« 2012年4月18日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年4月20日釧路市内放射線量測定 »

2012年4月19日 (木)

2012年4月19日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

S

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

ひんやりした曇り、緩く北北西の風が吹く気温3℃の早朝に測定。


newsi_genpatsukara60km_sapporo 投稿者 soekosan

脱原発への歩み ゴール
泊 北電に申し入れ書
 【泊】札幌から泊原発のある後志管内泊村まで約100㌔を歩き、脱原発を訴える「電気の道をさかのぼる さっぽろ~泊ピースウォーク」(実行委主催)の約50人が15日、
泊村の北電とまりん館に到着し、同館職員に申し入れ書を手渡しした。
 一行は11日に札幌を出発、小樽市などを経て泊村に入った。
途中、泊原発のドームが望める場所では「原発がなくても電気はつくれる。仕事はつくれる」とコールを繰り返した。
 申し入れ書は、参加者がそれぞれ「これ以上、原発事故で犠牲者をつくらないで」などと脱原発の思いを書いた。
実行委共同代表の山岳ガイド吉村健次さん(37)=同管内蘭越町=は「沿道で多くの人から声援や差し入れをいただき、共感してもらえた」と話した。

放射能の不安 避難者が語る
札幌で座談会
 東京電力福島第1原発事故で北海道に避難している人たちの公開座談会、「届け、避難者たちの声」が15日、札幌市中央区のかでる2・7で開かれた。
出席者たちは「子供を被ばくさせてしまったかもしれないと、おびえている」など、生活や放射能汚染への不安を述べた。
 東日本大震災市民支援ネットワーク・札幌(通称・むすびば)などが、避難者の生の声を道民に伝えようと主催。
座談会には福島、宮城、栃木、群馬、東京の5都県の12人が参加し、約170人が傍聴した。
 被災地のがれきの広域処理について避難者たちは、放射能汚染に関する安全性を判断できる情報がないと指摘した上で、
「被災地の痛みを分け合うことにはならない」などと、反対する考えを示した。
参加者の一人は、「これが被災地全部の考えだとは思っていない」とも強調した。
 前橋市から札幌に家族4人で避難している森田千恵さん(39)は、「避難して来て、わがままを言ってはいけないのではないか、とおびえている。
ただ、放射能の怖さを人一倍感じているから、海を越えてきたことを理解してほしい」と訴えた。

報道番組の中の福島のお父さんが将来的に自分の子供たちが被爆して
健康被害が出て、それによって子供たちに恨まれる事込みで福島で暮らしているって
言っていたように私には聞こえたんだけど、これって私の聞き間違いでしょうか?
そんな選択肢ってあり得るのでしょうか?
何があって自分の子供が被爆して病気になって福島で暮らし続けた事を(移住しなかった事を)
恨まれる事よりも優先しなければならない理由っていったい何があるのでしょう?
その立場にならなければ判らない事かもしれませんが私には信じられません。

私は自分が聞いたお父さんの発言について自分の耳を疑っています(´・ω・;`)?


newsi_dateniijyu_ichigo_namidanohatsusyukka 投稿者 soekosan

Photo_6

地震雷火事名無し(北海道)さん、いつもありがとう
うちは地デジ難民でテレビ見れないからほんとにありがたいです....φ(・ω・。)

|

« 2012年4月18日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年4月20日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

ガイガー様
こんばんわ 
フクシマでは夫婦に子どもが生まれると自宅を新築する習慣があるそうです。
子ども達の笑顔を見るのが辛いです。
私たちすべてが被曝者である自覚が必要だと思いました。今は戦争状態です。
我が子の命でさえ軽んじられる現実。

本日の測定値です。
クリアパルス A2700 手持ち 気温プラス4度前後 曇 ほぼ無風
南大通  啄木ゆめ公園 中心部 0.035 午後1時15分
黒金町  幸町公園   中心部 0.038 午後5時20分
釧路町  遠矢     自宅前 0.041 午後6時10分

投稿: のぬけす | 2012年4月19日 (木) 19時55分

「子供が将来被爆で健康を損なう可能性より、今、家族と離れて暮らす事で生ずる
不安定な精神状態の事を考えて家族一緒に福島に住んでいます…」
と話すお父さんを以前TVのインタビューで見ました
私はTVの前で凍りつきましたが、もっと凄かったのが
「私たち(夫婦)は子供がそばにいないとダメなんです…」と
県外に避難している子供を迎えに行く親、、、
この子達の将来はどうなるんでしょうね(*_*;

のぬけすさん、測定ありがとうございますo(_ _)oペコッ
昨日の幸町公園の測定は木のベンチそばのようでした
エステーの測定値は低く出る?…と思っているので驚きましたが
のぬけすさん情報でホッとしました(^^)
私も今日一日測定器を外に置いていたんですが
去年と変わらぬ数値でした

投稿: bun | 2012年4月19日 (木) 21時37分

のぬけす様、bun様、おはようございます(^^)ノ 

あの動画の夫婦は奥さんの方は子供たちの被曝量のデータを取って
このまま線量が下がらなければ・・・って感じなのに
旦那の方は将来子供たちが病気になって恨まれても福島で暮らすって
奥さんと子供たちが気の毒です(´・ω・`;)
私があの立場なら自己破産して生活保護世帯になってでも
福島から脱出するんだけどねぇ
だって健康第一、それはお金じゃ買えないもんね(´・_・`)

ガイガーで測定していると時々「これって何に反応してるの?」ってことがあります
そんなときはリセットかけて何度も測り直して
それでも数値が異常なときは場所を移動して別ポイントで測ってみる
そのようにしてたくさんサンプリングして検証するのは大事です。
パッと測って高い数値が出て=「汚染されている!(@Д@;」な放射脳は
別な意味で危険性があると思います。
福島ならいざ知らず、北海道で数値が高いときは疑ってみる
これが私の測定の基本スタンスです(`・ω・´) b

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2012年4月20日 (金) 07時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/44917422

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年4月19日釧路市内放射線量測定:

« 2012年4月18日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年4月20日釧路市内放射線量測定 »