« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

2012年2月29日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

薄雲って時折西風が吹くマイナス11℃の夜明けに測定。

Arnie Gundersen:日本政府は #東電 を守る事を最優先し国民を守るのは二の次

何故に原発は爆発したのかについての詳細でテクニカルな解説。
ふくいちは電源損失が爆発の原因だと言われているが
電源が大丈夫であっても冷却用ポンプが海側にあって、それが壊れたから
結局は爆発になったでしょうと。
事故後の住民避難などの対処についても見通しが甘すぎ。
政府は国民なんて二の次、東電を守ることしかやっていない。
原子力を規制するはずの機関が原子力産業と癒着状態なのが弊害となっている。
瓦礫処理等、日本政府が進めている薄めて拡散は
結果、将来的に大きな問題を生み出すことになる。
地震大国日本は原発の推進よりは代替エネルギーなどの、別なテクノロジーを
発展させていくべき。
高い人口密集率と地震発生率を考えると、日本に原発を作るのは適切ではない。
想定外の事態を考慮していないストレステストは安全基準とならない。
日本のような地震大国でも耐えられるような原発を本気で作るなら
それはもの凄いコストになるから代替エネルギーに替えた方が良い。
プルサーマル発電が事故った場合はプルト君が大量に放出されるから
ふくいちよりも被害は甚大になる。
放射性廃棄物や使用済み核燃料のリサイクル処理についても
地震が多い等の日本の条件を考慮すると
自分(ガンダーセンさん)としても、適切な解決策は見いだせない。

1時間36分の動画の中でガンダーセンさんが述べられたことは上記な感じ。
ふくいち事故直後に処理に当たった人たちへの最大限の賛辞を繰り返していました。

バズビーさんが来日したときは水はペットボトルで、成田から日本を離れるときは
滞在中に着ていた服を捨てていったそうですが
ガンダーセンさんは会見中に何度もコップの水を飲んでいたけど
あの水はどこの水だったのでしょうね?
そしてアメリカへ帰るときには成田で服を捨てていったのでしょうか?
この記者会見動画を見ていて、そんなどーでもいいことがやたらと気になっていましたf^_^;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

2012年2月28日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

無風の快晴。マイナス16℃の夜明けに測定。

教育は戦前の暗黒時代へ・・・教育関係者の魂に期待する
http://takedanet.com/2012/02/post_3926.html

福島では小学校教育でまるで戦前に戻ったかと思う教育関係者の発言が見られる。

ある小学校では、福島から避難することを口にした児童を教諭がみんなの前で名前をよび、「あなたは日本国民ではありません、裏切り者です」と言った。

さらにある小学校(特定しています)では登校時にマスクをした児童に対して、先生が、「マスクを取りなさい! その様な行為が風評被害を招くのです!」と叱った。

・・・・・・・・・
                                                                                by.武田邦彦

( ゚д゚)・・・・・・・・・
なんというメンタリティー!
でも武田先生は教育関係者とやらを買いかぶり過ぎすぎてんじゃない?
この記事の前の記事、医療崩壊か?・・・医師の自重を求めるもそうだけど
教育関係者も医師も、あるいは警察とかだって、教師や医師や警察である以前に
ひとりの人間なんだからねえ。
職業や肩書きはただのレッテル、仮面であってその人物それ自体じゃないでしょ?
教師や医師は聖職=人格者
これはたんなるイメージであって事実じゃない、事実は人間であるということだけ。
教師が医師が、じゃなくてこれは人間問題だと私は思う。
人間が教師や医師をやっているのであって、教師や医師が人間をやっているのじゃない。

この国は試験の点数ばかりを重視して、人間の教育は蔑ろにされてきた。
私が中学のとき、担任が英語担当の教師で、中間テストなどの点数が悪いと
当たり前のように道徳の時間を潰して英語の授業をやっていたものでした。
ただ受験のための勉強だけをやって、人間については何も教わったことはありませんでした。
学生においては成績、社会人になれば企業利益、そこに人間性は不在です。
この社会には潜在的な『人間問題』があらゆる場所に在るのです。
この国は、人間を育ててはこなかったからです。
そして、そんな人間によって運営されているこの国は今、人心もメルトダウンしています。

問題を起こして職員室に呼ばれることが度々ありましたが
いつも職員室は煙草の煙で霞んでいて、先生方もそうとうに病んでいるなと
当時の私は思ったものでした( ´Д`)y━・~~・・(・д・;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月27日 (月)

2012年2月27日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

北風。細かい雪が降るマイナス6℃の未明に測定。

@アーニー・ガンダーセン2/20まとめ
私は福島と同じ型の原子炉を長年見てきて 研究における様々な資格や権利を持っており
原子炉を動かす事もできアメリカでは原子力安全委員会の 副理事までしている 私を舐めないで欲しい

事故が起こるなら欠陥のマークⅠだろうと家内と話してました マークⅠは格納容器が小さくもっとももろい
日本は地震が多いのに何故作ったのかわからない が地震が起こる事はわかっていたので修正をすべきだった
規制当局と東電との関係が密接すぎた 1号機は地震に耐えたかどうかわからない、地震で倒れた可能性が高い
非常用のディーゼル発電機が地下に置かれたのは重いものだったので 日本は地下に置いた、津波は考えていなかったのではないか
非常用ディーゼルが仮に動いても海からのポンプが壊れていたので メルトダウンは避けられなかったと思う
福島第2がメルトダウンしなかったのはポンプが第1と違いきちんと 指摘した事を修正した 福島第1は修正せずそのままだった
今後の問題は海沿いにあるポンプをどう守るかだ 1号機と3号機の爆発の違い 3号機の爆発は音速より早い衝撃波が起きた
格納その物を構造的に壊す爆発だった 私はすぐにこれはレベル7の事故だとTVで話していた
がアメリカの安全厨はレベル5だといいやがった この違いは避難というレベルでまったく違うものだった
現場にいる人はレベル7の大事故だとわかっていた筈だった しかし現場から本部に連絡が行った時に東電が隠蔽した
スリーマイルの廃炉の際、燃料を取り出すという行為だけで 20億ドルかかっております 福島の炉は沸騰水型で底が70ほどの穴があり
メルトダウンし易く格納容器にたまる可能性もある スリーマイルは加圧式型なので穴が上部にあるので溶け落ちず助かった
福島の事象は世界で最悪の状態で取り出すテクノロジーがありません これからのテクノロジーの発展にかかっております
福島の現場のクリーンアップだけで600億ドルかかる思います トータルだと2500億ドル必要だと思います
20年間に100万人が癌になる可能性が危惧されております スリーマイルアイランドの知見で出した数字です
ノースカロライナ大のスティーブウィング博士の疫学に基づいたものです すでに福島で肺癌発症率が20%程度上昇している
何かに混ぜて行う廃棄物の処理があまりに間違っている 放射能というものは汚染が300年続くものです 頭大丈夫ですか?
日本国政府は事態の深刻さを理解していないと思います もう原発辞めたら? 日本の技術をもっと違う方向に持っていきなよ

