« 2012年4月12日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年4月14日釧路市内放射線量測定 »

2012年4月13日 (金)

2012年4月13日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

南風の曇り空。気温3.5℃の早朝に測定。

フクシマの真実と内部被曝-20120329くわみず病院 勉強会

元福島第二原発で働いていたお医者さんのお話
一時間半と長めですが、非常に多岐に渡ったお話で原発ネタの百貨店って感じでした。
実は原発は発電コストが火力等と比べて割高
それでは何故、原発をやるのかの説明にはとても説得力があって納得できましたわ。
あと実際は政府や東電が公表しているよりも事態はずっと重いって内容です。

1_2

2_2

私はタバコって絶対的に大嫌いなんですが
この話を聞いてますますタバコとそれを吸っている人間が嫌いになりました。
これから国産タバコを吸う人は覚悟と自覚を持つべきです。
喫煙者は人型福島原発ですよ!m9(゚д゚)

3

4

政府をはじめ、日本人はふくいち由来の放射能汚染の危険性を過小評価していて
このままの無策と無関心な状態が続くなら、あと4年もしたら
恐ろしい結果が現象化しているかもしれない:(;゙゚'ω゚'):プルプル
今、東京は桜が満開で、大勢の人がお花見を楽しんでしますが
そんなのんきなことをしていられるのは「知らぬが仏」だから?。

5

「原子力は神の火で、人間はそれをON-OFFするスイッチは持っていない」
小野先生のお話の中で印象的だった言葉です。
ふくいちは人間にはどうしようもない現実で
打つ手無しって感じを受けました。
どうしたら良いのか、小野先生も分からないって。

『この門を通る者は一切の希望を捨てよ』
やっぱり日本人は3.11に地獄の門をくぐってしまったんだお(`;ω;´)


Photo_3

|

« 2012年4月12日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年4月14日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/44851378

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年4月13日釧路市内放射線量測定:

« 2012年4月12日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年4月14日釧路市内放射線量測定 »