« 2012年3月25日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年3月27日釧路市内放射線量測定 »

2012年3月26日 (月)

2012年3月26日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

晴れた感じ、無風。マイナス3℃の早朝に測定。

広瀬隆「第二のフクシマ・日本滅亡」東海原発廃炉から始まる新時代

茨城での広瀬隆じいちゃんの講演、2時間54分の動画です。
私もけっこう広瀬節に慣れたのか、これ見ていて顔面蒼白にはなりませんでしたが
もちろん、内容はコワイお話満載でした。

1

2

今回の講演で新しかったネタはガンダーセンさんのお話でした。
地震でふくいち四号機が倒壊しなくても、核燃料プールにヒビが入るだけで
ニッポン終了です:(;゙゚'ω゚'):プルプル

3

これから起こるであろう巨大地震の解説も盛りだくさんでした。
これまで存在しないとされてきた茨城県周辺の活断層の存在!(゚ロ゚ ;)エェッ!?

4

防波堤を高くしたり非常用電源を高い場所に設置するから
ストレステストOKなんて、ぜんぜん安全なんかじゃない!
人間のやっていることなんてあまりにチンケです・・・(・´ω・`;)
自然の力に勝てる原発なんて存在しないのです。
防波堤なんてぶっ壊し乗り越え、
高い場所に非常用電源を設置しても、原子炉施設までの送電線が
破壊されるので無意味。

5

東海原発だけじゃない、東海再処理工場もあって
そこには高レベル放射性廃液がいっぱい!
しかもそこは海抜僅か6メートル。
もし事故って外部に放出されたらふくいちの100倍のセシウム量!

6

昔、恋の綱わたりという歌がありましたが
現在のニッポンは原発事故の綱わたり状態
3.11はたままたなラッキーがあったから、現在私たちはこうして
生きていられていますが、それはたまたまなラッキーによるものですヽ(*´▽`)ノ

7

もしも運の尽きが来て、六ヶ所村が事故ったら
日本はおろか、地球人類滅亡の時です ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ク、クルシィ

8

がんばれニッポンは放射能汚染世界一です!\(^o^)/
チェルノ先輩なんて楽勝でした!(`・ω・´) b
今現在も毎日お漏らし中ですからw

9

これ、マジで恐い((( ゚д゚;)))プルプル
レントゲンに感光しているのはホットパーティクルです!
こ、これは、つ、つまりは人間の肺のな・・・・・か(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

三時間でも広瀬じいちゃんはまだ話し足りないんでしょうね
もう70になるのに、お元気です(^ω^)
でももうほんとに恐い、この国に居たくないって言ってましたね
お孫さんたちと海外へ脱出して残りの余生を過ごせばいいのにネ。
今回の講演でも話していましたが、全国の原発を停止させても
そこのプールに大量にある燃料棒を安全に処理しないかぎり
巨大地震が発生したら、そこで日本は終了になるんですから(´・ω・`)

Photo

|

« 2012年3月25日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年3月27日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

せめて原発の稼働はしないでほしいです。

のぬけすさん
私は瓦礫受け入れは絶対反対なのですが、
市民運動の論点を合わせることは、確かに重要ですよね。

小出先生は
「放射能に向き合うときの原則というのは、なるべくコンパクトに集めて、その場で閉じ込めるというのが、放射能に向き合うときの原則なのです。で今日本の国は、全国にまずばら撒くということを言ってるわけですから、もともと原則に抵触して、います。それも、既存の焼却施設で燃やしてしまえと言ってるわけですから。そんな既存の焼却施設は放射能に対する抗力はもともと無いような施設ですから。そんなことはやってはいけない、のです。そして出てきた焼却灰も、それぞれの自治体で埋めてしまえと言うようなことを言ってるわけで。それも、そんなことはやってはいけないことなのです。ですから、国の今のやり方を受け入れるなんてことは到底認めてはいけません。国のやり方には私は明確に反対だと言ってるわけですが。今のガレキをこのまま放置しておくと、その、放射能ってのは移動していますので、え、ガレキから汚染が周辺に広がっていってしまうし。子供たちがまた、被曝をしてしまうという事になりますので。ガレキは早急に始末をつけなければいけません。その方法の1番いいのは、それぞれの汚染地に専用の焼却施設を作ってそこで焼くというのが本来のやり方です。ただしこのでたらめな日本という国がですね、一切それをやらないまま、全国にばらまこうとしている、のですね。ですから本当にけしからんことだと、私は、思いますし。一刻も早く、その汚染地に専用の焼却炉を作るように求めるべきだと、思います。」
とラジオで言っていたようです。
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65796455.html

それから、今日見たのですが、木下さんのブログで瓦礫焼却のバグフィルターが
「物質収支から算出されたCs137の除去率=65%
排ガス分析から算出されたCs137の除去率=53~62%
つまり、異なる観点からの算出で、双方とも同程度の除去率と判明しました。およそ、40%のセシウム137が放出されている可能性がかなり高いということです。論外です。セシウム137はとれていません。」
とのことでした。
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/653ca9bfcb7d861f9ad0bd251af51103

99.99%だとしても、放射性セシウム100ベクレル/kgの瓦礫を1万トン焼却したときに出る灰に含まれる放射性セシウムは、
総量で10億ベクレルになります。
10億ベクレルのセシウムのうち、きわめて低い試算として0.01%が焼却場の煙突から漏れると、
大気中に10万ベクレルが放出されることになるので、危険と思っていましたが
もし除去率がもっと低かったら、ますます危険が大きいと思いました。

投稿: あきこ | 2012年3月26日 (月) 14時00分

ガイガー様 復活おめでとうございます。
直径1ミクロンのホットパーティクルがヨウ素131だけだった場合366,000 Bq
セシウム137だけだったら73.1 Bqと試算を見つけました。
 1つぶ36万6千べくれる   フイルターにあるいは肺に何粒ありました?

バグフイルターが99.99%何をトラップしているのか
いつまでアロカの線量計で内部被曝を測ったふりをするのか
フイルターは誰がどうやって交換装着するのか
汚れたフイルターはどのように処理保管されるのか
のらりくらりと不誠実な行政の態度に、翻弄される市民。
セシウムの気化温度は700度くらいですから、排気を冷却してみますか。

投稿: のぬけす | 2012年3月26日 (月) 20時53分

あきこ様、のぬけす様、おはようございます(。・ω・。)

処理場で使われているバグフィルターの各メーカーに問い合わせたら
どこのメーカーもうちの製品は放射能を除去できるなんて言っていないと
答えたそうです。
最近、YouTubeのトップページにでかでかと環境省の絆だの
瓦礫を受け入れて助け合おう!みたいな広告が出てました。
北海道や九州にまで汚染物質を拡散して
いったいこの国の政府はなにがやりたいんでしょうね?
民族の滅亡ですか?ヾ(*`ω´*)
安心して食品買える産地が無くなるじゃないですか(`;ω;´)

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2012年3月27日 (火) 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/44627588

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年3月26日釧路市内放射線量測定:

« 2012年3月25日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年3月27日釧路市内放射線量測定 »