« 2012年5月26日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年5月28日釧路市内放射線量測定 »

2012年5月27日 (日)

2012年5月27日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.11μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

曇り。風は無しな早朝に測定。
今朝は外の測定が数値フラフラ状態だった(=ω=)


原発導入のシナリオ ~冷戦下の対日原子力戦略~

なるほどねー、日本に原発が導入された経緯には
冷戦下での自由主義陣営アメリカと共産主義国ソ連との駆け引きがあったとは(-ω-)

この犬HKの番組がいつ作られたかは判りませんが
チェルノブイリ事故の前であったことは確かか。
日本人の核アレルギーは有ったにせよ、原発の危険性なんて微塵も無い時代のものですね。
正力松太郎とアメリカ工作員が組んで新聞やテレビといったメディアの影響力を駆使して
核アレルギーの日本人を洗脳して日本に原子力発電を実現化したと。

今から思えば、手塚治虫の鉄腕アトムもそれのひとつだったんですね(=ω=)



おまけ


20120522 「がれき」受け入れめぐり衝突 投稿者 PMG5

これが原子力発電の(平和利用の)結末ですわ ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ・・

|

« 2012年5月26日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年5月28日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ
我が家は江川投手事件(懐)がおこるまで読売新聞でした。
母親が広島原爆は戦争終結のためにはやむを得なかったと言ったことを今でも覚えています。
登場した日本の科学者は核の民生利用と軍事利用は区別できると考えていたようです。
議員一年生の正力松太郎の活躍、アメリカ政府内部の人間かも?ですね。

昨日は仕事帰りにムー側の橋のたもとで線量測定。
クリアパルスで0.164μSv/hありました。年間1.4mSv超。 機会があったら仏舎利塔もはかってみます。

投稿: のぬけす | 2012年5月27日 (日) 18時54分

のぬけす様、こちらでもおはようございます( ^ ^ )/

シンチで0.164μSv/hはすんごい高い数値ですね!
幣舞橋周辺は何故か高めに出るんですよね。
私も以前、幣舞橋で測りましたがいつもの定点測定ポイントよりも高かったです。
同じ日に釧路振興局でも測りましたが、あそこは特に高くなることは無かったです。
なにか線源でもあるのかも知れませんね、幣舞橋周辺。

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2012年5月28日 (月) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/45280533

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年5月27日釧路市内放射線量測定:

« 2012年5月26日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年5月28日釧路市内放射線量測定 »