« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

2012年3月31日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

雨がポツリポツリと落ちてくる南西の風気温4℃の早朝に測定。

<電気事業連合会>原発事故対策強化反対の文書 昨年1月
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120327-00000004-mai-soci

 電力10社で組織する「電気事業連合会」が昨年1月、原発事故の防災対策強化の方針を打ち出した内閣府原子力安全委員会に反対する文書を送っていたことが26日、毎日新聞が情報公開請求した資料で分かった。理由として、原発は危険という印象がもたらす地域への影響や対策費増大を挙げているが、電力各社が防災を軽視していた実態を裏付けている。

 国の原子力防災指針を策定する安全委は、国際原子力機関(IAEA)が02年に重大事故に対応する防災対策の国際基準を定めたことを受け、06年3月に基準導入に着手。経済産業省原子力安全・保安院が「原子力への不安を増大する」として再三反発し、導入はいったん見送られた。しかし、各国で導入が進み、安全委は10年12月の「当面の施策の基本方針」で再び導入検討の考えを示した。

 これに対し、電事連は11年1月13日と同2月3日、国際基準を導入した場合の自治体の反応について「独自に推定した」との文書を安全委に送付。

 重大事故時に住民が直ちに避難する原発から半径約5キロ圏のPAZ(予防防護措置区域)の導入の影響について「地価下落や観光客減が出ないとは言い切れない」と強調。半径8~10キロのEPZ(防災対策重点地域)を、同約30キロに拡大するUPZ(緊急防護措置区域)は「領域内に入る自治体が交付金や補助金を要求する」と反対した。

 その後、東京電力福島第1原発事故が発生。安全委は今月22日、国際基準を導入した新指針をまとめた。政府は12年度予算案で「緊急時安全対策交付金」を前年度比で3倍の89億7000万円計上した。安全委側は「事故前は、規制される側の事業者が政策決定に介入することがまかり通っていた」と話す。電事連は「基準導入への協力の一環だった」と釈明している。

 原発の防災対策強化をめぐっては、保安院も06年に反対していたことが発覚している。【比嘉洋】

 ◇リスク隠し続けた責任大きく

 東京電力福島第1原発事故を踏まえ、内閣府原子力安全委員会が今月22日、新たにまとめた国の原子力防災指針では電力各社が防災上、重要な役割を担う。しかし、今回の情報公開で電気事業連合会が原発立地推進のために防災強化を犠牲にしてきた実態が浮かんだ。新指針が実効性を持つためにも、電力各社の抜本的な意識改革が求められる。

 新指針では、電力会社が、原子炉格納容器圧力や炉心温度などのデータをもとに事故の深刻度を判断。その報告に基づいて、自治体が原発から半径約5キロのPAZ圏の住民に避難などの被ばく低減策を指示する。

 今回の事故は「安全神話」が成立しないことを示した。「混乱を招く」という理由で、リスクを隠し対策強化を先送りすることは許されない。国や電力各社は、どこまで深刻な事故を想定し、その際の対策費はどの程度か、住民や自治体に説明する責任がある。【比嘉洋】

経団連会長、大飯原発の再稼働「着々とやってほしい」
http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C9381949EE0E4E296868DE0E4E2E1E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;bm=96958A9C93819499E0E4E2E3E48DE0E4E2E1E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2

 経団連の米倉弘昌会長は26日午後の記者会見で、東京電力の柏崎刈羽原発6号機が同日発電停止し、国内の原発のうち運転を続けるのは北海道電力泊原発3号機だけとなったことに関して「電力は経済・産業にとっては本当に必要不可欠なインフラで、安定供給が日本経済の競争力の鍵を握っている。(国内原発が全て停止すると)電力不足は深刻になってくる」と指摘し、関西電力大飯原発の再稼働について「段取りもされている。ぜひとも着々とやっていただきたい」と政府の対応を求めた。

 今夏の電力需給対策については「まだ全然考えていない」としたうえで、昨年夏の節電について「非常に産業界に対して大きな負担をかけているとちゃんと自覚すべきだ」と強調。今夏も節電を求めるようであれば「政府としてどういう手を打つのか明らかにしていってもらいたい」と語った。〔日経QUICKニュース〕
Ton1 Ton2

これらの記事を読んで、つくづくとふくいちの原発事故は人災だったのだと思わされました。
そして結局は“金”なんだと。
原子力ムラを動かしているのは“金”それも“汚い金”だと広瀬隆じいちゃんも言ってた。
この拝金主義はなんとかならないのだろうか?
金が神、経済は神の絶対法則みたいなこの人間の価値基準を変えないなら
この世界は腐る一方でけっして幸せな世界にはならないでしょう。
なぜなら金は神じゃないんだから。
そして納得がいかないのは、これら金を崇拝する偶像崇拝者たちが
誰一人逮捕されないということです。
ふくいちは人災であるのに誰もその責任を問われない。
誰かを裁いたからって、それで失われたものが帰ってくるワケではありませんが
誰も責任を問われないならば、まるっきりやった者勝ちでしょ
ヤリ逃げ勝ち。
そんな責任の所在が不明なままならば、今後もこの社会の中で
同じような愚行が繰り返されるのに終わりは来ないでしょう。

クリシュナムルティが言っていた『犯罪者にならなければ金持ちにはなれない』を
まさに体現している人たちでしょう、上のひとたちは(=ω=)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

2012年3月30日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

曇り。南西の風気温4℃!
今朝は数値の上がり下がりが酷かった
なかなか平均値が見えてこなくて室内と外でトータル30分は測定していた。
巨大太陽フレアでも発生したのか?

20120318 福島の海は今いったいどうなっているのか


20120318 福島の海は今いったいどうなっているのか 投稿者 PMG5

イギリスのセラフィールドで回復まで30年ってこの番組で聞いて
私は自分が生きている間に以前のようにお寿司を食べれることは無いのを確信しました(; _ ;)/~~
ふくいちの海洋汚染はセラフィールドなんて比較にならないレベルだろうし
春が来て雪解けが始まると、山でも街でもあらゆる場所の放射性物質が
雪解け水に混ざって川に流れ、最後は海に行き着くだろうから
これから更に海洋汚染は悪化の一途だろうし(×_×)
しかも恐ろしいのは爆発したときにふくいち三号機の燃料棒が
近海にボッチャンボッチャンと落ちたことです。
それって、プルトニウムやウランでしょ(;゚д゚)
あらゆる生命の母である海がこれだけ汚染されて、地球規模での生態系は
これから先、回復できるのでしょうか?
原発事故以前でさえ地球は人類の文明によって酷く痛めつけられているのに。

ちょっとオカルトネタになりますが、火星に謎の人口建造物があることが
NASAの調査画像に写っていたりしますが、今は死の星火星も
以前は生命が存在する惑星であったのかも知れません。
あの火星の姿が、未来の地球でないことを祈るばかりです(=ω=)

Jfre

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

2012年3月29日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.08μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

ガスった曇り空。思い出したように吹く南西の風マイナス1℃の早朝に測定。

【がれき焼却問題】 広域処理の大前提崩れる―市民の追及でウソ発覚
http://tanakaryusaku.jp/2012/03/0003960

 「被災地は大変な思いで瓦礫処理に取り組んでいます…(中略)…被災地のために力を貸して下さい」。去る18日、川崎市で行われた細野豪志環境相の街頭演説だ。細野大臣に限らず、政府、マスコミはあげて「瓦礫を受け入れることが被災地の復興を早める」と大キャンペーンを張る。

 大概の人は「市街地に瓦礫が残っていたら、復興の妨げになる」と考える。筆者もついこの間までそう思っていた。テレビが紹介する被災地の映像は確かに瓦礫だらけだ。

 26日、衆院会館で開かれた市民団体と環境省の交渉のなかで、政府側の説明にウソがあることが明らかになった。

 環境省の説明はこうだ―「岩手県は(ゴミ)11年分、宮城県は19年分の災害廃棄物(瓦礫)が出た。これを3年で処理しようとしている。今後25機の仮設焼却炉を被災地に設置して処理するが、8割までしかできない。2割(400万トン)が余るので広域で処理してほしい」。

 市民団体側の青木泰氏(環境ジャーナリスト)が「3年」の根拠を追及した。「津波の影響もあり、農地回復のため塩分を抜くのに5年位かかるという。これだけ嫌われている広域処理をなぜやるのか?規模の縮小や中止は考えないのか?」

 環境省廃棄物対策課調査係長・豊村氏はすらすらと答えた―「阪神・淡路大震災が前提にある。仮置き場に瓦礫が積もっているのを見て、周辺住民はどうやって暮らしていくのか。どうしても広域処理が必要」「仮置き場のまわりにも人はいる」。

 すかさず市民側から指摘があった。「ほとんどの仮置き場は(人が住んでいる)街にありませんよ。仮置き場に行ったことがありますか?」

 豊村係長は言葉を失った。「すべて行ったというわけではありませんが…」と誤魔化すのがやっとだ。場内から拍手が上がった。

 仮置き場が住民の近くにないのであれば、瓦礫がすぐさま復興の妨げになるわけではない。3年という現在の処理期限目標をあと数年伸ばせば、広域処理をする必要はなくなる。広域処理を急ぐ政府の大前提となる根拠が崩れた瞬間だった。

 文科省が校庭の放射線量を20mSv/年に設定した時も、市民の追及に政府の役人はタジタジとなった。政府が根拠のあいまいなことを言って国民を欺き、瓦礫を拡散したがる、本当の理由を知りたい。