Q 官僚主義で日本のせまい国で54基作ったですがどう思いますか?
A 原発を設置するには3つのポイントあると思います 1つ目冷却水の確保、これはOKです ところが2つ目、3つ目がアウトです
世界の地震の10%は日本で起こってます 頭大丈夫ですか? 1000年に1回のレベルに耐える原発を作るのは無理でしょう
お解りの通り3つ目は人口密度です 以上です 安全な原発なんて作ったらコストが凄い事になりますよ ははははは

Q マークの欠陥が日本に伝えられたのか? プルサーマルついてご見解を聞きたいのですが?
A GEは欠陥を認めてません、後付でOKとしております 危険性を訴えてきましたがそんなこんなで関係者で辞めた人が多いです
プルサーマルについてですが机上の空論です 原発の運営・管理よりもはるかに難しいです ははははは

ガンダーセン @記者クラブボツ?記事
福島第一原発のマークⅠ型原子炉について、設計上の問題を列挙した。さらに
①放射能の封じ込めが設計上、最弱②地震・津波の情報無視③東電と規制当局の密接すぎる関係
――-を指摘し、みな同じことしかいわない「やまびこ効果」で安全神話が広がった、と述べた。
住民避難や廃炉、除染の課題をあげ、「日本政府は東電を守ることを最優先し、国民を守ることは第二になっている」と批判した。
また、原発建設の3条件として①冷却水の確保②地震③人口密度をあげ、日本は①は十分だが、②と③からみて、原発は難しい、と述べた。
日本の国土面積は世界の0.3%なのに、世界の地震発生数の10%が集中し、世界のどこと比べても30倍の地震が起こる国だ、と説明。
「100年に一度、ではなく-、1000年に一度のレベルで起こる地震に耐える原発は構造工学上、難しい」と述べ、「ほかの代替エネルギーを探す方が望ましい」と指摘した。
使用済み核燃料の処分方法に-ついて、「私の学生のころから解決策は5年もあればできるといわれたが、その5年は一度も来なかった」と述べ、
ガラス固化法は解決にならない、と説明した。

ガンダーセンさんがせっかく来日したのに公演の様子の動画公開は無かったみたいだね
非常に残念だけど、お上からの圧力でもあったのかな?ははははは

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

2012年2月26日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

一応、晴れか。風は北風みたいなマイナス14℃の未明に測定。

大幅値上げ不可避=「原発停止」で電気料金―枝野経産相
時事通信 2月24日(金)22時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120224-00000184-jij-pol

 枝野幸男経済産業相は24日、民放の番組収録で、
原発を再稼働しなければ「電気料金が5%とか10%とか15%とかいうレベルで
上がるのは間違いない」との見方を示した。火力発電の燃料費増加による
大幅な値上げが避けられないと説明した。
 原発停止が続いた場合、「(今夏は)相当な節電をお願いしないと無理だ」と述べた。
その上で、企業活動や市民生活への影響を回避するため、
安全性の確認と地元の同意を前提に、「(原発を)稼働する必要がある」と訴えた。 

↑この人、放射能はタダチニ影響はありませんなんて言っていたのに
原発を再稼働しなければ電気料金はタダチニ値上げって言いたげだね(#^ω^)
原発が無くなるなら喜んで値上げに応じるよ
それ以上に喜んで徹底節電に協力するよ、全部廃炉にしてくれるならね凸( ̄皿 ̄#)

我が家の家計費では電気代が値上げしたら必然的に節電を徹底しなきゃならないんだけど(;^ω^)…

地デジテレビ無い、携帯電話無い、車無い
貧乏はエコだ\(T▽T)/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

2012年2月25日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.07μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

断続的に北風が吹く曇りでマイナス12℃の未明に測定。
今朝は部屋の中が奇妙に低かったけど外は普通だった。

2月23日発売「週刊文春」の掲載された「郡山4歳児と7歳児に「甲状腺がん」の疑い!」
(執筆:おしどりマコ(漫才師・自由報道協会理事)と文春取材班)について
取材源にあたるエコー検査をしたさっぽろ厚別通内科の杉澤医師が
記事には事実誤認や煽りの言葉があるとして抗議会見を行った。
杉澤医師はこの検査結果を学会で発表する予定であったが、発表の本意と事実とが違う形で掲載されたため、
当事者の報告と真意を伝えたいため、として会見に臨んだ。

配布された資料の正誤表によると、記事タイトルの「『甲状腺がん』の疑い!」は事実でなく、
2次検査を行っただけで結果は良性であること、扱われる数値に何点か誤りがあること、
そして記事副題にある「山下俊一福島医大副学長は『検査するな』とメールを」も
事実ではないことなどが示されている。

会見で代理人弁護士の市川氏は、杉澤医師は取材という認識はなく相談という形で応じていたが、
週刊文春に出るという話は一切なく、掲載通告も間に入ってた被災者を通じて初めて知ったことを
明らかにした。週刊文春やおしどりマコ氏に抗議することについては現時点では考えていないと答えた。

【録画配信】120223 週刊文春に掲載された、北海道への自主避難者のお子さんに甲状腺異常が見つかったことについての記事に対する、抗議の会見
http://www.ustream.tv/recorded/20642071

ナニコレ?結局ガセだったってことか?(*゚д゚) 、
これから先、似たような情報が出てきても ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ・・ってことになってしまう。
糞も味噌も一緒状態に思えて、判別ができないのじゃ・・・。
おしどりマコはオオカミが出たぞー少年にされたのは確実。
ハメられたか?(; ・`д・´)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

2012年2月24日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2_3

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

2

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

2_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

まだ雪が降っていた。北風が強いマイナス2.5℃の未明に測定。

Photo_5

2012-02-23
【スクープ】福島県4歳児と7歳児に「甲状腺がん」の疑い(週刊文春)

放射能、本当のこと?

