« 2012年5月27日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年5月29日釧路市内放射線量測定 »

2012年5月28日 (月)

2012年5月28日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

S

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

ほぼ無風な曇り空の早朝に測定。


4号機倒壊問題

ふくいち四号機の燃料プール下の補強ってけっこうガッチリ出来ているみたいな・・・
つっかえ棒だけかと思っていたけど更にコンクリで固めているそうで。
コレ見てけっこう大丈夫かも?って期待しましたが (*・ω・*)
しかしガンダーセン氏の言っていたジルコニウムのことは一切出て来ませんでしたね。
燃料プールの水が抜けて無くなるとガンダーセン氏はジルコニウムが高温で燃えて燃料棒のメルトが始まる、
みたいな事を言ってましたが。
この番組内でも冷却システムの配管の破損の可能性はあるって話なので
やっぱりジルコニウムが( ̄_ ̄|||)

燃料棒のメルトダウンについて日本の研究機関で検証したら
それほどの高温にはならないって事ですが、彼らはジルコニウムについては
考慮しなかったのかな?(^ω^;)
それともジルコニウムも燃料棒の間を空気が循環して空冷されて
高温で燃えることは無いとか?

|

« 2012年5月27日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年5月29日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

北九州、瓦礫焼却による放射能拡散の予測図だそうです。
http://portirland.blogspot.jp/2012/05/blog-post_3993.html
あくまで参考程度みたいですけど。
でも、偏西風があることを考えると、北九州以外にも影響を与えるかも……と思いました。

投稿: あきこ | 2012年5月28日 (月) 09時17分

あきこ様、情報ありがとうございます(`・ω・´)ゞ

予測であることを前提として見ても、すっかり九州産は食べられなくなりますね(=ω=)
北九州市長は逮捕すべきです凸( ̄皿 ̄#)
これ犯罪ですよ。
日本人って自殺願望があるんでしょうかね?
北海道か九州産かと食べ物を選んできましたが、九州産は完全にパス(´xωx`)
あとは北海道産だけですね。
北海道は死守せねば(`・ω・´)

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2012年5月28日 (月) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/45280538

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年5月28日釧路市内放射線量測定:

« 2012年5月27日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年5月29日釧路市内放射線量測定 »