ガレキ処理より必要なこと【女川町の場合】
http://nikkan-spa.jp/177582

 2011年10月、東京都の石原慎太郎知事が女川町のガレキ受け入れを表明した。そのガレキに放射性物質が付着していたことから、受け入れの賛否をめぐって社会問題化。人口1万にも満たない漁業と原発の町「女川」が、連日のように報道された。

「被災地はガレキの山に埋もれていると思ったでしょう。震災直後、町の中心部はガレキだらけでしたが、今はほとんど片づいています」

 町全体を見渡せる高台に建てられた病院の駐車場で、タクシー運転手は本誌記者にこう語った。女川町ではガレキのほとんどが撤去され、仮置き場に搬入済み。生活圏内にガレキの山は見られない。

「全国の人たちの支援はありがたいが、ピントがずれている。ガレキは片づいたし、今は住民の雇用の場を創出してほしい」「ガレキ処理よりも道路の補修や高台移転を支援して」「住民の足だった鉄道を早く復旧させて」などと、住民たちはガレキ処理に偏った政府の財政支援への不満を口にする。

政府が言っている被災地の住民が困っている、
瓦礫があってそれが復興の妨げになっているってのはただの建前。
ほんとの狙いはなんだ?(;・`д・´)
膨大な金か?
それとも日本全国総被爆?
いずれにせよ、政府が瓦礫広域処理に固執しているのはおかしいということだ( ゚ω゚ )
しかも瓦礫広域処理については以下のような考えもある。

「今回のガレキの拡散には、他に【重要な目的】があると、私は考えています。
それはTPP参加の問題です。
その理由は、もし北海道の市町村がガレキを受け入れ、
ガレキを焼却処理したことで排出される「放射性焼却灰」により農地が汚染されますと、
北海道の農業や酪農そして漁業など、一次産業が甚大な影響と大きなダメージを受けることになるでしょう。

野田政権の目的は、「実害」でも「風評被害」でも、北海道を初め、全国の一次産業がダメージを受ければ、
TPP参加に対する反対勢力の力を弱めることが出来ます。」

ガレキ拡散の真の目的とその黒幕について
元 北海道大学 文部科学技官 石川 栄一
http://shugakukai.shakunage.net/gareki.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

2012年3月28日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h
定点測定のこの場所も雪解けでやっと土が出てきましたよ~

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

曇り、時折北西の風マイナス5℃の早朝に測定。

東京渋谷 コバルト60音頭 ドドンがドン

Mt2

 フェアウィンズは、原発周辺の避難だけでも軽く1兆ドルを超え、何世代にも渡り居住不可能となると考えている。
  数週間前に東京の5ヶ所で土壌サンプルを採取した。場所は適当に選び、とくにホットスポットを選んだわけではない。
 分析の結果、全サンプルとも米国では放射性廃棄物として扱うべきレベルで、テキサスの処分場に送らなければならないことが判明した。
 ワシントンDCから100マイル圏内にいくつも原子力施設がある。東京は福島原発から約200マイル。
 その土壌が放射性廃棄物並みに汚染されている。我々の首都も容易に汚染されるだろう。
  日本で起きたことを教訓に、新規も運転中の原発も、運転許可を与えるには、
  避難や汚染による損失を含めてコスト利益分析をすべきだというヤッコ委員長の意見を支持する。

渋谷区、鎌倉、千代田区(公園、ビル屋上)、日比谷公園の5ヶ所
セシウム 137: 18 - 167 pCi/g (666 - 6179 Bq/kg) セシウム 134: 19 - 137 pCi/g (703 - 5069 Bq/kg) コバルト 60: 9.1 -40 pCi/g (336.7 - 1480 Bq/kg)

                                                                                 (訳:魑魅魍魎男、阿修羅)

タイ王国におけるコバルト60による放射線被ばく事故
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-03-02-17

5.放射線被ばく線量等
 60Co線源による放射線被ばくは、廃品処理場で治療器が解体され、人々に気づかれずに、スクラップの山に紛れた2000年2月1日から、線源が鉛容器に納められ、処理場から撤去され、放射線レベルが外部環境と同様の自然放射線レベルにまで低下した2月20日までの約20日間に発生したものである。
 放射線病理学的見地から被ばく関係者は4群に分類されている。1群は廃品処理場で治療器を解体した者4名、2群は廃棄物処理場の作業員とその家族6名である。これら両群の人々の被ばく量が最大であった。線量はおよそ2Gyと推定されたが、うち4名は6Gy以上であった。その内の3名が被ばく後、2か月以内に死亡した。3群は廃品処理場の付近に居住する住民で、その後の調査により、彼らの被ばく量は、いずれも大きくないことがわかった。4群はOAEPの係官等および線源の発見・回収作業従事者で、最大被ばく量は32mSvであった。タイ当局は、事後の医療措置についての助言を求めるため、2000年2月21日に国際原子力機関(IAEA)に対し、主として事後の医療協力を要請、国外の医療および放射線防護専門家等と国内専門家等の意見交流ならびに主にIAEAによる事故の総括が行われた。

上の記事って以前にTV番組の奇跡体験!アンビリバボーでやっていたネタですよね( ゚д゚;)
タイの被爆事件よりはずっと薄いんでしょうけど渋谷でも。

東京渋谷、今でも普通に人がいっぱい居て、全く普通ですよね・・・(・´ω・`;)
でも今の東京ってチェルノの基準では危険区域っていうじゃありませんかΣ(゚Д゚;)ーッ!
いつも報道ではヨウ素やセシウムのことばかりが取り上げられますが
調査されていないだけで、実は東京は様々な放射性物質で汚染されているはずで(=ω=)
知らぬが仏ですか
実体が知られた頃にはたぶん仏に(`;ω;´)
ほんとに現実の事として考えたくないんですが
数年後が恐いです:(;゙゚'ω゚'):プルプル

60cm

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

2012年3月27日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

2_2

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

2_3

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

なんとなく晴れ。時折北西の風。マイナス3℃の早朝に測定。

某巨大掲示板の緊急自然災害スレで見かけたカキコです。
北海道の方の書き込みみたいですが、北海道に関係のある
大事なことも書いてあるのでネタ元は不明ですがここにコピペしときます(`・ω・´) b

道がれき基準、知事、厳格化を強調 国の半分以下 焼却灰は示さず

 高橋はるみ知事は21日の道議会予算特別委員会で、東日本大震災で発生したがれきの受け入れについて、焼却前のがれきの放射性セシウム濃度を
「1㌔当たりおおむね100ベクレル以下」とする道独自の基準の設置を正式に表明した。
独自基準について知事は、国が安全の目安として示した「240ベクレル」と比べ「2分の1以下」として、厳しい数値であることを強調。
ただ、がれきの焼却灰の受け入れ基準は示さなかった。
 知事は「100ベクレル以下」の根拠について、国ががれきの木くずを板の原料として使うなど再利用する場合の安全基準を100ベクレル以下と設定していることや、
原子炉等規正法で原発の解体で出た金属などが同じく100ベクレル以下であれば敷地外の構造物に再利用できるとされていることを「勘案した」と述べた。
 また基準設定の理由については「市町村からの要望や道議会での議論を踏まえ、具体的な取り組みの促進を図る観点から検討した」として、
道内市町村の受け入れを促す狙いを明確にした。
 知事は2月の記者会見で、独自基準を設けた他府県の動きについて「科学的な根拠を持っているところは多くない」と、基準設定には否定的な認識を示していた。
ただ、岩手、宮城両県からがれきを受け入れている東京都で、焼却前の数値がおおむね100ベクレル以下である実態などを受け、
「国より基準を厳しくしても受け入れに影響ない」(道幹部)との判断に傾いたという。
 一方、放射性物質を含むがれきを焼却後に出る灰をめぐっては、焼却前より同物質の濃度が高まるとして懸念する声も多い。
環境省は埋め立て可能な焼却灰の放射線量について、「1㌔当たり8千ベクレル以下」を基準としている。
これは埋め立て処分場の作業員が年間労働時間の半分を灰の近くで働いても
被ばく量が国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告値(年1㍉シーベルト)を下回ることを前提に算定したとされる。
 知事は答弁で、焼却灰の放射線量の独自基準には言及しなかったものの、100ベクレル以下のがれきを焼却すると「焼却灰は1700~3300ベクレル以下となる」と説明。
実際には他の廃棄物と混ぜて焼却されるてめ「これより低い値になると想定している」と述べた。
 知事はがれきの受け入れに向け、4月に担当部署を新設する方針も明らかにし、さらに道内の受け入れに向けた取り組みを加速させたい考えだ。

「100ベクレル以下」に賛否 道がれき基準 「受け入れ議論加速」自治体 根拠には疑問の声

 東日本大震災で発生した被災地のがれき受け入れに向け、道が21日、焼却前のがれきに含まれる放射性セシウム濃度を
「1㌔当たり100ベクレル以下」とする独自の基準を示したことに対し、受け入れに前向きな自治体からは、「これで議論が加速する」と評価する声が上がった。
一方で、否定的な市町には根拠を疑問視する声もあった。
 道による基準設定を受け入れの条件としていた苫小牧市の岩倉博文市長は
「道が国より厳しい数値を設定したことを重く受け止める。市としてどうするか内部協議を加速させたい」と評価した。
岩倉市長は4月中旬にも岩手県宮古市を訪れ、現地の状況などを視察する方針。
ただ、正式な受け入れに向けては、「市民理解を得るには100ベクレル以下という数値の根拠は確認しなくてはならない」と話した。
 同じく条件付きで受け入れの意向を示す登別市の小笠原春一市長は「100ベクレルは本当に厳しい基準。市民に受け入れ是非の議論が進むのではないか」と話す。
その一方で「がれきは燃やしただけで終わりではない。焼却灰についても道基準を示す必要がある」とも指摘した。
 名寄市は道の意向調査には受け入れ可能と回答したが、基幹産業である農業への風評被害を懸念。
道の独自基準だけでは住民理解は得られないとし、実証実験などにより、
「本当に安全なのかを裏付ける情報が不可欠」(土屋幸三市民部長)と慎重に対応する考えを強調した。
 一方、がれき受け入れを拒否している札幌市の若林秀博環境局長は「道も国の基準に疑問を持っているということだろう」と指摘。
焼却前1㌔当たり100ベクレルとした基準には
「札幌市の処理施設で焼却すれば33倍に濃縮され3300ベクレルになる値。なぜこの数値で安全と言い切れるのか、根拠が分からない」と疑問視した。
 後志管内黒松内町の若見雅明町長も放射性物質に対する安全性の確保が困難などの理由をあげ、
「がれきの広域処理そのものに反対の立場で、道がどんな基準を示しても姿勢は変わらない。焼却灰の基準が示されないことも疑問だ」と話した。

