« 2012年3月24日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年3月26日釧路市内放射線量測定 »

2012年3月25日 (日)

2012年3月25日釧路市内放射線量測定

New0916

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h
外はほぼ無風のマイナス3度くらい
雪は止んだ模様、曇り空の東側が明るくなりつつある早朝に測定

25disper

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーションと今日一日の風向きは
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらからご覧下さい。

政府、汚染の深刻さを未だ理解せず

医師としてボランティアでチェルノブイリ事故後、ベラルーシに赴いて医療活動に従事し
現在、長野県松本市長である菅谷 昭氏が金融新聞のインタビュー記事
で福島の事故後一年を振り返って答えています。

全文はこちらへ
http://www.fng-net.co.jp/itv/index.html

――福島の原発事故から1年。この間の政府の対応を振り返って…。

菅谷 今年1月、日本政府は原発事故の放射能汚染問題や健康被害の情報を得るために、チェルノブイリ原発事故を経験したウクライナ共和国と協定締結方針を定め、続いて2月には隣国のベラルーシ共和国とも協定を結んだ。私としては、「やっと、か」という思いだ。私は福島で原発事故が起きた当初から、放射能汚染の問題についてはチェルノブイリに学び、チェルノブイリから情報を収集することが大事だと訴え続けていた。また、原子力安全委員会は今年2月に、ようやく原発から50Km圏内の全戸にヨウ素剤を配布すると提言したが、私は事故直後からヨウ素剤服用の重要性を説明し、さらに服用に関しては、基本的には被曝する前に摂取しなければ効果が低いということも言ってきた。遅きに失したが、チェルノブイリ原発事故を知る現地の研究者たちと交流を始めたことで、政府内には治療方法や汚染の詳細データ、原発事故による健康や環境への影響についての情報が出回り始めたのだろう。私としては、なぜ、それをもっと早くやらなかったのか、正直大変に驚いている。結局、政府はいざという時の対応が全く出来ていなかったということだ。

――まだまだ伏せられている情報がたくさんある…。

菅谷 汚染マップなどが一般公開されなければ、国民は情報を得ることが出来ず、正確な判断が出来ない。中でも私が心配しているのはストロンチウムについての情報だが、仮に政府がその情報を持っていて、敢えて表に出さないのであれば、それは隠蔽だ。また、甲状腺がんを引き起こす原因となる放射性ヨウ素の汚染マップも出されていない。今、手に入るセシウム汚染状況を見るだけでも、放射性ヨウ素に汚染されている人が予想以上に存在するのではないかと心配している。そもそも日本では、放射能汚染基準として世界中が採用しているチェルノブイリ基準を採用していない。これも驚くことだ。さらに、「シーベルト」という単位と「ベクレル」という単位を平行して使っているということも、色々な判断を行う際に混乱を招いている一つの原因だと思う。出来れば「ベクレル/平方メートル」で統一すべきだ。1年前から私がずっと叫んでいたこのような声が届いたのか届かないのか分からないまま、1年が経ってしまった。この間にも放射能汚染地域に住んでいる方々は被曝し続けていると思うと、いたたまれない思いだ。
                        ~インタビュー続く~

5年間もチェルノブイリの厳しい実態を体験したこの市長にとって
今の日本の政策は無策としかとれないと感じて当然なのだろう。
ベラルーシの隣国、ポーランドが取った素早い汚染対策についても
早くから言及してたのですね。
チェルノブイリを良く知る素晴らしい人材は他にもいるはず。
そういった人々の意見で命を守っていってもらいたい。
             

Mipokosama

脱原発ポスター展より mipoko 様の作品

本日、管理人風邪の為、助手見習い中が担当いたしましたm(_ _)m

|

« 2012年3月24日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年3月26日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

助手さん、アップありがとうございます。
釧路さん、風邪大丈夫ですか?
無理なさらず、身体を休めてくださいね。

投稿: あきこ | 2012年3月25日 (日) 07時04分

助手さん、おはようございます(^^)
ガイガー釧路さんはやはり風邪でダウンされましたか…
お大事にしてくださいませ、、、

菅谷さん…『原発維持派』です(*_*;

>今朝は東の空がシマシマ雲になっていますよ!
>これって地震雲とかじゃないんですか?(;゚д゚)
釧路は震度2でしたね~
私もシマシマ雲見たかったです、、、

北大の森谷先生情報は仰るとおりですが地震の発生時期はまだ不明とか?
ただ、いつどこに来てもおかしくない状況なんですよね~(;´д`)

投稿: bun | 2012年3月25日 (日) 09時24分

助手様分,bun様 菅谷先生は当然反原発だと思ってました。市長の立場上、ゆずって維持派なのでしょうか?

