« 2012年4月23日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年4月25日釧路市内放射線量測定 »

2012年4月24日 (火)

2012年4月24日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

風の無い濃霧。気温7℃の早朝に測定。

20120419 ガレキは本当に広域処理しないといけないの?


20120419 ガレキは本当に広域処理しないといけな... 投稿者 PMG5

瓦礫の広域処理についてのさまざまな疑問に取り組んでくれていて
とてもわかりやすい番組内容です。
ただ、瓦礫処理利権については取材していないので判らないのだとか。
それらについても徹底取材、やって欲しいな(´・ω・`)
この番組内では国としても地元の意向優先みたいなことを言ってましたが
じゃあ、誰が何故に大がかりな宣伝までして広域処理を進めたがっているのか?
そこのところがハッキリしないと、ガレキは本当に広域処理しないといけないの?の疑問は
すっきりとは解消されないんじゃないのかと(=ω=)



Garekizuna

おまけ

放射性物質、国の基準は強制せず 農相、食品自主検査で
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012042301001538.html
鹿野道彦農相は23日、企業が食品に含まれる放射性物質の自主検査を行う場合も
国の基準値を使うよう農林水産省が通知したことについて「いろいろな取り組みを
する人を否定するものではない」と述べ、強制はしない考えを示した。農水省内で記者団に語った。
食品や流通企業には国の基準に対する消費者の不安に配慮し、より厳しい独自基準を
設けて検査する動きがある。農水省の通知に反発も出ていることから、企業独自の
取り組みも容認する姿勢を示したとみられる。農相は通知の狙いについて「国の考え方を
きちっと説明し、周知徹底を図った」と話した。

|

« 2012年4月23日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年4月25日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

知り合いが愛知の木下さんの講演に行ったそうなので、少し内容を書き込みさせていただきます。

・放射性物質の中でも健康に被害を及ぼすとして重要なのがセシウムとヨウ素。
例えると毒を持つ、花粉よりも小さい粒子。それを目・鼻・口・耳・口・皮膚から吸収する。

・岐阜から愛知の奥(濃尾平野)や東三河は20ベクレルくらいの汚染。
ただし避難が必要なレベルではない。守るべき愛知にがれきを持ってきたらどうなるか?

・がれきを焼却する場合、溶融炉で600℃の温度で燃やすとセシウムは100%気化する。
静岡県島田市が燃焼実験を行うが、国は「(放射性物質は)99%取れる」というが実際は60~65%。残りの35%はどこへ行ったか分からないという結果が出ている。それが拡散する。島田市は細野環境大臣の選挙区であり、島田市長は元産廃会社社長。おそらく細野大臣が市長に圧をかけて試験焼却を行うことになったのだろう。こういう人は政治家を辞めるべき。

・バグフィルターの効果も「分かりません」と答える会社がほとんど。取れるというメーカーは無い。
そのがれきを持ち込もうとしているのが大村愛知県知事。この人はパフォーマンスを優先させているだけ。
 
・チェルノブイリでの健康被害の表面化は3~5年後。しかし東京では1~2年に早まっている。
よってがれき問題はいずれ消えると思っている。なぜなら東京での健康被害が多くなり、それどころではなくなるから。そうなると、がれきを拡散するとどうなるかという話が持ち上がってくるだろう。

・受け入れを表明した後でも回避できる方法。がれき受け入れを表明しても、焼却炉設置が予定されている地域の自治体が納得しなければ実施できないので、自治体の市議会議員・市の職員を個人的に説得する方が効果的。現場の職員達は本当は受け入れたくないと思っている人もいる。実務的に話が進むことによって立ち消えることもある。

一番最後の受け入れを表明した後でも回避できる方法というのが参考になりますね。
がれきの受け入れしないようにできることをやっていきたいです。


投稿: あきこ | 2012年4月24日 (火) 09時13分

こんばんは、、、
冬は薄暗くてもパッと起きれるのに、今時期はどうもグズグズしてしまう…
そんな春先の眠たい時間に毎日測定ありがとうございますm(_ _)m

↑ガイガー釧路さんがupされるTV情報はいつもテレ朝…
他の局は忘れたかのようにこのネタには触れなくなってますよね(´-`)

否定的だったエアカウンター買っちゃいました~
春になって外出が多くなる家族に持たせます(^^ゞ
エアカウンターは0.05以下だと測定値が点滅するんですが、
家の中以外そんな場所はほとんどなく1台目とほぼ同じ結果になるし、
外だと振れ幅も同じくらいあります←これは困る(*_*; 
そして1台目が反応しない家にある小さな石(HCで購入)にも反応します
ちなみに庭の芝上で0.09…低く出るところを探す日々です^^;

>のぬけすさん
いつも情報ありがとうございます(^^)
脱原HPを見て天神さんの連続講座を知りました
参加できたら勉強になるのですが…行けなくてとても残念です(;_:)

>あきこさん
もうニュースでご覧になったかと思いますけど^^;
経済4団体がれき受け入れ提言
http://www.nhk.or.jp/lnews/sapporo/7004639371.html

投稿: bun | 2012年4月24日 (火) 21時14分

こんばんわ
地元の意見をもっと聞きたいです。
全国の受け入れ候補地は、
被災県への予算をかすめとっていることになるのでしょうか。

昨日見た 青木泰さんの福岡講演のIwjの中継です。
環境省の院内交渉でも鋭い質問をしていた方。
ゴミ処理の問題に長く取り組まれていのだそうです。
広域処理の予算は1兆円、域内処理だと5000億円で済む事業。
差額5000億円(○`ε´○) お金がないから税金を上げるという一方で
そんな無駄をだされて納税者は黙っていいられませんよね。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/12678

投稿: のぬけす | 2012年4月24日 (火) 22時09分

あきこ様、bun様、のぬけす様、おはようございます( ^ ^ )/

北海道は飲食経由の内部被爆とやっぱり瓦礫受け入れ問題ですよね
これらの問題にさえ、的確な対処が出来ていれば
放射能に汚染されたこの国でもなんとか元気に生きていけそうなのに(・_・)

>溶融炉で600℃の温度で燃やすとセシウムは100%気化
そーですよねー100%、なんですよねぇ(´Д`;;)・・・
それに燃やした後には高濃縮放射能灰だし(×_×)
いろいろ情報提供、ありがとうございますo(_ _)oペコッ

>↑ガイガー釧路さんがupされるTV情報はいつもテレ朝…
それ知りませんでした(゜∇゜)
テレビ見ていないでネットで拾ってくるものでf^_^;)
>ちなみに庭の芝上で0.09
シンチなのにけっこう高く出るのですね、エアカウンターって
0.09っていえば私のGM管ガイガーでの空間線量平均値ですね。
ところで、小さな石(HCで購入)なんの石?
それとHCってなんですか?ホーマックとか?
私はガイガーのテストにアトムマントルとウラン鉱石使っています。

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2012年4月25日 (水) 04時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/44965782

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年4月24日釧路市内放射線量測定:

« 2012年4月23日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年4月25日釧路市内放射線量測定 »