江別 条件付き受け入れ
 【江別】三好昇江別市長は21日、東日本大震災で発生したがれきの受け入れについて、
「国や道の放射性物質の基準が、安全を担保する根拠を十分に示していると分かれば、市民の理解を得た上で協力したい」と述べ、条件付きで受け入れる意向を示した。
 北海道新聞の取材に答えた
三好市長は、がれきや焼却灰の放射線量測定の検査施設が市内にないことから、「検査体制についても国の動向を注視したい」と話した。

製紙連も前向き
 日本製紙連合会の篠田和久会長(王子製紙社長)は21日、東日本大震災で出た、がれきの受け入れについて「地元住民の理解を踏まえて対応したい」と述べ、
製紙業界として前向きに取り組む考えを示した。
東京都内で開いた記者会見で答えた。
 製紙業界では、日本製紙が宮城県の石巻工場で、震災がれきの中から木くずを選別し、バイオマスボイラーの燃料として受け入れている。
篠田会長は受け入れ先として、同様の施設を備えた工場が対象となるとした上で「(製紙業界で)全国に約50基あり、かなりの処理能力はある」と語った。
 ただし、木くずの選別方法や放射線量の測定態勢など取り組むには課題も多いとし、「国にしかるべき対応を取ってほしい」と注文を付けた。

旭川は困難
安全性に懸念
 【旭川】東日本大震災で発生したがれきについて、旭川市の西川将人町長は21日の定例市議会で
「低レベルの放射性物質でも(雨水の影響など)対応すべき課題が出ている」と述べ、安全性の問題が解決されない限り、受け入れは困難との認識をあらためて示した。
 西川市長は「どのような復興支援が可能か見極める検討を行っている」としながらも、
「市の処分場から有害物質が河川に放流されるような事態にならないよう、対応することが重要だ」と強調した。
 旭川市は昨年4月の道の意向調査に、一般的な廃棄物なら年2万1700㌧の受け入れが可能と回答したが、
同10月の調査に「環境汚染の恐れのあるものは、住民理解を得るのが難しい」と回答した。

がれき処理前提交付金辞退方針
斜里町 町長らは減給
 【斜里】オホーツク管内斜里町が、東日本大震災で発生したがれきの処理を前提とした国の交付金約650万円の交付決定を受けていた問題で、
同町は21日、交付金を辞退する方針を決めた。
23日に臨時町議会を開き、国の交付金を計上していた2011年度一般会計予算の交付金分を自主財源などに変更する補正予算案と、
町長、副町長を減給5%、1ヵ月とする条例改正案を提出する。
 町が辞退するのは、一般廃棄物処理施設を対象とする「循環型社会形成推進交付金」のうち、
東日本大震災の復興支援のために政府が拡充した11年度第3次補正予算分の655万6千円。
政府は3次補正分に限り、交付対象を「がれきの処理を前提とする施設」としていた。
 町によると、道から「がれきの受け入れは絶対条件ではない」と説明を受けたため、申請したが、
「がれき受け入れを求める国との認識の違いが明らかになった」として辞退を決めた。
 馬場隆町長は12日の定例町議会で「がれきの受け入れは困難」と表明していた。

●ドイツ放射線防護協会が日本政府に怒りの声明

ドイツ放射線防護協会は
会長のセバスティアン・プフルークバイル博士名で声明を発表し、
東北の震災廃棄物やがれきの処理問題について、
「日本の全国民が、忍び足で迫ってくる汚染という形で第二の福島になる」とし、
直ちに被災地からの運搬を中止するよう勧告した。

今回の同防護協会の声明は、
「焼却や灰の海岸への埋め立て」等で「汚染物が日本の全県へ流通され始めている」と述べながら、
「これは惨禍である。ゴミ焼却施設の煙突から、あるいは海に廃棄された汚染灰から、
材料に含まれている放射性核種は順当に環境へと運び出されてしまう」と危険性を強調。
日本政府に対し、震災廃棄物やがれきを移動させるのを中止するよう強い調子で求めている。

さらに声明は
「チェルノブイリ以降、欧州では乳児の死亡率、先天的奇産、死産の領域で
大変重要な変化が起こっている。ドイツでは数々の調査によって、
胎児や幼児が放射線に対し、これまで考えられていた以上に
大変感受性が強いという事実が示されている」と、低線量での被曝の危険性について指摘している。

その上で「ドイツの原発周辺に住む幼児たちの、癌・白血病の検さは、
ほんの少しの線量増加でさえ、子どもたちの健康にダメージを与えることを示している」として、
「汚染地の妊婦や子どものいる家庭を、もっと遠くへ移住できるよう支援することを早急に勧告する」と、
福島県の子どもたちの強制避難を頑なに拒んでいる日本政府の被曝対策を批判している。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

2012年3月26日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

晴れた感じ、無風。マイナス3℃の早朝に測定。

広瀬隆「第二のフクシマ・日本滅亡」東海原発廃炉から始まる新時代

茨城での広瀬隆じいちゃんの講演、2時間54分の動画です。
私もけっこう広瀬節に慣れたのか、これ見ていて顔面蒼白にはなりませんでしたが
もちろん、内容はコワイお話満載でした。

1

2

今回の講演で新しかったネタはガンダーセンさんのお話でした。
地震でふくいち四号機が倒壊しなくても、核燃料プールにヒビが入るだけで
ニッポン終了です:(;゙゚'ω゚'):プルプル

3

これから起こるであろう巨大地震の解説も盛りだくさんでした。
これまで存在しないとされてきた茨城県周辺の活断層の存在!(゚ロ゚ ;)エェッ!?

4

防波堤を高くしたり非常用電源を高い場所に設置するから
ストレステストOKなんて、ぜんぜん安全なんかじゃない!
人間のやっていることなんてあまりにチンケです・・・(・´ω・`;)
自然の力に勝てる原発なんて存在しないのです。
防波堤なんてぶっ壊し乗り越え、
高い場所に非常用電源を設置しても、原子炉施設までの送電線が
破壊されるので無意味。

5

東海原発だけじゃない、東海再処理工場もあって
そこには高レベル放射性廃液がいっぱい!
しかもそこは海抜僅か6メートル。
もし事故って外部に放出されたらふくいちの100倍のセシウム量!

6

昔、恋の綱わたりという歌がありましたが
現在のニッポンは原発事故の綱わたり状態
3.11はたままたなラッキーがあったから、現在私たちはこうして
生きていられていますが、それはたまたまなラッキーによるものですヽ(*´▽`)ノ

7

もしも運の尽きが来て、六ヶ所村が事故ったら
日本はおろか、地球人類滅亡の時です ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ク、クルシィ

8

がんばれニッポンは放射能汚染世界一です!\(^o^)/
チェルノ先輩なんて楽勝でした!(`・ω・´) b
今現在も毎日お漏らし中ですからw

9

これ、マジで恐い((( ゚д゚;)))プルプル
レントゲンに感光しているのはホットパーティクルです!
こ、これは、つ、つまりは人間の肺のな・・・・・か(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

三時間でも広瀬じいちゃんはまだ話し足りないんでしょうね
もう70になるのに、お元気です(^ω^)
でももうほんとに恐い、この国に居たくないって言ってましたね
お孫さんたちと海外へ脱出して残りの余生を過ごせばいいのにネ。
今回の講演でも話していましたが、全国の原発を停止させても
そこのプールに大量にある燃料棒を安全に処理しないかぎり
巨大地震が発生したら、そこで日本は終了になるんですから(´・ω・`)

Photo

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

2012年3月25日釧路市内放射線量測定

New0916

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h
外はほぼ無風のマイナス3度くらい
雪は止んだ模様、曇り空の東側が明るくなりつつある早朝に測定

25disper

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーションと今日一日の風向きは
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらからご覧下さい。

政府、汚染の深刻さを未だ理解せず

医師としてボランティアでチェルノブイリ事故後、ベラルーシに赴いて医療活動に従事し
現在、長野県松本市長である菅谷 昭氏が金融新聞のインタビュー記事
で福島の事故後一年を振り返って答えています。

