« 2012年5月25日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年5月27日釧路市内放射線量測定 »

2012年5月26日 (土)

2012年5月26日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

S

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

ほぼ無風で静かに雨が降っている早朝に測定。



道内初 がれき受け入れ表明
岩倉苫小牧市長 復興早めるには必要


 東日本大震災で発生したがれきを試験的に受け入れる方針を、道内の自治体で初めて表明した苫小牧市の岩倉博文市長(62)は、北海道新聞のインタビューに答えた。
関係団体などへの説明を始めた岩倉市長は、受け入れに賛同する市民が多いとの印象を語り、「今後も説明を尽くす」と、住民の理解を得ていくことを強調した。
 ー受け入れ表明後、地元農協など関係団体のほか各種会合のあいさつで、安全基準などを説明していますが。
 「多くの市民は、放射能の心配がないなら協力したいと思っていると感じます。
いかに風評被害を防ぐかが課題で、反対派も含めて今後も説明を続けたいと考えています。
放射能があるなしにかかわらず、災害廃棄物を受け入れることに、私自身、抵抗がある。
でも国難の中、本当にそれでいいのか、という思いから受け入れを決めました」
 ーがれきの放射性セシウム濃度を「1㌔㌘当たり100ベクレル以下」とする市の独自基準は本当に安全ですか。
 「国際原子力機関(IAEA)の基準に基づいており信頼しています。
がれきの放射能測定は、検査機関に検体を送って検査します。
空間放射線量の測定は市と道で行います」
 ーがれきは被災地で処理すべきだと言う声が根強いです。
 「できるならそうするべきです。
10年かかっても現地で処理するという選択もあるが、できるだけ早く復興をとなれば広域処理に頼らざるを得ない」
 ー受け入れは、苫小牧市や再生する企業の利益になるからではという声もあります。
 「基本的に市にお金は入りません。
市が担う工程管理や放射線量チェックで費用が発生すればあるかもしれないが、測定器の使用料などを請求することはないでしょう。
再生処理を行う民間企業は再生後の製品を販売するでしょうが、収入より風評被害によるリスクの方が大きいのではないでしょうか」

>がれきの放射性セシウム濃度を「1㌔㌘当たり100ベクレル以下」とする市の独自基準は本当に安全ですか?
>「国際原子力機関(IAEA)の基準に基づいており信頼しています

国際原子力機関(IAEA)は原子力の利用を推進する為の機関であって
人々の健康を守る為の機関ではありません。
以下のビデオを見ると、IAEAがどのような組織であるのかが判るでしょう。
岩倉苫小牧市長が信頼しているIAEAは、はっきり言ってただの原子力マフィアです。
彼らの作りだした基準は安全の為の基準ではなく、原子力推進の為に
都合が悪くないだけの基準なのです。
彼らが原子力の推進に都合が良い基準なのであって
被爆した人間の健康を保証する基準では無いのです。
50分とちょっと長いですが、是非これをご覧になってIAEAがどのような組織であるのか
岩倉市長にも知っていただきたいものです( ゚ω゚ )

真実はどこに?―WHOとIAEA 放射能汚染を巡って

以下のビデオは当ブログでも以前に紹介したモノですが
上のビデオと合わせて今一度、ご覧になっていただきたいです。
一般に権威として受け入れられている放射線被曝についての安全基準というものが
いかに人々の健康を軽視して作られているかが判るはずです。

追跡!真相ファイル 「低線量被ばく 揺らぐ国際基準」


追跡!真相ファイル 「低線量被ばく 揺らぐ国際基... 投稿者 kamaichi2002

|

« 2012年5月25日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年5月27日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

北九州では線量が上がっているようです。
島田市でのデータも出ています。
http://takedanet.com/2012/05/post_cffd.html
瓦礫はセシウムだけでなく、ストロンチウムやプルトニウムも含まれている可能性もありますよね。
苫小牧の瓦礫持ち込みを、なんとか止めたいです。

投稿: あきこ | 2012年5月26日 (土) 07時46分

あきこ様、おはようございます( ^ ^ )/

島田市の桜井市長は刑務所にぶち込まれるべきです凸( ̄皿 ̄#)
島田市民はなぜ黙っているのでしょうか?
市長リコール&懲役刑でしょ?(´゚д゚`)
国はセシウムのことしか言いませんが、ストロンチウムもプルト君もウランちゃんも
その他核種がいっぱいだろうに、そんなんで安全を語るなんてナンセンスなのに(ーー゛)

>苫小牧の瓦礫持ち込みを、なんとか止めたいです。
もし苫小牧市が受け入れ決定で北海道に瓦礫が持ち込まれようとしたら
苫小牧へ行って阻止行動が必要になってきますよね。
この問題について道民の関心が高いとは思えないし
反対派がたくさん集まるとも思えないけど、頭数は必要になるだろうし。

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2012年5月27日 (日) 09時25分

こんばんわ
動画アップありがとうございました。
気になった点が2点。
1つ目は 小児の放射性物質の体内残留に関するもの。今までと違う情報でした。活発な代謝にも関わらず蓄積がすすんで行くこと。
2つ目は、最後のグスコヴァさんとお話をしていた女性IAEAの人間でしょうか。まともに相手する必要はないとなだめていました。
苫小牧の岩倉市長や沖縄の下地議員のように身内に関係者がいるから、利害関係がわかる訳で
そんな身内のいない地域の首長達は、ガレキ反対にまともに取り合わずに既成事実を作るのかもしれません。

投稿: のぬけす | 2012年5月27日 (日) 19時06分

のぬけす様、おはようございます( ^ ^ )/

>苫小牧の岩倉市長や沖縄の下地議員のように身内に関係者がいるから、利害関係がわかる訳で
>そんな身内のいない地域の首長達は、ガレキ反対にまともに取り合わずに既成事実を作るのかもしれません。
岩倉みたいな欲深い市長は瓦礫が欲しくて、それ以外の市長は我関せずで既成事実ですか。
みんなが札幌の市長みたいだったら、中央政府がどんなにバカでも
道民は安心していられたのにねぇ(=ω=)

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2012年5月28日 (月) 08時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/45280526

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年5月26日釧路市内放射線量測定:

« 2012年5月25日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年5月27日釧路市内放射線量測定 »