【小児2人に甲状腺がんの疑い、成人女性甲状腺がん確定】

本日発売の週刊文春(3月1日号)にスクープ記事が掲載されました。
福島県から北海道に避難した子供(郡山市など)に、甲状腺がんの疑いがある、というのです。

誌面によれば、4歳の男の子の甲状腺には10ミリ、7歳の女の子には8ミリの結節(かたまり)が見つかりました。

「今までにこんな例は見たことがありません」
超音波の画像を診た医師は、そうつぶやいたといいます。

小児性甲状腺がんは、チェルノブイリ原発事故で唯一公的に認められた被曝による健康被害です。

さらに驚くべきことに、成人女性一人は、すでに甲状腺癌が確定しています。

【福島県立医大 山下俊一氏、追加検査抑止のメール認める】

週刊文春の取材に対して、福島県立医大の山下俊一氏は、福島で行った甲状腺検査の追加検査を行わないようにというメールを出したことを認めた、と記事には記載されています。

(ソース)
・週刊文春2012年3月1日号(p.26~p.29)

Photo_2_2

ダマシタ(山下)は御用御用といわれてきたけど
これがダマシタが御用である事実の動かぬ証拠となるか!ド━━━━m9(゚∀゚)━━━━ン!!
これまで安全だの安心だのって言ってきた手前
世間的に被爆による健康被害が認知されるのは絶対に避けたいってことか(ーー゛)

広瀬隆じーちゃんがこの人を刑事告発しているけど、それってどーなったんでしょうね?
この国じゃあ、司法に期待する気にもなれないんだけど(-ω-)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

2012年2月23日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

曇り。天気予報や拡散予測は南風って感じだが
近所の公園の交通安全旗を見ると北風みたいだったマイナス9℃の未明に測定。

<甲状腺内部被ばく>国が安全委の追加検査要請拒否
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120221-00000041-mai-soci

 国の原子力災害対策本部(本部長・野田佳彦首相)が東京電力福島第1原発事故直後に実施した子供の甲状腺の内部被ばく検査で、基準値以下だが線量が高かった子供について内閣府原子力安全委員会からより精密な追加検査を求められながら、「地域社会に不安を与える」などの理由で実施に応じなかったことが分かった。専門家は「甲状腺被ばくの実態解明につながるデータが失われてしまった」と国の対応を問題視している。

Photo

この記事読んだとき、一瞬自分が読んでいる記事の内容が何なのか判らなくなった。
それほど常軌を逸している (;゚д゚)
追跡調査を止めた理由が「地域社会に不安を与える」から・・・・・・。
どこまで臭いものに蓋をするつもりなんだ?
どこまで見なかったこと、無かったことにしようとしているんだ!?
この国はどこへ向かっているのだ?
まるで国それ自体がメルトダウンしているみたいだ(;゚д゚)ゴクリ…

Photo_2

この人はそれ(追跡調査止め)を認めるのか?
福島県民はこの人のモルモルじゃなかったのか?
国はモルモルに使うことすら止めて完全に捨て置くつもりなのか?

ほんとにひでえ国で暮らしているんだね、私たち(´・ω・)ω・`)キャー

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

2012年2月22日釧路市内放射線量測定

New0885

木造モルタル二階室内窓際、0.08μSv/h
外はマイナス9℃、室温21℃、風はほとんどない。
新月で晴れている模様 平均値は低めに安定

Photo

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーションと今日一日の風向きは
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらからご覧下さい。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

Photo_3

「ショックドクトリン 大惨事につけ込んで実施される過激な市場原理主義改革」
ナオミ・クライン新著を語る 1

動画URLhttp://democracynow.jp/video/20070917-1

放送日:
2007/9/17(月)
再生時間:
13分
 1973年のピノチェト将軍によるチリのクーデター、天安門事件、ソ連崩壊、米国同時多発テロ事件、イラク戦争、アジアの津波被害、ハリケーン・カトリーナ。暴力的な衝撃で世の中を変えたこれらの事件に一すじの糸を通し、従来にない視点から過去35年の歴史を語りなおすのが、カナダ人ジャーナリストのナオミ・クラインの話題の新著The Shock Doctrine: The Rise of Disaster Capitalism(『ショック・ドクトリン:惨事活用型資本主義の勃興』)です。ケインズ主義に反対して徹底した自由市場主義を主張したシカゴ学派の経済学者ミルトン・フリードマンは、「真の変革は、危機状況によってのみ可能となる」と述べました。この主張をクラインは「ショック・ドクトリン」と呼び、現代の最も危険な思想とみなします。近年の悪名高い人権侵害は、とかく反民主主義的な体制によるサディスト的な残虐行為と見られがちですが、実は民衆を震え上がらせて抵抗力を奪うために綿密に計画されたものであり、急進的な市場主義改革を強行するために利用されてきたのだ、とクラインは主張します。

以上デモクラシーナウより

原発ネタとは関係無いようでなんだかすごく深い関係があるような気がする。w(゚o゚)w
ずっと気になっていたネタ。まだまだこの記事に関して深い考察が足りない私ですが。
除染が住民任せだったり、絆とか言って汚染地に人を戻したり、汚染を気にせず
食べる事が応援だとか、そんなビックリo(`ω´*)oプンスカプンスカな事がショックドクトリンとは思いませんが。
復興名目の増税とか、自衛隊の名前変えるとか、エェーって事が多すぎると
これなの?って思っちゃうでしょヽ(*≧ε≦*)φ
 

Photo_4

脱原発ポスター展より  nagiwind様の作品 死の街

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

2012年2月21日釧路市内放射線量測定

Newn0879

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h
外は10メートル近い強風 マイナス0.3℃
月は見えない、室温は23度

21dispersion

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーションと今日一日の風向きは
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらからご覧下さい。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

イギリスのテレビ番組でバズビー教授がインタビューに答えています。
遺伝子が傷つき何代にもわたって障害が顕れる。
どうか、この恐ろしい予測が外れるように願うばかり。

60年代の人体実験って知りたいものです。
放射能のフォールアウトの中を生きているんですねぇ、、、

21poster

猫ノ助 様 作品

脱原発ポスター展より 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

2012年2月20日釧路市内放射線量測定

New0875

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h
外はマイナス12℃、風はないようにみえる。
低い東の空にオレンジ色の月が残る早朝に測定
室温21℃くらい。昨日に比べ暖かい。

20dispersion

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーションと今日一日の風向きは
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらからご覧下さい。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ECRR(欧州放射線リスク委員会)2010年勧告

http://www.jca.apc.org/mihama/ecrr/ecrr2010_dl.htm

美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会による翻訳

難しい専門的な報告書なのですがネットで読む事が出来るってスゴイ!(/ ^^)/
ありがとうございますヽ(´▽`)/

米国科学アカデミーBEIR委員会報告書でも
放射線被爆にここまでなら安全ですよ、という値は存在しないという
結論が2005年に出されている。それが最新の研究の結論なのですよ!