全文はこちらへ
http://www.fng-net.co.jp/itv/index.html

――福島の原発事故から1年。この間の政府の対応を振り返って…。

菅谷 今年1月、日本政府は原発事故の放射能汚染問題や健康被害の情報を得るために、チェルノブイリ原発事故を経験したウクライナ共和国と協定締結方針を定め、続いて2月には隣国のベラルーシ共和国とも協定を結んだ。私としては、「やっと、か」という思いだ。私は福島で原発事故が起きた当初から、放射能汚染の問題についてはチェルノブイリに学び、チェルノブイリから情報を収集することが大事だと訴え続けていた。また、原子力安全委員会は今年2月に、ようやく原発から50Km圏内の全戸にヨウ素剤を配布すると提言したが、私は事故直後からヨウ素剤服用の重要性を説明し、さらに服用に関しては、基本的には被曝する前に摂取しなければ効果が低いということも言ってきた。遅きに失したが、チェルノブイリ原発事故を知る現地の研究者たちと交流を始めたことで、政府内には治療方法や汚染の詳細データ、原発事故による健康や環境への影響についての情報が出回り始めたのだろう。私としては、なぜ、それをもっと早くやらなかったのか、正直大変に驚いている。結局、政府はいざという時の対応が全く出来ていなかったということだ。

――まだまだ伏せられている情報がたくさんある…。

菅谷 汚染マップなどが一般公開されなければ、国民は情報を得ることが出来ず、正確な判断が出来ない。中でも私が心配しているのはストロンチウムについての情報だが、仮に政府がその情報を持っていて、敢えて表に出さないのであれば、それは隠蔽だ。また、甲状腺がんを引き起こす原因となる放射性ヨウ素の汚染マップも出されていない。今、手に入るセシウム汚染状況を見るだけでも、放射性ヨウ素に汚染されている人が予想以上に存在するのではないかと心配している。そもそも日本では、放射能汚染基準として世界中が採用しているチェルノブイリ基準を採用していない。これも驚くことだ。さらに、「シーベルト」という単位と「ベクレル」という単位を平行して使っているということも、色々な判断を行う際に混乱を招いている一つの原因だと思う。出来れば「ベクレル/平方メートル」で統一すべきだ。1年前から私がずっと叫んでいたこのような声が届いたのか届かないのか分からないまま、1年が経ってしまった。この間にも放射能汚染地域に住んでいる方々は被曝し続けていると思うと、いたたまれない思いだ。
                        ~インタビュー続く~

5年間もチェルノブイリの厳しい実態を体験したこの市長にとって
今の日本の政策は無策としかとれないと感じて当然なのだろう。
ベラルーシの隣国、ポーランドが取った素早い汚染対策についても
早くから言及してたのですね。
チェルノブイリを良く知る素晴らしい人材は他にもいるはず。
そういった人々の意見で命を守っていってもらいたい。
             

Mipokosama

脱原発ポスター展より mipoko 様の作品

本日、管理人風邪の為、助手見習い中が担当いたしましたm(_ _)m

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

2012年3月24日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

曇り空。やや強い西風の気温0℃の早朝に測定。
今日も天気予報の風向きと実際の風向きが違っていた。
測定しているときの近所の公園の交通安全旗は西風を示していたのだ。

1_2

ブログ更新を助手見習いさんに任せている間、管理人は標茶町茅沼にキャンプへ行っていました。
私のキャンプライフは茅沼で始まり茅沼で終わるのが恒例です(`・ω・´) b

今年は雪が多かったのか、それとも寒い日が続いていたからか
いつもなら雪が残っていても木の周囲なんかは土が見えていて
いつもそこにテントを設営していたのですが、今年はご覧のとおり
全く土が見える場所はありませんでした。
もうすぐ四月なのにまだ積雪は20センチ近くはありました。

強風だったり雪が降ったり、日没後はさすがに冷え込んで
せっかく温泉入ったのにすっかり冷え切って、帰ってきてからは
頭が痛くて風邪ひいたのかも知れません⊂⌒~⊃。Д。)⊃
温泉入って風邪ひいているなんて、なんかバカっぽいですが
春まで待てないんですよね~キャンプ(≧∀≦*)

年始め茅沼キャンプ一日目
http://geigerkushiro.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-d9d7.html

年始め茅沼キャンプ二日目
http://geigerkushiro.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-a5bf.html

自民党、瓦礫処理に関するYES or NOアンケート!
http://www.jimin.jp/voice/yn_voice/

今では野党の自民党ではアンケート結果がタダチニー国政に反映されることはないでしょうが
誰に対してでも意思表示できる場があれば、キッチリやっておきましょう!(`・ω・´) b

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

2012年3月23日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

一応晴れ。微かな北西の風。マイナス5℃の早朝に測定。

<福島県教委>「原発の是非に触れるな」と指示 現場は混乱
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120322-00000007-mai-soci

 東京電力福島第1原発事故を受け、全国に先駆けて放射線教育を実施している福島県教委が、原発事故やそれに伴う被ばくに触れない国の副読本から逸脱しないよう教員を指導していることが分かった。「原発の是非に触れるな」とも指示。学校現場では、指示通りに教えると被ばくに不安を抱く親から批判され、危険性に言及すると違う立場の親から苦情が来るといい、実情に合わない指導で混乱も生じている。放射線教育は4月から全国で始まる見通しで、同様の事態の拡大も懸念される。【井上英介】

 福島県内の放射線教育は、小中学校で週1時間の学級活動を使って計2~3時間教える形で、郡山市や会津若松市などの一部の学校で実施されている。

 県教委は実施前の昨年11月以降、県内7地域で各校から教員を1人ずつ集めた研修会を開いた。参加した教員によると、指導主事から「副読本に沿って教えよ」「原発には中立的な立場で」などと指導を受けた。会場から「被ばくのリスクや原発事故を子供にどう説明するのか」など質問が出たが、何も答えなかったという。

 研修を受けた教員は「副読本は放射線が安全だと言いたげで、不安に苦しむ住民は納得できない。県教委に従えば、県議会が県内の原発の廃炉を求めて決議し、県が廃炉を前提に復興計画を作ったことにも触れられない」と疑問を示す。

 小中学校の教員で組織する福島県教組によると、親の間では被ばくの影響について見方が割れ、学校や教委に「放射線の危険性について認識が甘い」「不安をあおり、過保護にするな」など正反対の苦情が寄せられている。放射線量が高い地域の小学校教諭は「親の意向で弁当を持参して給食を食べず、屋外での体育を休む児童がいるが、他の親たちに批判的な空気も生まれるなど厳しい状況にある。副読本や県教委の指導は福島の現実に即していない」と指摘する。

 県教委学習指導課は「大半の教員は放射線の素人で、教え方がばらついても困るので副読本に沿うようお願いしている」と話す。

 副読本を作成した文部科学省開発企画課は「地域や教員によっては物足りないと感じるかもしれないが、自治体教委の要請もあり、放射線について最低限必要な知識を伝えるために作った。使うも使わないも自治体教委の自由だ。来年度も作ることになれば、意見を踏まえて充実させたい」と説明している。

 ★放射線教育の副読本 文部科学省が小中高校別に3種類作り、A4判18~22ページ。「100ミリシーベルト以下の被ばくでがんなどになった明確な証拠はない」としつつ「被ばく量はできるだけ少なくすることが大切」とし、中高生には防護や避難の一般的方法も説く。だが、福島第1原発事故への言及は前書きのみで、事故の経過や放射性物質汚染の広がりなどは書かれていない。その一方で放射線が医療や工業、学術研究で役立っていることを強調している。

『フクシマのうそ』これ、実はキャンプから帰って次の日のブログのネタに使おうと
コメントの下書きまで書いて準備していましたが、助手見習いさんに先を越されました。
ドイツが作ったこの番組は、人間の愚かさ
欲得という煩悩を持った人間が造った利益追求資本主義社会が行き着いた
ひとつの愚かさの到達点として、日本人が、人類が、語り継いでいかなければならない
記念碑的な作品だと思いました。
ふくいちの事故は“原子力ムラ”の欲得煩悩が起こした人災であるのが明らかでした。

 予定していたネタが使えなくなったので、なんかネタないかな~と徘徊していると
今回のネタが目に入りました。
長文コピペはウザイのでやりたくなかったですが、最近はニュースでも
すぐに削除されることが多いので、全文うpすることにしました。
副読本の内容について「放射線の危険性について認識が甘い」とか「不安をあおり、過保護にするな」とか。
でも不安を煽る(危険厨な)内容なら、実際に問題が無かった場合
「なんでもなかったんだね」で済みますが
安全厨な教育をして、実際に低線量被爆で大きな健康被害が出た場合は
「ほんとはヤバかったんだね~」じゃ済まされない。
チェルノブイリの例なら三年くらいまではそれほど目立たなくて
四年で発症が出てきて、五年で発症が爆発的に拡大したって事実もあるしね。
原発事故から一年でまだなんでもないからって、それが問題無しの確証とはならないんじゃないかと。
少しでも危険の可能性があるんなら、出来る限りのリスクを回避する事の方が
利口な人間のやり方だと思うのだけどなぁ。
しかも中立的に、と言いつつもその内容はモロ原子力ムラ依りだしこの教書・・・(・´ω・`;)

五年経っても発病無しなら、私は千葉産のサッポロヱビスを飲みつつ
太平洋の海の幸をふんだんに使ったお寿司を腹一杯食べるよw
それまでは危険前提で様子見だ(`・ω・´)p

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

年始め茅沼キャンプ二日目

B1

今朝のテントの中はマイナス6℃、外はマイナス9℃でした。
このときはまだ風も無く、静かで
カラスや山鳥や白鳥たちの声が賑やかでした。
朝食の後はテントの中でのんびり過ごしたかったのですが
昨日の天気予報どおりに空は雲に覆われて強風が吹き始めました。
雪の上にテントを設営していて十分なペグダウンができていなかったので
このときの強風はテントを壊すレベルになったので
仕方が無く急いで撤収してキャンプ地を去ることにしました。

