« 2012年2月28日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年3月1日釧路市内放射線量測定 »

2012年2月29日 (水)

2012年2月29日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

薄雲って時折西風が吹くマイナス11℃の夜明けに測定。

Arnie Gundersen:日本政府は #東電 を守る事を最優先し国民を守るのは二の次

何故に原発は爆発したのかについての詳細でテクニカルな解説。
ふくいちは電源損失が爆発の原因だと言われているが
電源が大丈夫であっても冷却用ポンプが海側にあって、それが壊れたから
結局は爆発になったでしょうと。
事故後の住民避難などの対処についても見通しが甘すぎ。
政府は国民なんて二の次、東電を守ることしかやっていない。
原子力を規制するはずの機関が原子力産業と癒着状態なのが弊害となっている。
瓦礫処理等、日本政府が進めている薄めて拡散は
結果、将来的に大きな問題を生み出すことになる。
地震大国日本は原発の推進よりは代替エネルギーなどの、別なテクノロジーを
発展させていくべき。
高い人口密集率と地震発生率を考えると、日本に原発を作るのは適切ではない。
想定外の事態を考慮していないストレステストは安全基準とならない。
日本のような地震大国でも耐えられるような原発を本気で作るなら
それはもの凄いコストになるから代替エネルギーに替えた方が良い。
プルサーマル発電が事故った場合はプルト君が大量に放出されるから
ふくいちよりも被害は甚大になる。
放射性廃棄物や使用済み核燃料のリサイクル処理についても
地震が多い等の日本の条件を考慮すると
自分(ガンダーセンさん)としても、適切な解決策は見いだせない。

1時間36分の動画の中でガンダーセンさんが述べられたことは上記な感じ。
ふくいち事故直後に処理に当たった人たちへの最大限の賛辞を繰り返していました。

バズビーさんが来日したときは水はペットボトルで、成田から日本を離れるときは
滞在中に着ていた服を捨てていったそうですが
ガンダーセンさんは会見中に何度もコップの水を飲んでいたけど
あの水はどこの水だったのでしょうね?
そしてアメリカへ帰るときには成田で服を捨てていったのでしょうか?
この記者会見動画を見ていて、そんなどーでもいいことがやたらと気になっていましたf^_^;)

|

« 2012年2月28日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年3月1日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ ガイガー様

生寿司をみてストロンチウムとセシウムに変換してしまう人と、食欲満開になる人。
後者が福島の学校では正しい日本国民ですね。
先日、推薦のあった第二のフクシマ・・の冒頭で広瀬じいちゃんが、
原発事故が過去になっている日本を嘆いていました。
安全厨には原発事故は過去のこと、危険厨には原発事故は低線量被曝身近に迫る脅威。
同じ出来事にこれほど認識の差があることに愕然とします。
間もなく一年ですね。

ガンダーゼンさんの動画はなぜか私のパソコンでは音声のみになってしまって
アーニーさんのお顔はここで初めて確認できました。
動画の中で初期の事故処理にあたった方達への讃辞が繰り返されていました。
ご存知かもしれませんが
極度の汚染の中で事故現場から官邸へ流されたファクシミリが公開されています。
200枚を越える書類がPDFになっています。
事故直後から風向きや放射線の数値、スピーディによると思われる地図情報など。
宛先や枚数を見ると官僚や政治家の『忸怩たる思い』の発言が
真実にはほど遠いものであることがわかります。
遠からず削除されると思いますからまだであれば
早めにご確認ください。http://onodekita.sblo.jp/ 2月28日

投稿: のぬけす | 2012年2月29日 (水) 19時47分

のぬけす様、おはようございます(*^o^*)/

のぬけす様のおかげでガンダーセンさんの貴重なお話を聴けました。
広瀬隆じいちゃんも信頼できる人物と太鼓判を押している
ガンダーセンさんは危険厨としては絶対に外せないはずなのに
ご紹介頂いた日本記者クラブの会見動画はなぜか2ちゃんでもTwitterでも
見かけたことがありませんでした。

今回ご提供頂いた情報、リンク先へ行ってざっと見てみましたが
このコメント書いていて、また内容を確認したくなってリンク先へ行ったら
なんと「リクエストされたページが見つかりません。削除または移動された可能性があります。」
となっていました!(°□°;)
こんな夜も明けていないような時間に、いったい誰が削除したんでしょうね?
ここは北朝鮮?この国は大丈夫なのか?(゚д゚;)

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2012年3月 1日 (木) 04時28分

のぬけす様、追記です。

今朝、お知らせ頂いたリンク先へ最初に行ったときは
院長の独り言の2012年02月29日の記事でしたが
今、リンク先へ行くとページが見つかりませんになっています。
でも直接院長の独り言へ行くとまだ2012年02月29日の記事はありました。
なんなんでしょうね、これ?( ゚д゚;)

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2012年3月 1日 (木) 06時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/44294278

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年2月29日釧路市内放射線量測定:

« 2012年2月28日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年3月1日釧路市内放射線量測定 »