核実験、軍事兵器、原発を含む核を保有する施設によって、どれだけの放射性物質が地球を汚染してきたのだろう。どれだけ多くの生き物を傷つけただろうか。
そして今でもたくさんの人を苦しめ続けている、、。

未来に生きる人間は、負の遺産を残した過去の人間の過ちを許せるだろうか?
私だったらそうそう太っ腹にはなれそうもないですよε-( ̄ヘ ̄)┌
昔々(数年前)、知識のないままに必要悪?的に原発を認めていた頃の自分が
キャーッ!(/ω\)ハズカシーィ

20poster

Inês Gonçalves/Cristina Tulcidas

“Energy is Life” 脱原発ポスター展より

*管理人留守の為、三日間ほど(多分)助手が担当いたします。 o(_ _)oペコッ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

2012年2月19日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.11μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

快晴のマイナス16℃。公園の交通安全旗が無気力に揺れていて
風向きが判らなかった未明に測定。
今朝はなぜか部屋の中が高め傾向
最大値が0.21とか、バカやってんじゃねえ!って感じ。

福島第1原発・4号機が倒壊した場合について。

最悪な事態を想定してもしそうなったとしても、その中でそれを打開する
打開できると考えるのがアメリカ人のポジティブシンキングなのだと
どこかで読んだことがあります。
ところが今の大方の日本人は危険の可能性があるのにそれから目をそらして
危険なことは無い、安全、大丈夫だと思いたがっている。
そして危ないんじゃないかと言うと、やれ神経質だとか考えすぎだとかセンチメントだとか
そんな言葉で済ませてしまって決して危険な事実を見ようとしない。
普通にこれまでどおりに、バラエティー番組を見て笑っている。
これまでと同じ生活をしている。
ネガティブな状況に蓋をしてそれを直視しないのはポジティブなんかじゃないよ、それ(・д・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

2012年2月18日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Susi

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

北西の風やや強く曇り。マイナス8℃の未明に測定。

Map

プルトニウムが1.3Bq/㎡検出された場所に雪印メグミルク、茨城県阿見長の新工場着工 

阿見町は、今日発表された茨城の土壌でプルトニウムが1.3Bq/㎡検出された場所です。
雪印メグミルク、阿見の新工場着工 年5万トン乳製品生産
同社のプロセスチーズとマーガリン製品の製造を担い、年間で計約5万トンを生産する。
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13292297598150

★乳幼児食品基準「不要」と意見=セシウム100ベクレルで「配慮十分」-放射線審

 食品に含まれる放射性セシウムの新たな規制値案について、厚生労働省から諮問を受けた
文部科学省放射線審議会が16日開かれ、1キロ当たり50ベクレルとした「乳児用食品」や
「牛乳」の基準について、「特別の規格基準値を設けなくても、子どもへの配慮は既に十分
なされた」などとする意見が示された。
 放射性物質による被ばくが懸念されている子どもへの特別な基準は不要とするもので、消費者や
保護者から批判の声が上がる可能性もある。

 厚労省の新規制値案では、食事による被ばく線量の上限を年1ミリシーベルトと以前より厳しく設定。
穀類や肉、野菜など「一般食品」に含まれるセシウムの規制値は1キロ当たり100ベクレル、新設
される「乳児用食品」や「牛乳」は同50ベクレルなどとし、4月から導入するとしていた。
これに対し、放射線審議会の意見では、1キロ当たり100ベクレルの基準で、1歳未満を含む子どもの
年間被ばく線量が1ミリシーベルト以下に抑えることが十分可能なものになっていると指摘している。

■ソース(時事通信)(2012/02/16-13:19)
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012021600415

Photo_4

ただでさえ東北原乳まぜまぜな雪印メグミルクはヤバイのに
プル入りチーズにマーガリンですかぁ?(´Д`;;)・・・
北海道で販売されているチーズやマーガリンも阿見町の工場で生産される事になるのかな?
まあ、うちはとうの昔に雪印メグミルクは飲まないし食べないしだけど( ゚д゚;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

2012年2月17日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

西風、晴れたマイナス15℃の未明に測定。
今朝は冷え込んで空気中をダイヤモンドダストがキラキラしていた。
公園の水銀灯で珍しい現象を見た
水銀灯の真上に向かって真っ直ぐな光の柱が立っていた。
たぶんダイヤモンドダストが光りの筋の中でキラキラしていて
それが光の柱に見えていたのではないだろうか。
手持ち2秒のスローシャッターだったのでブレてるけど
上の方に写っているのは三日月です。

Photo_3

Japanese Anti-Nuclear Reggae Song: "You Can't See It, and You Can't Smell It Either" by Rankin Taxi

癖になる歌。
今では私の頭の中はオートリピートでこの歌が流れています(◎-◎)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

2012年2月16日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

晴れ。西の風けっこう強し、マイナス7℃の未明に測定。

原発:女子学生「廃炉」多数--意識調査
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120214dde041040064000c.html

今後の原子力発電所について、男子学生は「存続派」が多いのに対し女子学生は「廃炉派」が多数を占めることが、
全国大学生協連(加盟223生協)が13日発表した意識調査でわかった。
調査は昨年10~11月行われ、全国28大学8498人の回答を分析した。
原発の運用については「今すぐ」「将来的に」の廃炉派が女子48・5%で男子は35・2%。
「規模縮小」「現状維持」「積極運用」の存続派は男子54%、女子36・8%と、逆の傾向があった。
防災についての意識は「高くなった」「やや高くなった」が男子66・1%で女子は77・7%。
生協連全国学生委員長の佐藤美香さんは「妊娠、出産のある女性は、
将来の自分の問題として感じているのではないか」と話した。

この記事には女子に廃炉派が多いのは妊娠出産があるからと分析していますが
では、なぜ男子には存続派が多いのかについてはコメントがありません。
じゃあ、男子には妊娠出産が無いから存続派が多いとの説明になるのか?
男子には放射線被曝の影響は無いと思っているのか?
それともやっぱり「ケイザイガー」なのだろうか?