B2

せっかくだから去る間際、誰にも利用されることの無い、旧シラルトロ湖キャンプ場跡地を撮影。

歩いてJR茅沼駅に到着したのは釧路行き列車到着の一時間前だった。
旅行鞄を二つ、ベンチに置いた男の先客が駅舎の中に居た。
こんな狭い駅舎の中に知らない男と一時間も一緒したくなかったので
私は外のベンチで列車到着を待つことにした。

B3
10:37am

列車到着まで十分に時間がある
暇なんで茅沼駅の空間線量の測定。
地上1メートル5分間アベレージモードで0.087μSv/h。
風は南西となりかなり強かった。
この後、雪まで降ってきて体は冷え切ったし
雪で濡れたくなかったので仕方なく駅舎に入って列車を待った。
5分も待つと釧網線が入ってきたのでそれに乗って釧路へ帰った。
家に着いてからは悪寒と頭痛が発生、もしかして風邪状態となったのだった。

                             ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ク、クルシィ   お終い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日釧路市内放射線量測定

New0910

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h
外は0度くらい、晴れ、風はほとんどない、室温21度

22disper

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーションと今日一日の風向きは
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらからご覧下さい。

Zdf

埋め込みがうまくいかないので
URL貼りました。

ドイツZDF フクシマのうそ

http://www.dailymotion.com/video/xpisys_y

文字起こしはこちらで

書き起こし
http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-546.html

地震の話も充分恐ろしいですが
被爆していない原発の専門家を大勢集めなければ
この先が維持できないかもしれないという事実

「この結果を人類はちゃんと知るべきだと思います。
一緒に未来の政策をつくっていくことができるように」
ナカ氏はこう話していますが、その未来とは、、、。

人間が進化してきたというのは、まったくの幻だったのだろうか。

22end

脱原発ポスター展より

鹿子木 美様 の 作品と文

日本はもとより全世界に広がった汚染ですが、こどもたちには可能な限り汚染度の低いところへ、低いところへと移住してほしい。大人もこどもも後悔なく、たくさんの笑顔と共に人生を送ってほしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

年始め茅沼キャンプ一日目

2_2
10:42am

旧シラルトロ湖キャンプ場跡地
地上1メートル5分間アベレージモードで0.077μSv/h。
微かな南風、気温5℃
昨年12月のときよりも低め。

3

べつになんでもない光景だけど
こんな色の空と雲と木をテントの中から見上げることができただけで
心底、キャンプに来て良かったなぁと思える瞬間 (*´∀`)♪

4

この猫は上の宿泊温泉施設の憩いの家かや沼の社宅で世話しているたぶん野良猫。
昨年の12月に来たときはその姿を見かけなかったので
もしかしたら絶滅してしまったのかと思っていました。
昨年の春に来たときに、かなりの数の猫が猫ヘルペスに感染していて
とても具合が悪そうだったので。
今回は一匹だけ見ました。
このときは雪が降り始めて、風も強く寒い中を人も気にせずにエサを食べていました。

5

温泉入りに行ったときは強風と雪で荒れた天気でしたが
温泉から出ると外は静かな夕暮れになっていました。
温泉へ行くときは気温が上がったために雪が柔らかくなって
歩くとズブズブと足が入っていきましたが
帰ってくるときは気温も下がって、積雪を上を歩いても
靴が入ることはありませんでした。

ここから離れた場所は湖面が温泉水で凍らないところがあるらしく
どこからか白鳥たちのおしゃべりが一晩中聞こえていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日釧路市内放射線量測定

New0909

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h
外はマイナス3度くらい、晴れ、緩い西よりの風、室内20度

21disper

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーションと今日一日の風向きは
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらからご覧下さい。

諸外国・地域の規制措置(平成24年3月16日現在)

http://www.maff.go.jp/j/export/e_info/pdf/kensa_0316.pdf

21yunyuu

輸入停止の食品は普通にお店に並んでいますね。
その他の食品・飼料って内容的にどんなものなのだろう。よく、311以前の物を
使ってますから安全です,というのをみかけますが、それが切れた時、爆発的に
放射性物質を含む食品が出回るのだろうか。

Dscn0304_3

もう、こんな事や

Dscn0495

こんな事はあきらめて

Tabezu

明日からこれを実践!!

28end

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

2012年3月20日釧路市内放射線量測定

New0899

木造モルタル二階室内窓際、0,09μSv/h
薄雲のある晴れ、緩い南西の風、外はマイナス4度、室内20度

20disper

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーションと今日一日の風向きは
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらからご覧下さい。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

知りたいと願えば願うほど、厳しい現実を知る事になり 、なかなか眉間にシワの寄る
原発関連の情報探しですが、、、、

久々に、にっこりしてしまいましたァo(*^▽^*)o

元記事
http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20120308ddm013040212000c.html

ザ・特集 沢田研二さんに会いに行く 「震災」「脱原発」への思い
自分の言葉で歌いたい

毎日新聞 2012年3月8日 東京朝刊より

、、、、売れなくなって考えた 何が一番大事なのか ちゃんと言わないと恥ずかしい
、、、、、 立ち直っていない人、きっと多い 「頑張らなくていい」「大丈夫」言い合える曲、作りたかった

、、、、一方、ロビーでは「さようなら原発1000万人署名」が行われていた。作家・大江健三郎さんらによる脱原発を求める活動だ。

、、、淡々としている。でもこれだけではない。11日発売のCD「3月8日の雲」は、4曲すべて東日本大震災がテーマだ。

、、、、 こんな目に遭うなんて情けない、胸がしぼむ、と歌うタイトル曲。みんな流されて君ひとりが残った……と始まる「恨まないよ」。頑張らなくていい、泣いていい、でも笑って生きていくしかないという「カガヤケイノチ」。そして、大ヒット「TOKIO」以上にポップなリズムで、この国は一体何を護(まも)るのか、バイバイ原発!と繰り返す「F・A・P・P」(フクシマ・アトミック・パワー・プラント、福島原発の意味)。すべてジュリーの作詞だ。しかも「がんばろう」も「絆」も出てこない。  ー引用終わりー

小学生の頃、大ファンだったあの人がこんな事になってたウレシイ驚き。あの頃テレビが貴重な情報源と信じていたっけ。大昔のコマーシャルソングが口から出た時、これって
洗脳成功例?と自問。テレビは制作者やスポンサーの意図を深く深く読みながら観るものだったのね。

本日より三日間(予定)管理人不在の為、助手見習い中の担当となりますo(_ _)oペコッ                

                        28end_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

2012年3月19日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

北風。空は明るいけど細かい雪が降っていたマイナス6℃の早朝に測定。
今朝はブレて平均値を出すのに悩んだ。
0.09というよりは0.097とか微妙な感じ。

DAYS JAPAN 講演会 3.11から一年 福島原発事故から一年

約1時間41分の動画です。
第一部のこの動画は三人のゲストのお話でしたが、どれも恐ろしネタが満載でした。
最初の市民測定所の鈴木薫さんの話で、ホールボディーカウンターで市民の測定をして
普段着のままで測定すると異常に高い測定値が出て
それで着ている物を脱いで測定すると割と平常値になる、
つまり着ていた衣服が激しく汚染されてるというその服は洗濯して外で干していた物、
それだけ外の空気中に沢山の放射性物質が漂っているという怖さ!((( ゚д゚;)))プルプル
そんな場所で人が暮らしている(呼吸している)なんて(´Д`;;)・・・

次の自由報道協会の上杉隆さんお話。
これ聞いていて激しく憤るのを禁じ得なかったです。
大手マスメディアの関係者が東電の接待を受けるようなズブズブな関係(;・`д・´)
この国のマスコミは全く機能していないそうで
海外のメディアは共産国なら判るけど先進国の日本がこんなに情報の隠蔽や統制を
行っているということに驚いているという(゚ロ゚ ;)エェッ!?
日本人は完全に騙されているそうですよ!
それを知らないのは日本人だけだそうです(#^ω^)ピキピキ
この話をしているときの上杉隆さんのメガネの奥の目が
ほんとに悔しそうなのが印象に残りました_φ(・_・

三人目がご存じ広瀬隆じいちゃん。
今回は時間が短かったので沢山の話はできなかったようですが
特に強調していたのは、今現在は昨年の3月10日よりも危険な状態なのだということでした。
今年の5月で全ての原発が停止しますが、原子炉が止まっても
そこにはふくいち四号機の核燃料プールと同じように
いっぱいいっぱいになった核燃料プールがあって、それが全国の原子炉がそうなんだと。
そして3.11の巨大地震で歪んだ日本列島が、その歪みのエネルギーを
いつ解放して再び巨大地震を発生させるか判らない状態なのだと。
そんな地震が発生したら、大変な事態になるのはふくいち四号機だけじゃないと。
だから5月に全ての原発が停止しても、それで安心なんてできないそうです(;゚д゚)
広瀬じいちゃんはできたら海外に脱出した方がいいって言っていましたが
そんなお金も無いしね( i _ i )
いつ爆発するかわからない“原子炉時限爆弾”と暮らさなければならないなんて('A`|||)
話の中で広瀬じいちゃんがタイタニックでは三等船室の客は部屋に閉じ込められて
金持ち客が船員にお金握らせて優先的に脱出ボートに乗ったって言ってましたが
私はまちがいなく日本という“タイタニック”の三等船室で
船と一緒に沈んでいく定めの人間ですわ(; _ ;)/~~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

2012年3月18日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2_2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

