« 2012年5月15日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年5月17日釧路市内放射線量測定 »

2012年5月16日 (水)

2012年5月16日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

S

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

けっこう強い南からの風雨の早朝に測定。


2012/05/03up チェルノブイリ・レガシー (Chernobyl-Legacy) futures Japan!

とても辛い11分36秒でした(`;ω;´)

ナレーションが英語で字幕も無いから殆ど何を言っているのか分かりませんでしたが
何を伝えたいのかは解りました。

人間にはやってもいい事とやってはいけない事があるのだと思いますが
放射能汚染は明らかに後者です。
人類はあらゆる核エネルギーの利用を止めるべきです。
「いや、原子力は平和利用だって出来る」との反論がありそうですが
たとえば平和利用の代表格とされる医療で利用されているレントゲンの類だって
乳がんの原因は実は胸部X線による被爆であるとする調査結果があるのです。
だからアメリカではレントゲン撮影は患者の任意が無ければ行われないのです。
ところが日本では医者がレントゲンと言ったらそれを拒否することが出来ません。
乳がん検診でレントゲン使って乳がんになるなんて、笑えないジョークです。

2pu

|

« 2012年5月15日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年5月17日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ
チェルノブイリハートにも、取り上げられていた方達でしょうか。
放射能が存在することで確実に奇形の発生確率があがるのに証明できないもどかしさ。
自分自身にも 腎臓から上部尿路にかけて奇形があります。(機能に問題はありませんが)
大気圏核実験の影響かなと。
敦賀原発建設前の有名な失言講演を思い出しました。
http://www.yochomachi.com/2011/04/blog-post.html

投稿: のぬけす | 2012年5月16日 (水) 20時27分

のぬけす様、おはようございます( ^ω^ )
いい天候になってきましたね
今頃の気象になると持病が楽になってくるんですが
のぬけす様のリュウマチはいかがですか?

人類はほんとにとんでもない事(核実験)をやってきました。
この世界は恐怖が根本原理となって動いているから
他国よりも軍事力で優位に立つ必要性を妄想して来たのです。
この恐怖とはなんであるか、人類は軍事力の強化よりも
この問題の解決に尽力した方が、幸せに近づけると思うのですがねぇ・・・。

リンク先のお話、政治家のリベート、人間は万物の霊長と自負していますが
実際はとてもお恥ずかしい生き物ですよね(・_・)

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2012年5月17日 (木) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/45221012

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年5月16日釧路市内放射線量測定:

« 2012年5月15日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年5月17日釧路市内放射線量測定 »