« 2012年3月13日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年3月15日釧路市内放射線量測定 »

2012年3月14日 (水)

2012年3月14日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

ほぼ無風。細かい雪がちらちらと落ちてくるマイナス5℃の夜明けに測定。

小出裕章:4号機燃料プールが崩壊すれば日本は"おしまい"です

4号機燃料プールが崩壊すれば日本の終わりを意味する (ZDF)

"おしまい" "終わりを意味する"・・(´Д`;;)・・・

武田先生は1+1=2みたいに、科学的見地から考えるなら
誰だって同じ見解に至る、みたいなことを言っていましたが
小出先生もガンダーセンさんも、原子物理学のエキスパートなのに
なんでこんなに武田先生と見解が違うのでしょうね (^ω^)?

頭上で核ミサイルが炸裂したら一瞬で身体が蒸発して痛みや苦しみを感じることすら無いだろうけど
四号機が問題発生で日本が終わるときは、時間をかけてジワジワ痛みや苦しみいっぱいで死にそうで
なんかすんごく嫌だなぁ(;ω;)
燃料棒の取り出しが早くて来年の12月なんて、それまで大きな地震無しでいられるかな( ゚д゚;)

広瀬隆 釧路講演追加情報!

予約受付→ yasai@sidhi.jp (川原)
6月2日(土)まなぼっと 大ホール13:00~  開場は12:00

|

« 2012年3月13日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年3月15日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(^^)
今日は春を感じさせる日差しですね~♪

こんな話題取り上げるのは今やここの局だけではないでしょうか?
メルトダウンした日からfujisunを見るようになりました( ̄ー* ̄)キラン

>4号機の燃料プールが崩壊したら、燃料は原子炉建屋下部に落ちるが、
>そこで再び水で覆われるので、放射性物質が飛散するのは少量にとどまる。
って、武田先生は仰ってます^^;
下に落ちたらまたプールがあると?途中で引っかかるとか、下の瓦礫は忘れてる?


>ガイガー釧路さん
私は新釧路川河口からの距離を想定してました~
これ使って見てください 距離
http://www.benricho.org/map_straightdistance/
標高
http://www.benricho.org/map_elevation/

ガイガー釧路さんが人工地震否定派で、助手見習いさんは肯定派?
私はガイガー釧路さんと全く同じ考えです
そこまで人間終わってないと信じたいの(*_*;


>のぬけすさん
ぬまゆさん情報ありがとうございますo(_ _)o
実際「ショック・ドクトリン」効果はあったんですよね…
でも、私は自然現象と思いたい^^;


>ケタケタさん
 >地震について長く勉強を重ねて来られた方の見識…
そんな立派な事してませんよ~!!(汗)
ちょっと(私としては命がけ(*_*;)事情がありまして、、、
地震が予知できたら良いのに…と情報を拾ってるだけです(^-^;
日頃から避難場所、避難経路の確認は大切ですね!

投稿: bun | 2012年3月14日 (水) 13時21分

こんばんわ
さっきまでサイドバーリンクから強震モニター見てました。連動して怖かったです。
震源を結ぶラインがほほ直線 福島女川東通に六ヶ所Σ(;・∀・)

ケタケタ様
すいません。私はそんなスペシャル人間ではありません。
ガイガー様のデータ観測に影響された、初心者危険厨です。
脱原発釧路には長い経験を持つ方がいまして国内にネットワークをひろげています。
そのお手伝いなんですよ。

ケタケタ様こそアウェイな空気の中、
活動を持続するのは大変なことでしょう。
私は子どもがいない分、余裕がありますから
忙しいお母さんに替わって市民活動をしているつもりです。
お互い無理せずに継続してゆきましょう。

投稿: のぬけす | 2012年3月14日 (水) 21時21分

メールアドレスが同じですが、以前、別の名前で何度かコメントさせていただきました。
 北海道の仲間につながっていただき、この度、「ベクレルフリー北海道」というネットワークを作ります。
このゆるやかなつながりは、原発の賛否を問わず、過去に出された様々な由来の放射能から身を守りつつ、「科学的見地で精密に測ることが当たり前の社会」を目指し(つまりはベクレルフリーを目指し)ていく動きを作り出していきたいという仲間の情報交換を目的としています。
 放射能がある世界になってしまったこと、それは事実です。でも、それを受け止めた上で、暗くなることなしに、できるだけの努力をしている一次産業従事者、ベクレルフリーメニューを出しているレストランなどのサービス業を応援したり、流通している食品や食材で私たち自身も美味しい食卓を囲みたいので、「今日はこんなメニューを食べたよ」(十勝の**さんの測定済み野菜+ブラジルの鶏肉料理の紹介など)などという明るい話題も、ベクレルフリーミール試食会などを通じて提唱できたら嬉しいと考えています。
 そして、極めつけは、北海道が「ベクレルフリー宣言」できるほどに、放射能測定をして安全なものだけを流通する「約束の地」になること! 
 だって・・・安心して食べたいんですもの。
 セシウム煙草のことも災害瓦礫の受け入れも、生パルプ工場からの放射性排気も子どもの給食も心配・・・
 放射能と名のつくものには総てNOと言いたい。
 だから、ベクレルフリー! 
 今後、イベントなどを全道で開催するとき、この名まえのネットワークで動きます。繋がって一緒に情報を共有していただけると嬉しいです。

投稿: ベクレルフリー北海道 | 2012年3月14日 (水) 23時00分

bun様、のぬけす様、ベクレルフリー北海道様、
こんにちは(^^)
今日は冬を感じさせる日差しですね~♪
未明のウォーキングで滑って三度も激しく転倒して体中が痛いです⊂⌒~⊃。Д。)⊃

昨日は二度は地震の揺れを感じましたね
昨年の3.11直前もこんな感じの揺れが釧路でもあったけど
今日とか明日とかにデカイの来ないでしょうね(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガク
地震、津波、放射能!3.11以来、なんか毎日がジェットコースターに乗っているようで
落ち着かない日々(´Д`;;)・・・
いろんな意味で今のの日本に安心なんて滅多にお目にかかれない。
そんな今の日本で『北海道が「ベクレルフリー宣言」』ができたら凄くイイですよね(`・ω・´) b
>放射能測定をして安全なものだけを流通する「約束の地」になること! 
正直、毎日が何を食べたら良いのか判らなくて困り果てています。
ほんとに「約束の地」になってくれたらと・・・・・・。
でも汚染瓦礫とかが入ってきたら「約束の地」も難しくなるでしょうね(=ω=)
高橋はるみ知事、アレなんとかなりませんかね?( ̄ε ̄ )

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2012年3月15日 (木) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/44477148

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年3月14日釧路市内放射線量測定:

« 2012年3月13日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年3月15日釧路市内放射線量測定 »