V

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

ガスっていた。水たまりが凍っていなかった無風な早朝に測定。

20120315 震災がれき 進む再生利用


20120315 震災がれき 進む再生利用 投稿者 PMG5

瓦礫受け入れを決定した島田市の市長に言わせれば
瓦礫受け入れは損得じゃなくて善悪なのだそうだ。
つまり瓦礫受け入れに反対している危険厨は『悪』だということらしいです( ゚д゚;)
番組中で古館も言っていましたが、その瓦礫が汚染されているかどうかということで
それは測定方法や利権が絡んでいないか等も含めて検証されなければならないと。
はたして瓦礫の上にガイガーかざしてそれでまともな測定といえるのかどうか(´Д`;;)・・・
どこだかの線量測定ポストはそこだけを徹底除染してあって
実際の地域の線量とはいえないような数値を公表してるそうですが
そんなごまかしがまかり通っている最中で、行政や業者が測定して
「安全です」と言っている物を信じられるのかどうか・・・・(;・`д・´)
この部分の不安感が私の中では受け入れを認められない大きな比重になっていると思います。
もし、3.11で原発事故が無かったなら、私は瓦礫の広域処理には反対しなかったと思う。
しかし少しでも瓦礫が放射能汚染された物であるのなら
それを全国に拡散することは、はたして『善』であるのか?
被災地では地元に瓦礫処理施設を沢山作ってくれた方が雇用も生まれるしで
その方が被災者にとってもありがたいという声もあるそうですが。
実際、瓦礫が汚染されていない「安全な」物であるのなら
被災地に処理施設を作ってそこで処理したって問題は無いはずですよねぇ(`・ω・´)
被災地で直接処理した方が血税使って全国に瓦礫運んで処理するよりも
よっぽど早く効率よく低予算で瓦礫の処理ができるんじゃないのかな?
地元処理の方がいっぱいメリットがあるように思えるのに
何故に政府は血税使って『絆』だの『痛みの分かち合い』だのと広告打って
国民の感情に訴えてでもこれほど広域処理に拘っているのだろ?
阪神大震災のときは広域処理じゃなくたってほとんど地元で処理したんでしょ?
なんでそれが今はできないの?さっぱり判らんよ^q^?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

2012年3月17日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

曇りで南西の風、マイナス1℃の未明に測定。

がれき受け入れ加速に弾み 市川、米子市も受け入れ方針
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120315-00000611-san-soci

 静岡県島田市が東日本大震災のがれきの受け入れを正式に表明した15日、千葉県市川市と鳥取県米子市も受け入れ方針を発表した。被災地から遠く離れた九州でも受け入れを求める声が相次ぐ。震災から1年を過ぎてようやく広域処理に弾みがつきつつある。(産経新聞)

>弾みがつきつつある
こんなのに弾みがついてどーすんだよ?
弾みがついて何処へ向かっているんだよ(´Д`;;)・・・
                                       ↓弾みがついた状態

Photo_3

追加↓

北海道奥尻町もがれき受け入れ検討 

北海道奥尻島の奥尻町が、東日本大震災のがれき受け入れを
検討していることが分かった。 2012/03/16 18:39 【共同通信】

http://www.47news.jp/news/flashnews/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

2012年3月16日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.11μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

晴れ。北西の風でマイナス3℃の早朝に測定。

チェルノブイリ_DASH村3.11


チェルノブイリ_DASH村3.11 投稿者 gomizeromirai

初めてDASH村とやらを見ました。
この番組を見ると向こうの農家さんも大人も子供もみんな元気で問題無いって感じですが
取材した地域の癌や心臓病の発症率や新生児の先天性障害とかの確率ってどんなもんなんでしょうね?
別の番組で見たチェルノ汚染地域の癌や心臓病や先天性障害の率はかなり高かったですが。
それにしてもロシア人って子供のうちは美少年美少女が多くて
番組に出ていた子供もとても可愛かったけど、あの子たちは大人になってもずっと元気でいられるのでしょうか (´・ω・`)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

2012年3月15日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

S

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

僅かな西風。マイナス3℃、細かい雪が少し降っていた夜明けに測定。

Photo_3

上の記事は某巨大掲示板の放射能スレで見かけた書き込みなのですが
これによると阪神大震災のときは今のような瓦礫の広域処理は無かったそうです。
現地に処理施設を増設すると、ほとんどを現地処理で済ませることができるはずなのですが
何故に現政府は被災地瓦礫の広域処理に執拗にこだわるのでしょうか?
将来、福島周辺で癌が多発したときに、そこだけ癌発生率が高いと
原発事故との因果関係が明らかになってしまうので、汚染瓦礫を全国に拡散して
癌発生率を平均化して国や東電への責任追及をかわすためとか
産廃業者や運送会社が受注でウマウマだからとか・・・・
いろいろと言われていますが、実際のところ、政府は何を考えて
北は北海道から南は沖縄まで、全国津々浦々に瓦礫を拡散したがっているのでしょうか?
『絆』だとか『痛みを分かち合う』なんて、それこそセンチメントな表現で意味判りません。
誰か私の脳みそでも理解ができるように、わかりやすく説明してください(=ω=)

Photo_4

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

2012年3月14日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

ほぼ無風。細かい雪がちらちらと落ちてくるマイナス5℃の夜明けに測定。

小出裕章:4号機燃料プールが崩壊すれば日本は"おしまい"です

4号機燃料プールが崩壊すれば日本の終わりを意味する (ZDF)

"おしまい" "終わりを意味する"・・(´Д`;;)・・・

武田先生は1+1=2みたいに、科学的見地から考えるなら
誰だって同じ見解に至る、みたいなことを言っていましたが
小出先生もガンダーセンさんも、原子物理学のエキスパートなのに
なんでこんなに武田先生と見解が違うのでしょうね (^ω^)?

頭上で核ミサイルが炸裂したら一瞬で身体が蒸発して痛みや苦しみを感じることすら無いだろうけど
四号機が問題発生で日本が終わるときは、時間をかけてジワジワ痛みや苦しみいっぱいで死にそうで
なんかすんごく嫌だなぁ(;ω;)
燃料棒の取り出しが早くて来年の12月なんて、それまで大きな地震無しでいられるかな( ゚д゚;)

広瀬隆 釧路講演追加情報!

予約受付→ yasai@sidhi.jp (川原)
6月2日(土)まなぼっと 大ホール13:00~  開場は12:00

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

2012年3月13日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.08μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

北北西の風、薄曇り。マイナス4℃の未明に測定。

広瀬隆氏 「福島第一原発に末期的事故の予感 人生最後の事態も」

 原発の即時全廃を訴える作家・広瀬隆氏。2月初めに福島県内の連続講演会をした際には、「福島第一原発の内部で何か"異常"が起こっているような気がします。みなさん、逃げる用意をしておいてください」と話した。広瀬氏は昨年起きた連続爆発より「ケタ違いの放射能が放出される"人生最後の事態"」が起きる可能性があると警告する。

*  *  *
 福島第一原発では、4基とも危ないが、とりわけ4号機の原子炉建屋は、昨年のプールから生じた水素の大爆発で、ほとんど骨組みしか残らないほど大崩壊してしまった。東京電力は、傾いて倒壊寸前のこの建屋のプールを補強するため、応急処置の工事をしたが、それは、何本かのつっかい棒を入れただけである。その支柱の下は、補強できないまま、実は軟弱な基礎の上に、つっかい棒が立っているという、いい加減な状態のままである可能性が高い。

 この大気中にむき出しのプールには、不幸にして通常の運転で原子炉が抱える「数個分」の使用済み核燃料が入っているとされる。その量は、10~15年分の運転期間に相当するウラン・プルトニウム燃料が入っているということになる。元旦に東北地方・関東地方を襲った地震のあと、このプールの隣にあったタンクの水位が急激に低下したので、プールに異常が起こったことは容易に類推できる。さらにその後、1月12日と23日に、立て続けに、福島第一原発のある浜通りを激震が襲ったので、私は生きた心地がしなかった。

 こうした中地震の続発がプールのコンクリートに与えてきた疲労は、相当なものに達している。したがって、大地震でなくとも、コンクリートの亀裂から水が漏れる可能性は高い。

 4号機に何かあれば、もう手がつけられない。致死量を浴びる急性放射線障害によって、バタバタと人間が倒れてゆく事態である。東電も、真っ青になって震えながら、今度こそ「直ちに健康に影響が出ますから、すぐに遠くに逃げて下さい」と記者会見するはずだ。

※週刊朝日 2012年3月9日号

昨日の武田先生のお話ではふくいち四号機の核燃料プールが倒壊しても
大きな危険にはならないみたいな話とは真っ向から反対の
『人生最後の事態』とおっしゃる広瀬隆じいちゃん( ゚д゚;)
どちらが正解なのかこの分野のことなんて素人の私には判りませんが
最近になって読んだ広瀬じいちゃんの著書「原子炉時限爆弾」の冒頭に
この本を書いたのは原発のあるこの国が人間の住める場所であることができるのかを
問いたくて書いた、今すぐになにかあって人の住めない状態になるとは思わないが
じゃあ、十年後とかはどうかというと、必ずしもそうとは思えない
そんな嫌な予感がしてならないと広瀬じいちゃんは書いていました。
この本が出版されたのは一昨年で、3.11以前なのを考えると
不幸にして広瀬じいちゃんの嫌な予感が的中してしまったということです。
広瀬隆は現代の予言者!!ですね(゚д゚;)
51w9sncagll
そしてこの、現代の予言者、危険厨の中の危険厨!
広瀬隆じいちゃんが釧路にやって来るそうです!!キター\(^o^)/

6月2日土曜日午後一時から午後四時までの3時間
釧路市マナボット大ホールにて
広瀬隆さんの講演会が開催されます。
参加費1000円

6月2日なんて、このブログを開始して一周年記念な日じゃないですか!(;・`д・´)
生広瀬隆三時間がたったの千円!
たぶん鬱な気分になるようなコワイ話が満載なんでしょうが
都合が悪くなければ是非、行ってみたい広瀬隆講演会
みなさまも是非どうぞ!(`・ω・´) b