原発直下で地震の恐れも 深部から水供給
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120214/dst12021420240016-n1.htm

 東京電力福島第1原発の地下は、昨年4月に東日本大震災の余震とみられる震度6弱の地震が起きた福島県いわき市の地下と、深部から水が供給されているなど特徴が似ており、近くの活断層が滑って直下型地震が起こりやすくなっているとの調査結果を、東北大の趙大鵬教授(地震学)らが14日発行の欧州の専門誌で発表した。

 趙教授は「地震がいつ起こるかまでは分からない。原発では廃炉に向けた作業が続いているが、耐震や防災の対策を強化すべきだ」としている。

 いわき市の井戸沢断層付近の地下には、陸のプレートとその下に沈み込む太平洋プレートとの境界部分から水が上昇しており「活断層の摩擦が水によって小さくなり、滑りやすくなった」(趙教授)と判断。第1原発の地下でも同様に太平洋プレートから水が供給されていることが判明。双葉断層などが活動しやすくなって強い直下型地震に見舞われる危険性が高まったという。

あともう一度でも原発がドッカーン!となったら、日本はお終いでしょう
そうなったら経済もへったくれもありません。
人間の科学の力では放射性物質を無毒化することはできません。
一度、外に拡散された放射性物質は完全に回収することは不可能です。
つまり、原発事故はやり直しが利かない事故なんです。
地震大国日本で原発と暮らしているということは、
爆弾を抱えて生活しているのと同じなのです。
今、何を最優先にしなければならないかは明白なはずなのですが
それが判らない盲目が多いのは問題です、特に男性に(ー”ー;)

『 生き残るのは
  強い者でもない、賢い者でもない…
  変化する者なんだ…          』

                by.ダーウィン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

2012年2月15日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.08μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

細かい雪が降っていた。
予報では南西となっているけど公園の交通安全旗は西風だった
マイナス4℃の未明に測定。

広瀬隆さん講演会「収束宣言の嘘を暴く!」-1
http://www.ustream.tv/recorded/20390246

広瀬隆さん講演会「収束宣言の嘘を暴く!」-2
http://www.ustream.tv/recorded/20392574

広瀬隆じいちゃんの埼玉での講演会動画です。
-1が約二時間、-2が約一時間半です。
内容は基本的には以前に見た福島公演とダブっていますが
こちらの方が時間が長いぶん更に詳しい内容となっています。
原発事故の原因をテクニカルな面で詳しく突っ込んでいて
東電や政府は津波が原因といっているけど、
実は地震で原発は壊れたのだと説明しています。
耐震基準なんて無意味で、直下が来たら全国の原発は全て耐えられないのだと。
現在の日本がどれほどの巨大地震発生の状態にあるのかについての説明は
今回の講演見ていて私は最も戦慄を覚えました。
広瀬さんは富士山噴火はあると感じているそうです。
そしてそれに連動して発生する巨大地震も((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

1_2

2_2

今回も原子炉内が超高温状態になってそれが原因でプルトニウムすらガス化して
放出された説明がありました(;゚д゚)ゴクリ…
沸点が4612℃や4877℃のモリブデンやテクネチウムが検出されているので
それ以下の沸点のプルトニウムやウランもガス化して放出されている可能性があるのだと_| ̄|○ il||li

3

我らが頭首、高橋はるみ知事も『人間性ゼロの、この世で最低の愚鈍な化け物ども』の
一人に数えられる栄誉が与えられていました(;´Д`)・・

4

現在、ふくいち二号機の温度上昇が問題になっていますが
とてもじゃないが温度もへったくれもない状態だというのが事実らしい

5

『安心安全』なんて嘘ごまかしでいっぱい、地雷がいっぱいが真実なのか(×_×)

6

チェルノブイリでの飲食と生活の禁止区域を日本に当てはめると。
風向きの影響もあるから単純にはいえないだろうけど

7

そして、それを泊原発の事故を想定して当てはめてみれば北海道滅亡ド━(゚Д゚)━ン!!

8

食糧自給率40%の日本を地域別に見ると、東京や埼玉といった都会は
ほとんど無いに等しくて、北海道の高さは圧倒的!
で示されている福島県もけっこうな生産率だけど、もう福島の食べ物は使うべきではないので
北海道の重要度は計り知れない。
北海道に被災地瓦礫を持ち込んで処理するなんて日本人にとって自殺に等しい愚行だ。
絶対に北海道を汚染してはいけない(´・ω・`)
九州は放射能汚染安全地帯と認識されているけど
現在、九州は地殻変動が活発で、いつ巨大地震が発生してもおかしくないと
この講演で言っていました。
九州にも原発があることを考えると、もしほんとに地震発生で
原発事故が発生したら、たいへんな事態になります。
北海道は日本人の生命線といえるでしょう (`・ω・´) b
北海道に原発があるなんて、もってのほか(#゚ω゚ )
高橋はるみ知事も化け物じゃなくて、はやく人間になろうね(^・∀・^)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

2012年2月14日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.08μSv/h

Photo_2

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_3

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

無風な晴れのマイナス14℃の未明に測定。

2号機温度計の上限振り切れる

 東京電力は13日、温度上昇を示していた福島第一原子力発電所2号機の原子炉圧力容器底部の温度計が同日午後の点検後、記録上限の400度を超えて振り切れるなど、異常な数値を示したと発表した。

 東電は「ほぼ確実に故障している」とみている。温度計は炉心溶融で高温にさらされた後、湿度の高い環境に置かれていた。

 東電は同日午後2時頃から、中央制御室内で温度計の電気回路の点検を実施。回路の電気抵抗が通常より大きく、温度計の指示値が高く出やすいことが判明した。検査直後、回路を元に戻した際には342度を示し、一時振り切れるまで数値が上昇した。

 温度計は、2種類の金属を接合したセンサー(熱電対(ねつでんつい))で温度を検知する。センサーが熱を受けると電流が流れる仕組みで、回路に異常が生じたために電圧が変化し、極端な値が表示された可能性がある。

昨夜は就寝前に、たぶん明日の朝には二号機は100℃越えてるだろうなと
そんなふうに思いながら眠って、そして今朝ネットでニュースを見ると
2号機温度計の上限振り切れる!

