西風が吹いていたら
石狩や札幌にだって放射性物質の降下があり得るんだから被害はこんなもんじゃ済まないのは明白。
福島の事故じゃふくいち由来の放射性物質がアメリカ西海岸ですら検出されているのだから
泊が事故ったら釧路だって汚染されてしまう。
原発事故の被害は狭い地域に限定されるものじゃないのだから
地元の都合だけで原発の是非を考えないでもらいたいものだよ( ゚ω゚ )

002

5001
5002
5003

|

« 2012年5月7日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年5月9日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ
大丈夫です。
泊が再稼働せず廃炉になっても、客も減らないし仕事も続くはずです。
原発交付金は、当面確保済みだし妙な覚悟は不要です。
廃炉になっても 使用済み燃料棒のお世話を原発内で続けなければなりません。
再処理技術は日本にはありませんし、海外に押し付ける時代でもありません。
津波地震対策工事は絶対に必要です。
廃炉開始前に、10年以上停止した状態が必要だというし。
その間の施設維持、防さび(どこも海のそばに立地)
こう考えると雇用や顧客減少の心配は当面ありませんよね。
10年の補償つき仕事なんてめったにありません( ̄▽ ̄)

投稿: のぬけす | 2012年5月 8日 (火) 22時13分

のぬけす様、おはようございます(。・∀・)ノ

なるほどですねー
そうですよね、長年に亘る廃炉作業がありますもんね(´・∀・`)
泊村の方々には管理と廃炉に励んで頂きたいですね( ´∀`)Ь

>10年の補償つき仕事なんてめったにありません( ̄▽ ̄)
ご尤もです、役人以外にこの世知辛い世の中で補償されてる仕事なんて
無いですよね!
変化には勇気が必要ですが、泊村の方々も勇気を持って変わっていって頂きたいです。

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2012年5月 9日 (水) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/45152522

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年5月8日釧路市内放射線量測定:

« 2012年5月7日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年5月9日釧路市内放射線量測定 »