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

2012年3月12日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

薄晴れ、マイナス9℃。
なんで最近は予報の風向きと実際が逆なのか?
今朝も公園の交通安全旗は北西の風でした。

武田邦彦 「福島4号機の問題」 2012.03.10

一年前の朝、ふくいち一号機が爆発したのが最初でしたか
震災から二日目は、前日に不通となったインターネット回線が復旧してなくて
テレビを見る習慣の無い私は、この日もまだ原発が爆発したなんてぜんぜん知りませんでした。
ふくいち爆発の事実を知ってからは放射能汚染の恐怖
メルトダウンして地下水と燃料が出会ったら水素爆発が!とか
四号機倒壊したら人類未体験ゾーンの危険状態になるなどなど・・・・・・
周囲の人々が完全平常状態になってからも、危険厨としては
常に見えない危険のプレッシャーな日々・・・・・・('A`|||)

あれから一年になって、さすがに疲れをお感じの危険厨の方もいらっしゃることでしょう。
そんな疲れを感じ始めた危険厨の方々は、この武田先生のお話を聞いて
「なーんだ、ぜんぜん大丈夫じゃないか!科学的にいって危険なことなんて
起こるワケないじゃん!」と、息抜きでもされてはいかがでしょうか?(´▽`)

なーんてね( ゚д゚)
武田先生は大丈夫みたいなこと言ってますが、
ガンダーセン博士は四号機が倒壊したら、日本の友人に
すぐに飛行機に乗って日本を脱出するように電話するって言っているしね。
どちらが正解なのかは、門外漢の私には判断しかねますが(=ω=)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

2012年3月11日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

曇り。今日も予報じゃ北東の風ってことになっているけど
公園の交通安全旗は北西の風だったマイナス5℃の夜明けに測定。
今朝はアップダウンする腹立たしい測定だった(・へ・)

あれから一年になりました。
各地で反核イベントが行われるのでしょう。

私もいろいろと思うところはありますが
今日は、一年前に津波で多くの方が亡くなられた日
静かに黙祷を捧げたいと思います・・・(-ω-)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

2012年3月10日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h
今朝はいつもよりも40分ほど早い時刻に測定したので背景真っ暗。

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

おぼろ月。予報じゃ風向きが北東になっているけど
公園の交通安全旗の動きを見ると北西だと思えたマイナス4℃の未明に測定。

小出裕章 VS 澤田哲生

アントニオ猪木の異種格闘技戦を観るときみたいな期待と興奮で聞いていましたが
残念ながら小出先生は大人しすぎな印象だった。
せめてマムシの串焼きと生き血を飲ませてムッハー状態で対談に臨ませるべきだったかと。
やっぱり対原発推進御用には広瀬隆じいちゃんが最適かと思われます(#゚ω゚ )

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

2012年3月9日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.08μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

薄曇り。ほぼ無風なマイナス3℃の夜明けに測定。

福島原発4号機 プールのヒビ割れだけでも人類史上最悪の事態に
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120308-00000303-sasahi-soci

 福島第一原発事故の直後、CNNテレビで「すでにチェルノブイリと同じレベルだ」と指摘した米原子力技術者、アーニー・ガンダーセン氏。さらに原発の即時全廃を訴える作家・広瀬隆氏が対談で福島第一原発4号機の危機的状況を指摘した。

*  *  *
広瀬:私の講演会では、ガンダーセンさんが3号機の爆発で、使用済み核燃料プールで即発臨界が起こった可能性について解説しているインターネットの動画を見せています。東京電力は認めませんが、私はあなたの解析に間違いないと思います。

ガンダーセン:今は、爆発の原因を厳密に特定するのは難しい段階ですが、上向きのベクトルで劇的な爆発が起こったこと、爆発位置と偏りを考えると、核燃料プールで不慮の臨界が起こったと考えるのが自然です。

広瀬:原発敷地内で極めて高い放射線量が検出されたのも、臨界暴走でプールの核燃料が飛び散ったと考えると、現場の状況と符合します。著書『福島第一原発 ―真相と展望 』(集英社新書)では「4号機のプールで火災が起きたら、日本を脱出せよ」と警告していますね。

ガンダーセン:4号機の核燃料プールは、今も日本列島を物理的に分断するほどの力を持っています。震災時、このプールには炉心数個分もの使用済み核燃料が入っていたのです。大気圏内で行われた過去の核実験で放出された総量に匹敵するほどの、放射性セシウムが眠っています。

広瀬:しかも、おそろしいことに、核燃料プールは遮蔽されていません。

ガンダーセン:まさに「格納されていない炉心」です。今は水で冷やしていますが、プールにヒビが入るなどして水位が下がり、冷却できなくなると、温度が上がって燃料棒の鞘であるジルコニウム合金が発火するのです。こうなると、もはや水では消火できない。核燃料が大気中で燃えるという、人類のだれも経験したことはない、おそろしい状況になるのです。

広瀬:今回の事故とはけた違いの膨大な放射性物質が出てくる。大惨事です。

ガンダーセン:まさしく。震災直後、日本では1、3号機の爆発に気を取られていましたが、米原子力規制委員会(NRC)は、この事態を非常に心配してきました。私自身もそうです。

広瀬:私は、ボロボロの4号機の燃料プールがガラッと崩れて、核燃料がバラバラと飛び散る事態を心配してきましたが、燃料プールのコンクリートに亀裂が入っただけで終わり、ということですね。

ガンダーセン:科学にとって未知の大惨事になります。

※週刊朝日 2012年3月16日号

アーニー・ガンダーセン氏 「フクシマ事故の影響で100万人はがんが増える」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120308-00000302-sasahi-soci

 先月20日、近著『福島第一原発 真相と展望』(集英社 新書)を刊行した米原子力技術者、アーニー・ガンダーセン氏が来日。『第二のフクシマ、日本滅亡』(朝日新書)で同様の警告を発する、原発の即時全廃を訴える作家・広瀬隆氏と対談を行った。そこでガンダーセン氏は「原発事故の試算でがん患者が100万人増加する」という。

*  *  *
ガンダーセン:私の試算では将来的に少なくともフクシマ事故の影響で100万人はがんが増えます。米国にも今回の事故による放射性物質が飛んできている。特に西海岸のオレゴンで高い数値が出ています。アラスカの先のアリューシャン列島の上空を通って、カナダ方面から西海岸の北側にたどり着いたのでしょう。

広瀬:海洋汚染はすでにハワイまで広がっている、と聞きます。日本人として深く謝罪します。

ガンダーセン:いえ、いえ。米国が日本に売った原発ですから。日本で、子どもの乳歯を集めてみるのはどうでしょうか。ストロンチウムはカルシウムと置き換わって骨や歯に蓄積します。大人の歯はダメですが、子どもの歯はカルシウムと同様にストロンチウムも吸収して固定されます。

広瀬:同感で、私も歯科医の方に呼び掛けたのですが、最近は法律上、本人の許可が必要で、難しいようです。核実験が行われた冷戦時代は、乳歯を集めて解析しました。日本全国から集めれば、飛散の分布もつかめるのですが......。東日本ではもうすぐ雪が溶けて、地表の放射性物質が大量に川に流れ出し、河口地帯から汚染が広がっていくと思います。

ガンダーセン:その通りです。魚が汚染し、海底にも堆積するでしょう。人への影響でいうと、疫学的には、子どもは放射性物質に対する感受性が強い。また女子は男子の2倍と言われています。それだけ、がんにかかりやすいといえます。

※週刊朝日 2012年3月16日号

今のままでも100万人は癌が増えて、また地震なんかがあると
ふくいち四号機倒壊か、倒壊しなくても核燃料プールにヒビが入って
お漏らししたら日本の終了は確実か・・・(=ω=)
今、この瞬間にも再び大きな地震がきたら終わってしまう世界。

もうなんていうかね、海外脱出しないんなら
ある意味、死の覚悟は決めておいた方が良さそうだね、この国で生きていくのなら。
というか、生物の死亡率は100%と確実なワケで・・・・・・ ̄ω ̄

とりあえずは、そーゆーことにしておこうか(`;ω;´)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

2012年3月8日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

S

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

弱い西の風、曇り。0℃の早朝に測定。

セシウム流出量、東電推計の6倍…海洋研試算
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120306-OYT1T01065.htm

 東京電力福島第一原子力発電所の事故で、原発から海に流出した放射性セシウム137の総量は最大で5600テラ・ベクレル(1テラは1兆)に上るとの試算を、海洋研究開発機構がまとめた。

 東電の推計量の約6倍にあたる。6日に開かれた日本原子力研究開発機構の研究報告会で発表した。

 海洋研究開発機構の宮沢泰正主任研究員らは、福島県の沿岸など約500地点で採取した海水のセシウム濃度や、潮の流れなどをもとに、昨年5月7日までにセシウムが移動した経路を模擬計算した。その結果から、海に流出した高濃度汚染水のセシウムの総量は、4200~5600テラ・ベクレルと算出された。このほか、同原発から大気中に放出され、雨などによって海に沈着したセシウムは1200~1500テラ・ベクレルになった。
(2012年3月6日21時29分  読売新聞)

Energ_2

魚、オワットル・・(・д・;)

Photo_3

Photo_4

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

2012年3月7日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

無風。割と大きめな粒の雪が薄い鉛色の空から真っ直ぐに
音もなく静かに静かに落ちていました。
今年初めてのプラス1℃の早朝に測定。

広瀬隆 福島原発事故「終息宣言」大嘘の皮を剥ぐ 前編・後編

Photo

ここの解説のとき、広瀬じいちゃんは吹いていました`;:゙;`;・(゚ε゚ )
今回、見た中で私がいちばん恐かったところなんだけど
あまりに恐すぎなんで、逆に笑ってしまうのか
あまりに酷いので言葉を超えて吹いてしまったのか?

『収束宣言』なんて、ほんと、笑えないジョークです(´Д`;;)・・・

Azzdibqw
Photo_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

2012年3月6日釧路市内放射線量測定

New0896

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h
北東の風、外はマイナス4℃、細かい雪

36disper

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーションと今日一日の風向きは
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらからご覧下さい。今日は予測はかなり変わった形。雪と実際の風向で線量は上がるのだろうか

武田邦彦教授「瓦礫」のトリック

1. 瓦礫の量は阪神淡路大震災と大きく違うのか?

阪神淡路大震災の時の瓦礫の量は2000万トン、東日本大震災2300万トン(環境相発表)で、わずかに東日本大震災の方が多いが、地域が広いことを考えるとほぼ同じか、むしろ東日本の方が面積あたりにすると少ない。

2. 瓦礫全体の内、どのぐらいを被災地の外で処理するのか

瓦礫総量の内、わずか20%の約400トンを東京やその他の地域で処理する。80%が現地処理。

3. 瓦礫の処理が遅れている理由は何か?

「瓦礫の処理が5%しか進んでいない。これは瓦礫の引き受けが進んでいないから」と2月21日に発表した。しかし、もともと被災地外で処理するのはたったの20%だから、被災地外の引き受けが順調で、もし半分が引き受けても10%の処理率になるに過ぎない。つまり、環境省はこれまでと同じように瓦礫の処理が遅れている理由を、国民が誤解するように発表し、専門家と言われる人はこの辺の事情を十分に知っているのに言わない。新聞も同じである。
さらにNHKは2月末の放送で「瓦礫を不当投棄するので、瓦礫処理が進まない」という自治体の言い分をそのまま放送した。山のように積んである震災瓦礫の数100分の1しかないのに、それがあたかも瓦礫の処理が遅れている理由にしている。またさらにそれを知っているNHKが自治体の言い分だけを放送するというのだから、国民が税金や受信料を支払っていることを忘れているとしか思えないのは当然だろう。

4. 処理価格のトリック

阪神淡路大震災の時の瓦礫の処理費用は2万2千円(トンあたり)、それに対して岩手の瓦礫の処理費用(税金)は6万3千円、宮城5万円。なぜ、阪神淡路大震災の時と比べて物価はやや安くなっているのに、処理費が3倍近いのかについても説明はなされていない。
自治体は政府の圧力とお金の魅力で汚染を引き受けているのではないか。この処理費用のカラクリを市民に言わずに「被災地を助ける」ということしか言わない。

5. 被災地には本格的な瓦礫処理施設を作らない

ある宮城県の自治体が仮説焼却施設を作ったと報道された。その能力を計算してみると実に小さい(このような細かいことはまた機会があったら書くようにしたいが本筋が大切なのであまり細かい数字は割愛する)。
つまり、確かに「見かけ」は「焼却施設を作った」と言うけれど、名古屋市にいくつかある焼却施設のどれにも該当しないような小さな焼却施設だ。でも素人を騙すことはできる。「被災地にも焼却施設を作っている。武田はウソを言ってる」などと言う人もいるが、私を批判する専門家なら焼却能力のカラクリを判って言っているはずである。

6. 汚染の可能性
放射能の量としては、1キロ8000ベクレルが基準値なので、2300万トンでは拡散量は約200兆ベクレルになり、日本人ひとりあたり150万ベクレルに相当する。これは1キロ40ベクレルというまともな食材汚染の限界から言うと一人あたり37年間、汚染された食事をすることを意味する。
また山形と東京が瓦礫を引き受けているが、かりに山形市が半分を引き受けたら、お金はかなり来るだろうが、その代わり山形市の汚染は1平方メートルあたり24万ベクレルと規制値の6倍、警戒領域の60倍にも達する。
このような計算をすると、「山形だけが瓦礫全体の半分を引き受けるワケではない」などという反論がでるし、それを承知でここで示している。もし、数値を問題にするなら、自治体自体が「何トン受け入れて、それによって放射線量は何倍になるのか?」を言わなければならない。民主主義だから「瓦礫を引き受けたら放射線量が何倍になり、付近の人はどのぐらい被曝するか」という数値を出すのが第一である。

武田教授のブログから引用

http://takedanet.com/2012/02/post_740a.html

このからくりはなんだろう?
瓦礫受け入れ拒否は福島を見捨てているかのごとく
とらえ、受け入れこそが国民としての義務、みたいなぁ空気を作って、、。
やはり瓦礫受け入れで支払われる対価は地元で使われるべきですね。

本日管理人、雪による遅れの為、助手見習い中が担当いたしましたo(_ _)oペコッ

          End

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

2012年3月5日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h
やっと外の撮影でストロボ無しでも撮れるようになりました♪

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

薄晴れ。北風のマイナス13℃の夜明けに測定。

Photo_3
Photo_4

上の記事は海外のサイトの以下のページを機械翻訳させたものです。
http://enenews.com/ngo-glowing-blue-tap-water-reported-in-minamisoma-just-north-of-meltdowns-cesium-derives-from-latin-word-for-sky-blue

最近の話題?の南相馬市の水道水が青く光るってネタです。
セシウムって水の中で青く光るのですね
だからセシウムという名前の由来がラテン語の空色だそうです。
南相馬にお住まいの方々はこのネタを知っているのでしょうか?
ほんとに水道水がセシウムで青く光っているのなら恐ろしいことです。
浄水場?水道管轄の市の責任者はこの光る水の調査をしないと答えたそうですが
福島の市民測定所とかに持ち込んで検査はやらないのでしょうか?
毎日の生活水を全部ミネラルウオーターで済ますことは不可能でしょう。
早く水道水の検査をやるべきだと思われるのですが・・・・。

(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

2012年3月4日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

北西の風晴れ。マイナス9℃の夜明けに測定。
今朝は数値が上がったり下がったりであった。

1330680589

Gorugos6

誰かこのシト雇ってくれませんか?(#^ω^)ピキピキ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

2012年3月3日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

雪が降っていた。風は北西な感じ。
マイナス5℃の未明に測定。

原発事故「原子力行政の欠陥」 グリーンピースが報告書
http://www.asahi.com/national/update/0228/TKY201202280494.html

 環境NGO「グリーンピース」は28日、東京電力福島第一原発事故を分析した報告書を発表した。引き金は地震と津波だが、原因は「原子力行政と産業主導型規制の制度的欠陥という人災」と指摘した。

 オーストラリア国立大のテッサ・モーリス・スズキ教授(歴史学)らに委託してまとめた。報告書によると、1999年に茨城県東海村でJCO臨界事故が起きたが、規制は抜本的に変わらなかった。福島第一原発でも津波による全電源喪失や、10メートルを超える津波の可能性が指摘されても十分評価されなかった。「関係機関が意図的にリスクを過小評価し、安全より経済・政治的利益を優先したことに根本原因がある」とした。

 報告書では、放射線の影響を予測するSPEEDIのデータは生かされず、放射線量の高い原発の北西部に住民が避難し、被曝(ひばく)したことも問題視した。放射線安全アドバイザーのヤン・バンダ・プッタさんは「国民を放射線から守るための情報を政府が出さなかった点でもこの事故は人災。政府は教訓を学ばずに原発を再稼働しようとしている」と非難した。

つーか、地震大国ニッポンに原発持ってきたこと自体が人災だわな(#^ω^)
ふくいちで一番最初に爆発したマークⅠ型原子炉は地震が少ないアメリカ仕様で
対地震についてはあんまし考慮されてなかったって、来日したガンダーセン博士もいってたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

2012年3月2日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

西風で薄晴れ。マイナス5℃の夜明けに測定。

1_2

これって最初はTwitterで見たんだけど、信じられないというか
信じたくないというか (((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル
これをツイートしていた人って以前、福島で除染や強制避難区域で今でも暮らしている人に
食料とかを配達するなどの活動をしている僧侶としてYouTubeの動画で見たことがありました。
その人は食べ物などの放射線量を測定できる機材も持っているってどこかで読んだこともあります。
だからその青く発光する水道水を測定してみたらイイのにと思うのですが。
もし、これがほんとの事実だとしたら、それは・・・(;゚д゚)

2_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

2012年3月1日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

風の無い薄曇り。マイナス1℃の夜明けに測定。
やっと今日から3月!寒さの厳しかったこの冬ももうすぐで終わるよ( ´∀`)

ビジュアル的にもとても優れたイギリスBBC放送のドキュメンタリー、約一時間です。
あれからもうすぐ一年になりますが、これを見てつくづくとこの国は大変な大惨事に見舞われたのだなと
思いました。
あのとき、心理的に底冷えのする思いで自衛隊のヘリコプターや消防のポンプ車が
原子炉建屋の中に水をかけているのをネットの中継で見ていました。
それを見ている私の頭の中では、巨大なゴジラに対して小さな自衛隊が非力な武器で
挑みかかっているという、そんなイメージに変換されていました。
それは絶望的な戦いに思えました。
このドキュメンタリーの最後の方で、管元首相が世界中に原発が二千基、三千基とあって
そんな世界は安全なんだろうか?
神の思し召しか、あの一週間はほんとにギリギリの状態で
最悪の結果が回避された、そんな管元首相の回想が
あのときの恐ろしい緊張感を物語っていました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »