« 2012年3月27日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年3月29日釧路市内放射線量測定 »

2012年3月28日 (水)

2012年3月28日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h
定点測定のこの場所も雪解けでやっと土が出てきましたよ~

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

曇り、時折北西の風マイナス5℃の早朝に測定。

東京渋谷 コバルト60音頭 ドドンがドン

Mt2

 フェアウィンズは、原発周辺の避難だけでも軽く1兆ドルを超え、何世代にも渡り居住不可能となると考えている。
  数週間前に東京の5ヶ所で土壌サンプルを採取した。場所は適当に選び、とくにホットスポットを選んだわけではない。
 分析の結果、全サンプルとも米国では放射性廃棄物として扱うべきレベルで、テキサスの処分場に送らなければならないことが判明した。
 ワシントンDCから100マイル圏内にいくつも原子力施設がある。東京は福島原発から約200マイル。
 その土壌が放射性廃棄物並みに汚染されている。我々の首都も容易に汚染されるだろう。
  日本で起きたことを教訓に、新規も運転中の原発も、運転許可を与えるには、
  避難や汚染による損失を含めてコスト利益分析をすべきだというヤッコ委員長の意見を支持する。

渋谷区、鎌倉、千代田区(公園、ビル屋上)、日比谷公園の5ヶ所
セシウム 137: 18 - 167 pCi/g (666 - 6179 Bq/kg) セシウム 134: 19 - 137 pCi/g (703 - 5069 Bq/kg) コバルト 60: 9.1 -40 pCi/g (336.7 - 1480 Bq/kg)

                                                                                 (訳:魑魅魍魎男、阿修羅)

タイ王国におけるコバルト60による放射線被ばく事故
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-03-02-17

5.放射線被ばく線量等
 60Co線源による放射線被ばくは、廃品処理場で治療器が解体され、人々に気づかれずに、スクラップの山に紛れた2000年2月1日から、線源が鉛容器に納められ、処理場から撤去され、放射線レベルが外部環境と同様の自然放射線レベルにまで低下した2月20日までの約20日間に発生したものである。
 放射線病理学的見地から被ばく関係者は4群に分類されている。1群は廃品処理場で治療器を解体した者4名、2群は廃棄物処理場の作業員とその家族6名である。これら両群の人々の被ばく量が最大であった。線量はおよそ2Gyと推定されたが、うち4名は6Gy以上であった。その内の3名が被ばく後、2か月以内に死亡した。3群は廃品処理場の付近に居住する住民で、その後の調査により、彼らの被ばく量は、いずれも大きくないことがわかった。4群はOAEPの係官等および線源の発見・回収作業従事者で、最大被ばく量は32mSvであった。タイ当局は、事後の医療措置についての助言を求めるため、2000年2月21日に国際原子力機関(IAEA)に対し、主として事後の医療協力を要請、国外の医療および放射線防護専門家等と国内専門家等の意見交流ならびに主にIAEAによる事故の総括が行われた。

上の記事って以前にTV番組の奇跡体験!アンビリバボーでやっていたネタですよね( ゚д゚;)
タイの被爆事件よりはずっと薄いんでしょうけど渋谷でも。

東京渋谷、今でも普通に人がいっぱい居て、全く普通ですよね・・・(・´ω・`;)
でも今の東京ってチェルノの基準では危険区域っていうじゃありませんかΣ(゚Д゚;)ーッ!
いつも報道ではヨウ素やセシウムのことばかりが取り上げられますが
調査されていないだけで、実は東京は様々な放射性物質で汚染されているはずで(=ω=)
知らぬが仏ですか
実体が知られた頃にはたぶん仏に(`;ω;´)
ほんとに現実の事として考えたくないんですが
数年後が恐いです:(;゙゚'ω゚'):プルプル

60cm

|

« 2012年3月27日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年3月29日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

アーニーさんエイゴなんですね。
この言語がわかれば世界の情報にアクセスできるのに・・
英語のヒアリングができないのは私だけではないと思います。
この状態は政権運営上都合がいいのでしょうね。

α、β核種の測定結果は伏せられたままでの
放射性ガレキ受け入れは
善悪の判断材料もまともにでていませんね。
東京も静岡も見切り発車してしまったということですか・・
今日も、宮城県では焼却がすすんでいるのでしょうね。
旅客機内でガイガーのスイッチをいれると
羽田から茨城をすぎたあたりで
デインジャラスバックグラッウンドという表示がでるそうです。毎時0.2μSv超。

投稿: のぬけす | 2012年3月29日 (木) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/44652461

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年3月28日釧路市内放射線量測定:

« 2012年3月27日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年3月29日釧路市内放射線量測定 »