これ見て胃が痛くなりましたよ(´-д-;`)
たぶん温度計の故障なんだろうと思いたいんだけど
嘘隠蔽ごまかしいっぱいの東電だから、それも信じられないんだよね
それがたまらなくストレス!(×_×)

Photo

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

2012年2月13日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

月と星の快晴、風は感じられないマイナス15℃の未明に測定。
今朝は数字はマイナス15だけど、外で立っているとみるみる体温が奪われて
むちゃくちゃ寒かった。

さようなら原発1000万人アクション・スピーチ

こんな女の子にこんなことを話させるこの国はほんとに酷い国。
それでも石原老害はこれを「センチメント」だと評すのだろう。
でも最後に歌った『ふるさと』はセンチメントだと私も思ったわ(ー_ー)

原発反対!ヽ(`▽´)/ 再稼働させるな!ヽ(`▽´)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

2012年2月12日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近0.05に見えますが0.09μSv/hです。

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

微妙な西風で晴れたマイナス15℃の未明に測定。

石原都知事、原発住民投票条例「作れるわけがないし作るつもりない」
産経新聞 2月10日(金)19時39分配信

Long138865308

市民団体「みんなで決めよう『原発』国民投票」による原発稼働の是非を問う住民投票条例制定を
求める署名が東京都で法定必要数を上回る見通しとなったことに関して、石原慎太郎都知事は
10日の定例会見で「代案も出さずにセンチメント(感情)で言っている」と懸念を示し、
「手続きを出したらいいが、条例を作れるわけがないし、作るつもりもない」と否定的な見解を
示した。今後は選管審査で必要数を上回れば、市民団体が条例案を作成し、知事に請求。知事は
賛否などの意見書を添えて都議会に付議する。石原氏は「原爆のトラウマがあるから、みな一種の
恐怖感で言っている。人間は技術を開発し、失敗や挫折、事故もあったが、克服することで文明が
進歩してきた」との見方を述べた。また、東電以外の電力事業者からの購入を求める声が増えている
ことに関し、「東電や関電など大手以外のシェアは3%程度しかなく、それに集中しても、東京の
電力がまかなえるわけがない」とも述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120210-00000592-san-soci

氏ねとまでは言いませんが、このような老害は都庁の高いところで偉そうにしていないで
自宅の縁側で日向ぼっこでもしながらお茶を飲んでいるか
あるいは老人ホームにでも入所していただいた方が
あらゆる命あるものにとっては幸いなことなのではないでしょうか( ゚ω゚ )

物質偏重、知識偏重、科学偏重で命を軽視する思考が、
毎年三万人の自殺者を出す狂った文明を造ってきたのではないでしょうか?
人間は既に取り返しのつかない失敗をしてしまったのです。
半減期8080万年の猛毒プルトニウムをアメリカの西海岸にまで
到達させてしまったのです。
これが何を意味しているのか、この老害は判っていないのです
こんな失敗を繰り返しながらでも原発の技術を進歩させることが
文明であるなどと言っているのです。
どうせ科学の発展が人間の文明云々というのであれば
原発などというハイリスクなモノではない、もっと安全でクリーンな発電技術の発達こそが
正気な文明の進歩なのではないのでしょうか。

しかも小出先生も言っていましたが
原子力発電は原発労働者の犠牲の上に成り立っている
非人道的な発電技術なんですよ?
この老害について書いていると、とても腹が立ってきますが
そこでふくいち4号機の燃料プール温泉にでも浸かってのんびりして下さいとは言いませんが
あえて以下の言葉を贈りたいと思います。

    「黙れ」(#゚ω゚ )

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

2012年2月11日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.08μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

月がキレイな快晴、西の風マイナス15℃の未明に測定。

食べて応援、ニッポン!

食べて応援って聞くと私はいつも思う
「この人たちは被爆覚悟で自分の身を犠牲にして応援しているんだなぁ」と
感涙を禁じ得ません、ほんとに天使のような人たちです(T^T)
私はそこまで善人じゃないから、とてもじゃないけど食べて応援はお断りです( ゚ω゚ )

Photo_3

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

2012年2月10日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

雲無し風無しなマイナス13℃の未明に測定。

「廃炉と除染で今後何十年も食える」原発関係者が漏らす本音
http://news.livedoor.com/article/detail/6246822/
(抜粋)
原発は「逆回転」を始めた。“夢”を諦め、現実に立ち返り、廃炉や除染といった
後ろ向きの事業に注力しなければならない。一見、原子力ビジネスに将来はない、と思わせる。
だが、そうではない。「逆回転」が新たなビジネスチャンスを生み、原発で儲けた連中が、
廃炉、除染、最終処分場などでも儲けている。例えば、今、原発で何が起きているか。東電関係者が話す。

「再稼働へ向けて、“完璧な原発”にすべく準備を進めています。それはストレステストで
求められる以上の厳しさで、『想定外』という言葉を使わなくて済むように、
橋が破壊、道路が分断、全電源が落ちても、非常用電源を確保するなどして原子炉を
損傷なく止められる体制を確立しようとしています。

そのために費用を惜しまない。原子炉内の圧力が高くて、注水できないトラブルがありましたが、
どんな圧力にも負けない給水ポンプを数百億円かけて開発、配置するつもりです」
にわかには信じ難い感覚だが(東電広報部は「あらゆる事故を想定、対応するつもりです」
と回答)それで潤うのは原発メーカーである。事実、東芝、日立製作所、三菱重工業の原発3社は、
事故後、「フクシマを体験した」ということで海外受注が堅調。しかも、前述のような
各種安全対策も受注できる。

どっちに転んでも(゚Д゚)ウマーなんて話があるんですね、ほんとに
これじゃあ原子力村は止められまへんな~(>∀<)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

2012年2月9日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

西の風晴れ。マイナス9℃の夜明けに測定。
今日の外はブレが酷くてアップダウンクイズ状態
数値の見極めがつくまで長い時間のサンプリングが必要だった
そのうち空が明るくなってきたわ('ε')

2012年 茨城県日立市の空間放射線量 回転寿司

(#^∇^#)/ うわ~♪寿司だーーー!!

これってなんの機材使っているのか知らないけど
この条件下で寿司の正確な数値を出せるのかな?
店内の空間線量とごっちゃになるんじゃないの (;´・ω・`)?

実は私はこれまでの人生で回転寿司という所に入ったことがないのです
いつか行こうと思っていたら3.11になりました。
今では恐くて寿司なんて食べられません、大好きなんですが( T∀T)
このことから貴重な以下の教訓を学びました、

『やりたいことは今すぐやれ!』

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

2012年2月8日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

まばらな雲と星が見えてる西風が強いマイナス1.3℃の未明に測定。

広瀬隆氏講演会in福島市
http://www.ustream.tv/recorded/20210946

☆どうもUstream.Tvでは埋め込みがうまくいかないらしいので
上のUstream.Tvのページからご覧になってくださいo(_ _)oペコッ

二時間以上の講演動画です。
昔からホラー映画とかで「決してひとりでは見ないでください」とか
「心臓の弱い方は見ないでください」って売り文句がありましたが
この広瀬隆氏講演会in福島市なら「絶望したくない人は見ないでください」って感じでしょうか。

青ざめて観ていました。
希望的要素が見いだせない、せいぜいが東電はまだまだ金を持っているから
訴えてもっと賠償金を出させることができるかも知れないってことくらい。
福島の人は死にたくなかったらいますぐ福島から出るしかないそうです。
除染なんて無理だとか。
ふくいちは四号機倒壊の危険だけではなくて、
一号機、二号機、三号機も腐食が酷くて、いつ崩れてもおかしくない状態なのだそうです。
汚染水は海だけではなくて、地下水が激しく汚染されているのだそうです。
地下にメルトスルーしているのだから当然といえば当然ですが。
コワイのはこの地下水脈のルートが判っていないことです。
だからこの国が地下でどれだけ汚染が広がっているか、計り知れない(;・`д・´)

この講演の内容で最も私が恐かったのはストロンチウム、ウラン、プルトニウムの拡散でした。
原子炉内部はプルトニウムですら揮発するほどの超高温になって
ウランですらガス化して放出されているそうです。
Photo_3
アメリカ西海岸で福島由来のプルトニウムが検出されていることに対して
プルトニウムは重いから拡散されているはずがないという反論がありますが
沸点越えでガス化しているのなら、十分にありえることだと思います。
それがアメリカ西海岸にすら到達しているのなら、日本国内は言わずもがな(;゚д゚)ゴクリ…
政府や東電はストロンチウムやウランやプルトニウムのことには何も触れませんが
これが海に陸に・・・((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
セシウムの数値だけで安全性の判断をするのは適切ではないかもしれません。

セシウムは除染しなくても半減期で黙っていても数年で数値は減少するって雰囲気ですが
広瀬隆じいちゃんの言うには、そんなことは人体への医学的な影響を知らない人間が言うことで
そんなに簡単なことじゃないそうです。
Photo_4
1200年なんてどんなに長生きしても無理、私が生きている間はおろか
今、生まれたばかりの赤ちゃんにだって安全な日本は望めない。

239
プルトニウムに到ってはもう、人類の存続よりも長きにわたって
地球の生命を蝕み続ける想像もできないほどの時間!!つωT`)

この講演動画を見ていて思ったのは、宇宙人がやって来て
その超テクノロジーで放射性物質の無毒化でもやってくれない限りは
もう人間ではどうしようもない状態なのだということでした。
しかもこの悲劇は3.11だけにとどまらず、現在の日本は巨大地震の危険性が
過去にないほど高まっていて、原発がある限りいつでも3.11が繰り返されるという点です。

とんでもないことです、
ほんとに人類はとんでもないことをしでかしたのです_| ̄|○ il||li

Photo_3

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

2012年2月7日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

なんと雨降り!!厳寒期の北海道で雨降り!!
気温+2.5℃、南風の未明に測定。

内部被ばく:「検出できず」6割 南相馬市立病院が調査
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120205k0000m040096000c.html

 福島県南相馬市立総合病院の坪倉正治医師らが行った高校生以上の市民の内部被ばく線量調査の結果、検出限界以下となった人が昨年9~12月の3カ月間で約1.6倍に増えていたことが分かった。また、大半が国の規制値の年間1ミリシーベルトを下回っていた。被ばく線量は時間の経過と共に低下する傾向がみられ、原発事故後の食事や空気、水などによる慢性的な内部被ばくがそれほど大きくない実態が浮かび上がった。

良かったねー、福島の人(o^∇^o)ノ
このニュース見て安心できたんじゃないでしょうか。
南相馬ですらこれなんだから、北海道で被爆気にするなんてナンセンスですよね ^∀^)

ほんとにこんなふうに言えたのだったら、どんなに良いことか(-ω-)
さんざん嘘やごまかしやってきたこの国では、上記の情報はなかなか信じられないな。
検出限界1人あたり約250ベクレルって妥当性はあるんですか?
昨日、広瀬隆さんの講演見て激しくショックを受けて
今でも頭の中がガ━(゚Д゚;)━ ン !!!ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!だわ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

2012年2月6日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

どちらかというと北西の風、晴れでマイナス9℃の未明に測定。

■18万人が放射性セシウム入り給食を……
http://www.best-worst.net/news_VhzAFbkog.html?right

2012年02月02日、日本共産党の衆議院議員・宮本たけし氏が自身のブログにて、
学校給食の恐るべき放射能汚染の実態を告発した。
その中では放射性セシウムで汚染された給食を出した学校は18都府県、46市区町村、433校26園になるとしている。

また、暫定基準値を超えた2校の内1校は1キロ当たり1293ベクレルという数字がでていることを指摘している。

( ω) ゚ ゚    1293ベクレル

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

2012年2月5日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

星が少ししか見えなかったから薄晴れか?風は無かった
マイナス11℃の未明に測定。

〔東海アマ管理人氏ツイッター警告〕 
われわれは半分しか見ていない/そこはストロンチウムとプルトニウムの地獄

 → http://twitter.com/tokaiama

 # ストロンチウム・ウラン・プルトニウムの恐怖の内部被曝御三家が報道されず話題にならない本当の理由は、それを簡単に計れないという理由だけだ。測定器があれば今頃、福島に人がいることなどありえない。
そこはストロンチウムとプルトニウム地獄だから。数年後、人は思い知るだろう 10時間前

 # 我々は本当に存在する放射能の半分しか見ていない! 東京で中性子が検出される。これは東京にプルトニウム238など核燃料が降下しているということだ。
ところが検出が非常に困難なため話題にされないから隠蔽されたまま。セシウムのことばかり話題にするのは無知だ 10時間前

 # 福島県内、フクイチ周囲100キロ圏で数百マイクロ毎時というもの凄い値が報告されることがあるが、多くはGM管測定でシンチ計では値が小さい。
これは、たぶんストロンチウム89・90による汚染だろう。セシウムでもβ出るが、GMだけに超異常値出るのはストロンチウムだ 10時間前

 # これから長寿命ベータ核種が問題になる。シンチ計は感度高いがベータ線計れるもの少ない。
環境汚染の主役がベータ線ならマイカ式GM測定器を持つ必要がある。政府はシンチ計だけを勧めるが本当の汚染見たければマイカ式GM測定器を!10時間前

 # 「原子炉に海水を入れるとトリチウム製造器と化す」 これを捕捉するのは不可能。水はエントロピーに従って拡散し、すべての水分、我々の肉体にトリチウムをもたらす。
これによって、やがて全人類の平均寿命は数十歳も下がることだろう
10時間前

 # プルトニウムの半減期は24000年、フクイチ三号機から環境に放出された量は数百キロ、人類を数万回もガンにできる量。
これが地球から消えるのに、あと1000万年はかかる 10時間前

 # 稼働原子炉でセシウムとストロンチウムは同量あるがセシウムは671度で気化、爆発で高空に上昇、遠方で雨に溶けて沈着する。
ストロンチウムはゲル状飛散、周辺で河川地下水に侵入、福島を無人の荒野にする主役、ウラン・プルトニウム汚染は未来永劫、日本列島を恐怖の大地に変えてしまう 10時間前

Www

ダンテの『神曲』地獄編では地獄には以下の注意文が銘記された門があります。
「この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ」
そんな感じですか (;゚д゚)ゴクリ…
日本は地獄の門をくぐってしまったのか?_| ̄|○ il||li

Photo_3

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

2012年2月4日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.08μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

風は無し。晴れてマイナス17℃の未明に測定。
街灯の下を通ると灯の光の中でダイヤモンドダストがキラキラしていた。

福島テレビ放送 チェルノブイリと福島~似て非なる現実と未来~

これって北海道では放送されないのかな?
うちはテレビ無いから北海道で放送されたとしても見れないんだけど( T∀T)
「チェルノブイリと福島はなにが同じでなにが違うのか」
実に興味深い!だれかYouTubeにでもうpしてくれないかな ( *‘ω‘)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

2012年2月3日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

よく晴れて僅かな北風。マイナス17.5℃の未明に測定。

Photo_3

今朝も冷え込みがきつくて春はまだまだ先だけど
東の空が明るくなるのが早くなってきた。
地球は回っているんだネ(´▽`)

知られざる放射能汚染~海からの緊急報告


NHKスペシャル 知られざる放射能汚染... 投稿者 gomizeromirai

この番組の中に出てくる漁師が放射能汚染された魚は猫も食わない
ハッキリいってただのゴミだと言っていました。
漁師さんにとってはそれはお金になる商売の種であり
それを食べる消費者にとってはそれはただの食材に過ぎないのかもしれませんが
汚染された海に在るのは生きている生き物たちなのです。
自然やそこに生きているものたちへのこの人間の不遜、不敬が
原発事故の根底にあるとこの番組を見ていて思えてなりませんでした。
人間が被爆することについて問題視する声は当たり前に聞かれますが
自然界を汚染し地球を傷つけ、様々な生物たちに修正が不可能なほどの
傷手を与えてしまった事実に対する声はまったく聞かれないのは残念です。
常に人間中心、人間の都合からの視点しかありません。

そんな人間中心な利己主義それ自体が、いずれ人間をも滅ぼすことになるのは
それほど遠い未来じゃないかもね
ちょうど癌細胞が病人の死によって死滅するように(=ω=)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

2012年2月2日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

曇り、かなり強い北風の未明に測定。
雪が1センチほど積もっていた。
外で測定しているときにも雪が舞っていたが、それが空からのものか
その辺の雪が強風で舞っているのか判らなかった。
気温マイナス5℃。

震災直後は"放射線対策"をしていた人のうち「対策をしなくなった」人は4割
http://news.mynavi.jp/news/2012/01/31/045/index.html

「機能性物質による被ばく低減化研究会」はこのほど、東日本大震災から10カ月を迎えるにあたり、全国の20代~50代男女1200人を対象に実施した「放射線対策に関する意識調査」の結果を発表した。

これによると、放射線対策について、震災直後は対策をしていた人が約26%いたが、「今も(熱心に/まあまあ)対策をしている」人は15%となり、対策していた人のうち約60%にとどまった。
残り約40%は「今は(あまり/全く)対策をしなくなった」と回答した。

「対策をしなくなった」「対策をしていない」人にその理由を聞いたところ、「対策方法を知らないから」(24.1%)「放射線によって体に影響があるような被ばくはしない・体への影響は少ないと思うから」(21.6%)、
「周りに対策をとっている人がいないから」(17%)の順で回答が多かった。その一方で「対策法があれば取り組んでみたい」と希望する人が約75%という高い結果が出た。

放射線の影響を低減させるために対策をとる場合、通常の生活にかかるお金に追加でお金をかけられる人は70%。
中には月5万円以上かけられるという人もいることが分かった。お金をかけているのは、特に乳児・幼児を抱えている人が多く、「小さい子供への影響を気にしていることが推察される」(機能性物質による被ばく低減化研究会)。

「食品・飲料」からの放射線による被ばくが気になっているかどうかを調査したところ、「とても気になる」(17.5%)、「まあまあ気になる」(44.3%)で合計約60%の人が「食品・飲料」からの被ばくを気にしていることが分かった。

また、「気になっている」と答えた人の多くは乳児や幼児をもつ人が多く、「子供への影響を気にしていることがうかがえる」(機能性物質による被ばく低減化研究会)。
さらに、現在対策している人としていない人で結果を見たところ、「震災直後は対策をしていたが現在は対策をしていない」人で「気になっている」と答えた人は76%という結果となった。
「気にはしているが対策をとっていないというのが現状だと分かる」(同)。

チェルノブイリでは事故後半年で危険厨も飲み食いすることには
気を使わなくなったそうですが。
食品・飲料からの被爆もそれを気にしていたら飲み食いできる物が限られて
買い物でも外食でもほんとうに選択肢が無い( T∀T)
実際、最近はかなり偏った食生活になってるし( ^ω^; )
かといって気にしないで飲み食いなんて出来ないし(=ω=)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

2012年2月1日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

よく晴れて無風。マイナス12℃の未明に測定。

<風力発電>原発誘致撤回の地に建設計画 和歌山・日高町
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120131-00000017-mai-soci

 原子力発電所誘致を巡って町内が割れ、誘致を撤回した和歌山県日高町で、原発候補地だった小浦地区に東京電力などが出資する会社が風力発電所の建設を計画していることが分かった。同町も「原発の時代は終わった」(中善夫町長)と、事業に協力する意向だ。同社は地元の同意が得られれば、14年の商業運転開始を目指して県などに開発許可を申請する。同時に、高い確率で近く想定される東海・東南海・南海地震の津波に備え、工事の残土で仮設住宅用地を造成し、町もヘリポートを整備する。(毎日新聞)

( T∀T) イイハナシダナー
人間、まだ捨てたモンじゃないね
「原発の時代は終わった」これが正気な人間の判断だよ。
これが全国に、全世界に広がっていけばイイナ (*・ω・)b

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »