« 2012年3月31日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年4月2日釧路市内放射線量測定 »

2012年4月 1日 (日)

2012年4月1日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

晴れ、ほぼ無風なマイナス3℃の早朝に測定。

知事、北斗市工場にがれき要請へ (北海道)
http://news24.jp/nnn/news8811373.html


dosankowide179_tiji_hokutoshikoujou_garekiyousei 投稿者 soekosan

東日本大震災で生じた被災地からのがれきの受け入れについて高橋知事は、道南の北斗市の工場で処理を要請する考えを明らかにしました。

(高橋知事)「北斗市で長年事業をしている太平洋セメントを訪問して災害廃棄物の受け入れについて道として協力いただきたい」
高橋知事はあす、道南の北斗市を訪問し、太平洋セメントの上磯工場でがれきの処理を要請する考えを明らかにしました。
太平洋セメントの上磯工場では、がれきを原料として受け入れ、セメント製品として被災地の復興にリサイクルすることが想定されています。北斗市の高谷市長も安全性が確認されることを前提に前向きな姿勢を示しています。
道は、国からの要請に基づき今月26日に道内すべての市町村に対し、がれきの受け入れを求める文書を送っていて回答期限の来月6日までにとりまとめる方針です。

『目的が平和なら手段も平和でなければならない』
                              by.クリシュナムルティ
それはわかる、それはわかるけど
この激しい憤りをどこへ向けたらいいんだよー!よっこらしょっと
Photo_3

|

« 2012年3月31日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年4月2日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

なんかね、テレビでは賛成が圧倒的に多いんだよね。そうゆう報道が増えてから、瓦礫受け入れ阻止は難しいんだろうなと思ってた
(T△T)
私も放射性廃棄物に対しての取り扱いについては釧路さんと同じ考えでいますが、その訴えは誰にも届かないのか、テレビでのインタビューを受ける主婦どもはみな、「反対している人は勝手だ」「協力するのが当たり前」と言い張っています(>__<)なので、私は私なりにひっそりと生きています(^^;

瓦礫については九州も受け入れに向けて頑張ってしまっていますし、、この日本で生きるために、私は食生活の改善のため、日々栄養について学ぶのみです
(T△T)

投稿: MUSUME | 2012年4月 1日 (日) 08時42分

ガイガーカウンター釧路さんshine
皆さまshine
おはようございますheart04

3/24より全く読めていないので今日まとめて読ませて頂きます。

災害廃棄物処理に対する神戸市の対応

1.海面埋立について
 本市においては、焼却処理により発生する焼却灰の全量を大阪湾広域臨海環境整備センター神戸沖埋立処分場に埋立てておりますが、今回の災害廃棄物にかかる海面埋立の明確な基準が示されておりません。
 まずは、環境省において統一的な安全性の評価に係る考え方をお示しいただきたい。(海面埋立をした場合、水溶性セシウム溶出の危険性についての懸念)

2.埋立処分場の跡地利用の制限について
 神戸沖処分場は跡地利用を前提としており、跡地利用に影響のない焼却灰の放射線レベルについてお示しいただきたい。なお、放射性物質を含む廃棄物を受け入れることで、跡地利用を制限し、長期間にわたり管理を行う必要があるなど、跡地利用の制限が生じた場合の、国の方針をお示しいただきたい。

3.受入廃棄物の分別について
 阪神淡路大震災のがれき処理において、分別作業が必要でありその処理に手間取りました。このため、受入に際しては、域内での分別処理を徹底し、再利用出来るものは再利用した上で可燃性廃棄物について、広域処理されることとしていただきたい。

4.焼却施設の作業員の労働安全衛生対策について
 一般廃棄物処理施設において、放射性物質を取り扱う場合の法律や基準が存在しないため、放射性物質により汚染されたおそれのある災害廃棄物の受入から処理・処分の過程において、どの法律や基準によって規制されるのか、統一的なマニュアル等を整備するなど整理を図っていただきたい。

5.焼却施設の保全、管理について
 「ガイドライン」の添付2によれば、「廃棄物焼却炉の実証実験で、バグフィルターにより99.9%以上のセシウム137が除去されることが確認されている。」としていますが、処理を継続するとバグフィルターに放射性物質が濃縮していくと考えられます。バグフィルターのろ布等の交換時の処理方法等についてご教示いただきたい。また、触媒脱硝装置等においても同様に放射性物質の濃度が懸念されるため、メンテナンスや放射性物質が濃縮するおそれのある汚泥等の処理方法等についてお示しいただきたい。(職員の安全対策)

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

参考にはならないかもしれませんが念のため書き込ませて頂きました。

瓦礫の安全性なんて調べようがない。
全ての瓦礫について検査する事は不可能なのにどうしてはるみさんは安全な瓦礫を受け入れるなんて言えるのでしょうか。
絆の右側が\にしか見えない私です。

投稿: ケタケタ | 2012年4月 1日 (日) 10時52分

MUSUME様、ケタケタ様、おはようございます(*・ω・)ノ

震災一周年あたりから瓦礫拡散の攻勢が強まって
いまじゃ瓦礫の広域処理に反対する人は自分のことしか考えない
自己中心なエゴイストってことになりましたね。
テレビ等では賛成意見が多いのですか?(゚ロ゚ ;)エェッ!?
我が家は地デジ難民でテレビが見れないから分かりませんが
政府は億単位の税金を使って広告代理業者に“絆”キャンペーンをやらせています。
私もYouTubeのトップページでそれを見ました。
無思慮に言われたことを鵜呑みする人たちは簡単に洗脳させられているんじゃないでしょうか。
最近じゃ、京都へ細野大臣が駅前演説で行ったけど
400人も反対派が集まってフルボッコにされていましたよね。
国民はバカばかりじゃないってことですよ(`・ω・´) b

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2012年4月 2日 (月) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/44701449

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年4月1日釧路市内放射線量測定:

« 2012年3月31日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年4月2日釧路市内放射線量測定 »