« 2012年3月29日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年3月31日釧路市内放射線量測定 »

2012年3月30日 (金)

2012年3月30日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

曇り。南西の風気温4℃!
今朝は数値の上がり下がりが酷かった
なかなか平均値が見えてこなくて室内と外でトータル30分は測定していた。
巨大太陽フレアでも発生したのか?

20120318 福島の海は今いったいどうなっているのか


20120318 福島の海は今いったいどうなっているのか 投稿者 PMG5

イギリスのセラフィールドで回復まで30年ってこの番組で聞いて
私は自分が生きている間に以前のようにお寿司を食べれることは無いのを確信しました(; _ ;)/~~
ふくいちの海洋汚染はセラフィールドなんて比較にならないレベルだろうし
春が来て雪解けが始まると、山でも街でもあらゆる場所の放射性物質が
雪解け水に混ざって川に流れ、最後は海に行き着くだろうから
これから更に海洋汚染は悪化の一途だろうし(×_×)
しかも恐ろしいのは爆発したときにふくいち三号機の燃料棒が
近海にボッチャンボッチャンと落ちたことです。
それって、プルトニウムやウランでしょ(;゚д゚)
あらゆる生命の母である海がこれだけ汚染されて、地球規模での生態系は
これから先、回復できるのでしょうか?
原発事故以前でさえ地球は人類の文明によって酷く痛めつけられているのに。

ちょっとオカルトネタになりますが、火星に謎の人口建造物があることが
NASAの調査画像に写っていたりしますが、今は死の星火星も
以前は生命が存在する惑星であったのかも知れません。
あの火星の姿が、未来の地球でないことを祈るばかりです(=ω=)

Jfre

|

« 2012年3月29日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年3月31日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

おはようございます(^^)
フレアはCの中規模だと思います
我が家の数値はいつもどおり…か、気持ち低め
いつもかなりのフレ幅があるので1hの平均値でみています

東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20120327/CK2012032702000078.html
群馬県は、一部の渓流魚について釣りを自粛するよう十一の漁協に要請した

除染に使った水もいずれは川から海に流れるし…
今年は更なる問題が出てくるのでしょうね


のぬけすさん
釧路の放射線測定所、ついに始動したのですね(^^)
私も我が家の畑の土を測定しなければ…と思ってますが
釧路近郊でどれくらいの方が危機感を持って利用するのか知りたいです

投稿: bun | 2012年3月30日 (金) 09時48分

本日2度目の登場です

上田札幌市長のお言葉…載せときます 
市民への愛情が感じられて、ちょっと感動~(^^ゞ
http://www.city.sapporo.jp/kinkyu/20120323mayor.html

でも、この中で気になる事が…

『札幌市の各清掃工場では、一般ごみ焼却後の灰からの放射性物質の濃度は、
不検出あるいは1キログラム当たり13~18ベクレルという極めて低い数値しか出ておりません』

札幌の焼却灰もそれなりの数値は出ているのですね、、、
って事は、釧路もですね(*_*;

これ、ご存知でしたか?
環境省 広域処理情報サイト
現地からの声
http://kouikishori.env.go.jp/yt/

投稿: bun | 2012年3月30日 (金) 11時12分

はじめましてenimoです。
いつもためになる情報を感謝ですo(_ _)oペコッ

こちらがどうしても気になったので貼り付けさせていただきますね。

震災瓦礫が欲しいのに... 南相馬市長
http://www.youtube.com/watch?v=2aqclkwpDEM&feature=youtu.be
「瓦礫を土台にした防潮林をつくるという計画を昨年5月から国や県へ要望してきた。しかも南相馬の瓦礫だけでは足りないから宮城・岩手の瓦礫も受け入れたい。」
→環境省「被災地内での移動は考えてません」

投稿: enimo | 2012年3月30日 (金) 13時21分

いつも、一体なにが本物の情報なのか、
混乱します。

近頃のニュースなどでは、【瓦礫受け入れ賛成が9割近く】いるような報道が多いです。
そして被災地では【瓦礫受け入れてもらわないと困る】と言っていることがニュースで取り上げられています。

インターネットでの情報といえば
『被災地では瓦礫は地元でやりたがっている』


本当はどっちですか?

私には、全くわかりません。


たとえば、放射性物質が問題だとしたら、
被災地で焼却することは、再度被爆する可能性があるわけで、、


どうすることが一番良いのか、
私には全くわかりません。


もちろん、地元には瓦礫はきてほしくありません。

被災地の方からしたら、私は酷い人間かもしれませんが、
その代わり、それ以外の方法でならいくらでもできる範囲で協力したいと思っています。

他の協力なんていらない。瓦礫だけ受け取ってくれといわれたら、
私は何一つ協力はできないかも。

瓦礫が来て農作物からセシウムが出てしまったら、私の実家のような農業は
終了ですよね。

私たちは、安心の食材を求めている方のみに対しての農業です。

安心なものでなくなったら、私たちは自給自足するのみ。
生活するためと割り切って野菜を販売したりなんかできないから。。

そうはなりたくないです。
そう思って瓦礫受け入れ反対をしていることが自分勝手といわれるが、
私はただ自分の生活をまもりたいだけ。
それのどこが悪いのか詳しく説明して頂きたいです。
勝手なことをぺらぺらとテレビでインタビューを受けえている主婦たちに。

投稿: musume | 2012年3月30日 (金) 21時07分


3月26日の院内交渉によると福島県には
ガレキ処理ができる産廃業者が多いことは環境省は充分把握しています。
ただし、原発事故処理に伴う中間施設設置のみお願いすることになっているんだそうです。
環境省の都合でそう決まっていると若手キャリアが答えています。
だから南相馬市はガレキをもらえないんですね。環境省の都合は地域住民の都合に優先。おかしな話です。

札幌の上田市長、つくづくうらやましい。
釧路町長と釧路市長に、この半分でも住民への配慮があればと思います。
札幌市長の文章の文面からするとセシウム合算bqですよね。
釧路市の焼却灰も気になりますね。
釧路市の測定室利用状況も含めてインタビューしてみましょう!
許可がもらえたらコメント欄にカキコいたします。

MUSUME様
志の高い農業者の熱い気持ち、ありがとうございます。
3年というガレキ処理期間が延長されれば
広域処理は全く必要がないことが広く知られるべきだと思います。

投稿: のぬけす | 2012年3月30日 (金) 21時47分

bun様、MUSUME様、のぬけす様、おはようございます(*・ω・)ノ
enimo様、こちらこそ初めましてo(_ _)oペコッ

最近の自民党のアンケートじゃ瓦礫受け入れ反対が圧倒的でしたがねぇ。
瓦礫受け入れ賛成は野豚が瓦礫受け入れたらお金あげるよーって言ったら
手を挙げた市町村なんじゃないですか?┐(-。ー;)┌
市民レベルじゃ反対の方が多いと思いますが。

放射能物質は集中管理が基本原則のはず。
とても言いにくい事ですが、福島の汚染の酷い地域は
いくら除染したって結局は効果は無いでしょう。
いくらかは線量は下がるかも知れませんが、絶対にゼロにはならないから
そこに住むってことは長期的に低線量被爆を被るってことで。
それなのに健康被害は無しって言ったらそれは嘘になるでしょう。
古里を失う人たちには酷なことですが、汚染度の高い地域は
人が住むって前提を外して、放射能物質(瓦礫も含む)管理地域にすべきだと思います。
片腕が壊死したら、それを放っておくと全身に広がって結局は死んでしまいます。
腐った腕は失いたくないけど死にたくもないってのは無い物ねだりです。
今は感情論じゃなくて、理論的に現実的に対処しなければならいのではないでしょうか。
「痛みの分かち合い」はセンチメント(笑)です(#゚Д゚)っ


投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2012年3月31日 (土) 06時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/44640010

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年3月30日釧路市内放射線量測定:

« 2012年3月29日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年3月31日釧路市内放射線量測定 »