« 2012年4月24日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年4月26日釧路市内放射線量測定 »

2012年4月25日 (水)

2012年4月25日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

霧っているのか風が顔に当たると少し濡れる感じ
その風も公園の交通安全旗の靡き方が一定してなくて風向きが判らない。
どんより曇った気温7℃の早朝に測定。


相変わらずドイツのドキュメンタリーは静かで不気味でそして、とてもスグレモノです。
これまでミステリーとされてきたふくいち四号機の爆発原因について語られています。
四号機の爆発原因は燃料プールの水が減って燃料棒の頭が水面から出て
それで異常高温になって結果、水素爆発を起こしたということらしいです。
ふくいち事故の深刻さは国内では過小評価され、大丈夫という印象で報道されてきましたが
それはアメリカでも実は同じで、やはりアメリカ版原子力ムラの影響下に
アメリカのジャーナリズムがあったということみたいです。
どこもいっしょなんですね、原子力ムラって(´Д`;;)・・・

全部見たら小一時間ほどの動画です
『フクシマの不都合な真実』って感じのドキュメンタリーです。

フクシマ-最悪事故の陰に潜む真実 Part1/4

フクシマ-最悪事故の陰に潜む真実 Part2/4

フクシマ-最悪事故の陰に潜む真実 Part3/4

フクシマ-最悪事故の陰に潜む真実 Part4/4

|

« 2012年4月24日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年4月26日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ
動画アップありがとうございます。
一度途中まで見て、その後見つけられなくなり探していたのです。
3号機はMOX燃料の即発臨界というのがアメリカ側の見方なのですね。
ショックウエーブみえてるし。
4号機は 武田先生は使用済み燃料だけと発言してますが、使用中もあったようですね。
原発推進の立場からは 福島の惨事はまさに悪夢ですね。

投稿: のぬけす | 2012年4月25日 (水) 23時51分

おはようございます、のぬけす様(^o^)/

>原発推進の立場からは 福島の惨事はまさに悪夢ですね。
日本は世界に対して反面教師として貢献できました。
ふくいち事故のおかげで原発廃止に踏み切れなかったドイツを
あっという間に脱原発させたし。

原発推進派の悪夢はこれで終わるべきではありませんね
もっとこの悪夢が続いて、全世界原発廃炉って結末で終わって欲しいです( ゚ω゚ )

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2012年4月26日 (木) 05時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/44978569

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年4月25日釧路市内放射線量測定:

« 2012年4月24日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年4月26日釧路市内放射線量測定 »