今日の地震は前兆があったのか
揺れる少し前からうちの犬2匹は
むくっと立ち上がり阿寒方面をみて緊張していました。

ガイガー様
この季節に屋外で眠って、風邪をひくだけで済んでいるガイガー様はスーパーマン?
お大事にしてください。
気功のアドバイスありがとうございます。
ガイガー様もかなり痛みを伴う症状をお持ちだったのですね。
その状態にありながら気功を正しく理解実行し、
結果を出されたとはやっぱりスーパーマンですね。
前回の緩解期は楊式太極拳24式を続けていました。
とても体調がらくになり、ウォーキングまで始めました。
湿原マラソンハーフにもトライ。楽しすぎて体調を崩し炎症期へ再突入。
かなりおばかです┐(´д`)┌ヤレヤレ

先月から、まっすぐ立てるようになってきたので
呼吸法をたまに実行しています。

投稿: のぬけす | 2012年3月25日 (日) 13時49分

あきこ様

小出先生はガレキ処理について市民運動のポイントがずれていることを指摘していましたよね。

受け入れることに反対をするばかりだと受け入れ派が多数になってしまった時に

既存の焼却施設で、あるいは性能の確認されないままのフイルター装着の焼却施設で処理される。

高い濃度の放射性物質となった焼却灰はまとめて封じ込めるかわりに

薄められて海や大地に放置されることになる。

まず被災各県において安全なガレキ処理のお手本を

最大限示してもらうことを前提に受け入れも選択範囲にいれるべき?と思う日もあります。

投稿: のぬけす | 2012年3月25日 (日) 14時14分

みな様 こんばんはぁ!
3月もあと一週間ですが、今日は寒いですね。

あきこ様 こちらこそコメありがとうございます。
管理人は好きな事して風邪ひいたのですから
意地でも瞬時に回復することでしょう。

bun 様 えーっ!そうなんですか?
人を救う立場で容認派であれば、究極のダブルスタンダードですね。日本の医学界は広瀬おじいさまも激怒する日和見派。ドイツの脱原発はドイツの医師会の働きも大きかったと聞きます。
菅谷市長個人では反対派と信じたいです。

今朝の雲はシマシマでしたが、私は割とよく見る雲だった気が、、、。
でも、その後のグラッは、一瞬来たか!?と思いましたょ。

のぬけす 様 
管理人はスーパーマンと言うか、人間で無い事は確かですよ。
地震探知犬?すごいなぁ。人間が失った自然の異変を察知する能力があるんですね。
私もそれを取り戻すため?八段錦や呼吸法実践してますよ。でも24式は覚えられないオバカです。

投稿: 助手見習い中 | 2012年3月25日 (日) 18時18分

のぬけすさん、助手さん

菅谷市長は昨年末TBSの番組に出演されていました
当然「放射能危険派」でしたが、原発については「維持派」
私の記憶では、放射能についての危険性は饒舌にお話されてましたが
原発の話になると発言は全く放送されていなかったと思います

北海道がんセンターの西尾所長が「放射能危険派」
「脱原発派」として出演され、放射能の危険性を
懸命に訴えていたのが印象に残りました
先日の「北海道の朝まで生討論」にも出演されてました

ガイガー釧路さんの風邪がうつったのか^^;風邪?気味で~す
私も病気があって薬を服用してるので症状が軽いうちに治そうと、
葛根湯飲みました。 今日は早く寝ましょ、

あ、のぬけすさん家のワンちゃん凄いですね!
野生の『カン』…なのでしょうか、賢いわんちゃんが2匹もいて羨ましいです(^^)

投稿: bun | 2012年3月25日 (日) 21時24分

bun 様 おはようございます!

ネット経由で風邪がうつってしまたのですねぇ(;д;)
暖かくしてお大事に

テレビの情報操作、発言削除の話は良く聞いたりします。
削除されたであろう?部分が一番聞きたいところだったり、、、。

投稿: 助手見習い中 | 2012年3月26日 (月) 06時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/44535468

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年3月25日釧路市内放射線量測定:

« 2012年3月24日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年3月26日釧路市内放射線量測定 »