« 2012年2月6日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年2月8日釧路市内放射線量測定 »

2012年2月 7日 (火)

2012年2月7日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

なんと雨降り!!厳寒期の北海道で雨降り!!
気温+2.5℃、南風の未明に測定。

内部被ばく:「検出できず」6割 南相馬市立病院が調査
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120205k0000m040096000c.html

 福島県南相馬市立総合病院の坪倉正治医師らが行った高校生以上の市民の内部被ばく線量調査の結果、検出限界以下となった人が昨年9~12月の3カ月間で約1.6倍に増えていたことが分かった。また、大半が国の規制値の年間1ミリシーベルトを下回っていた。被ばく線量は時間の経過と共に低下する傾向がみられ、原発事故後の食事や空気、水などによる慢性的な内部被ばくがそれほど大きくない実態が浮かび上がった。

良かったねー、福島の人(o^∇^o)ノ
このニュース見て安心できたんじゃないでしょうか。
南相馬ですらこれなんだから、北海道で被爆気にするなんてナンセンスですよね ^∀^)

ほんとにこんなふうに言えたのだったら、どんなに良いことか(-ω-)
さんざん嘘やごまかしやってきたこの国では、上記の情報はなかなか信じられないな。
検出限界1人あたり約250ベクレルって妥当性はあるんですか?
昨日、広瀬隆さんの講演見て激しくショックを受けて
今でも頭の中がガ━(゚Д゚;)━ ン !!!ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!だわ。

|

« 2012年2月6日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年2月8日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

その講演の内容は!? 一体何にショックだったのか気になります(×_×)

北海道もやっぱり被爆してるのかな。。


北海道の鹿からも検出されているのは本当にショックでしたが。。

投稿: MUSUME | 2012年2月 7日 (火) 07時17分

その情報について木下さんが言及していました。
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/575e0c74d4b458a2bcbfd5bd1aa47282
私も、安全とはとても思えません。

投稿: あきこ | 2012年2月 7日 (火) 08時04分

こんにちは(^^)

私が良く分かってないのかもしれませんが

>南相馬市民4745人分の詳細な解析
>内部被ばく線量が測定器の検出限界を下回ったのは2802人(59.1%)
>体重1キロあたり20ベクレル以上は169人(3.6%)
>同50ベクレル以上は16人(0.34%)

残り1758人(36.96%)はどうだったんでしょうね?


広瀬隆さんのお話は震災事故直後から見聞きしていたので
ある意味免疫はできてますが^^; さらに怖いお話だったのかな、、、

投稿: bun | 2012年2月 7日 (火) 10時04分

ガイガーカウンター釧路さん
(^-^)shine
皆さま(^-^)shine
こんにちはheart04

南相馬の方々の結果について、どんな値が出ても喜べないでしょうね
(@_@)
やさぐれた気持ちで結果を見た、という言葉を聞きました。

広瀬さんの講演内容、私も気になります。

ところで宮本たけしさん、うちのすぐ近くにいらっしゃいますshine

投稿: ケタケタ | 2012年2月 7日 (火) 14時26分

測ってガイガーのリンクから調べるとシンチで0.33μSv/h
(12月14日)南相馬の総合病院あたりのγ線量です。年間約2.9mSv。
素人なりに、これだけバックグラウンドが高ければ
検出限界をよほどあげないと数値が読み取れないのではと思いました。
それではバンダジェフスキ−さんの数値はどうやって測ったのかという疑問にも繋がるのですが。
以前みた子どもの甲状腺被曝をアロカで測定する時に
被爆した地域において空間線量の低い場所を探すのが大変だったというETVの番組を見た記憶があります。
例えば岐阜、新潟、富山と言った山脈に遮られて線量の低い県で
ホールボディカウンターを使わないと低線量被曝の実態はわからないのでは?
南相馬市立病院の職員がどうやって自分の被曝を低くしようとしているのか知りたいところです。
あるいは危険手当があるのかもしれません。
職業柄知らない訳はありませんから。
ケタケタ様は、宮内さんのお近くさん!!情報ソース聞けたらいいのに!

投稿: のぬけす | 2012年2月 7日 (火) 20時36分

みなさま、おはようございます(-ω-)

ショッキングな広瀬じいちゃんの講演動画、本日のネタにしましたので
時間があれば、ご覧になってみてください。
エゾ鹿まで被爆していたなんて、北海道の自然を愛するアウトドアマンとして
ほんとにショックです。
エゾ鹿が被爆しているのなら、当然ほかの生き物たちも被爆しているということ・・・。
内地では渡り鳥の数が減少して、その鳥たちにも被爆による影響が確認されたそうだし。

人間のひとりとして、エゾ鹿や渡り鳥やミミズたちに死んでお詫びしなきゃね(T^T)
その前にこの世界から原発を亡き者にしなきゃならねぇ凸( ̄皿 ̄#)

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2012年2月 8日 (水) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/43992341

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年2月7日釧路市内放射線量測定:

« 2012年2月6日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年2月8日釧路市内放射線量測定 »