« 2012年2月26日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年2月28日釧路市内放射線量測定 »

2012年2月27日 (月)

2012年2月27日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

北風。細かい雪が降るマイナス6℃の未明に測定。

@アーニー・ガンダーセン2/20まとめ
私は福島と同じ型の原子炉を長年見てきて 研究における様々な資格や権利を持っており
原子炉を動かす事もできアメリカでは原子力安全委員会の 副理事までしている 私を舐めないで欲しい

事故が起こるなら欠陥のマークⅠだろうと家内と話してました マークⅠは格納容器が小さくもっとももろい
日本は地震が多いのに何故作ったのかわからない が地震が起こる事はわかっていたので修正をすべきだった
規制当局と東電との関係が密接すぎた 1号機は地震に耐えたかどうかわからない、地震で倒れた可能性が高い
非常用のディーゼル発電機が地下に置かれたのは重いものだったので 日本は地下に置いた、津波は考えていなかったのではないか
非常用ディーゼルが仮に動いても海からのポンプが壊れていたので メルトダウンは避けられなかったと思う
福島第2がメルトダウンしなかったのはポンプが第1と違いきちんと 指摘した事を修正した 福島第1は修正せずそのままだった
今後の問題は海沿いにあるポンプをどう守るかだ 1号機と3号機の爆発の違い 3号機の爆発は音速より早い衝撃波が起きた
格納その物を構造的に壊す爆発だった 私はすぐにこれはレベル7の事故だとTVで話していた
がアメリカの安全厨はレベル5だといいやがった この違いは避難というレベルでまったく違うものだった
現場にいる人はレベル7の大事故だとわかっていた筈だった しかし現場から本部に連絡が行った時に東電が隠蔽した
スリーマイルの廃炉の際、燃料を取り出すという行為だけで 20億ドルかかっております 福島の炉は沸騰水型で底が70ほどの穴があり
メルトダウンし易く格納容器にたまる可能性もある スリーマイルは加圧式型なので穴が上部にあるので溶け落ちず助かった
福島の事象は世界で最悪の状態で取り出すテクノロジーがありません これからのテクノロジーの発展にかかっております
福島の現場のクリーンアップだけで600億ドルかかる思います トータルだと2500億ドル必要だと思います
20年間に100万人が癌になる可能性が危惧されております スリーマイルアイランドの知見で出した数字です
ノースカロライナ大のスティーブウィング博士の疫学に基づいたものです すでに福島で肺癌発症率が20%程度上昇している
何かに混ぜて行う廃棄物の処理があまりに間違っている 放射能というものは汚染が300年続くものです 頭大丈夫ですか?
日本国政府は事態の深刻さを理解していないと思います もう原発辞めたら? 日本の技術をもっと違う方向に持っていきなよ

Q 官僚主義で日本のせまい国で54基作ったですがどう思いますか?
A 原発を設置するには3つのポイントあると思います 1つ目冷却水の確保、これはOKです ところが2つ目、3つ目がアウトです
世界の地震の10%は日本で起こってます 頭大丈夫ですか? 1000年に1回のレベルに耐える原発を作るのは無理でしょう
お解りの通り3つ目は人口密度です 以上です 安全な原発なんて作ったらコストが凄い事になりますよ ははははは

Q マークの欠陥が日本に伝えられたのか? プルサーマルついてご見解を聞きたいのですが?
A GEは欠陥を認めてません、後付でOKとしております 危険性を訴えてきましたがそんなこんなで関係者で辞めた人が多いです
プルサーマルについてですが机上の空論です 原発の運営・管理よりもはるかに難しいです ははははは

ガンダーセン @記者クラブボツ?記事
福島第一原発のマークⅠ型原子炉について、設計上の問題を列挙した。さらに
①放射能の封じ込めが設計上、最弱②地震・津波の情報無視③東電と規制当局の密接すぎる関係
――-を指摘し、みな同じことしかいわない「やまびこ効果」で安全神話が広がった、と述べた。
住民避難や廃炉、除染の課題をあげ、「日本政府は東電を守ることを最優先し、国民を守ることは第二になっている」と批判した。
また、原発建設の3条件として①冷却水の確保②地震③人口密度をあげ、日本は①は十分だが、②と③からみて、原発は難しい、と述べた。
日本の国土面積は世界の0.3%なのに、世界の地震発生数の10%が集中し、世界のどこと比べても30倍の地震が起こる国だ、と説明。
「100年に一度、ではなく-、1000年に一度のレベルで起こる地震に耐える原発は構造工学上、難しい」と述べ、「ほかの代替エネルギーを探す方が望ましい」と指摘した。
使用済み核燃料の処分方法に-ついて、「私の学生のころから解決策は5年もあればできるといわれたが、その5年は一度も来なかった」と述べ、
ガラス固化法は解決にならない、と説明した。

ガンダーセンさんがせっかく来日したのに公演の様子の動画公開は無かったみたいだね
非常に残念だけど、お上からの圧力でもあったのかな?ははははは

|

« 2012年2月26日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年2月28日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。少し降りましたが軽そうな雪で何よりです。
私をなめないで欲しいとはガンダーセンさん頼もしいです。
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-3246.html
ガンダーセンさんの動画あり〼
昨日は確定申告の書類作成で終日パソコン三昧でした。
現状逃避がてら調べていたもので。
まだ中身は見ていません。肩コリコリです。

投稿: のぬけす | 2012年2月27日 (月) 07時11分

のぬけす様Good Jobです!(`・ω・´) b

この動画、2ちゃんにもTwitterでも知れてないです。
1時間36分となかなか長いですが見るの楽しみです。

予報ほどは雪が降らなくてラッキーでしたね(*^o^*)/

>現状逃避がてら調べていたもので。
逃避、いいじゃないですか、
たまに息抜きしないと持ちませんよ、まだまだ先が長いから。
連れ合い様にコリコリ肩、揉んで頂きましょう(*´ω`*)

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2012年2月27日 (月) 08時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/44243347

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年2月27日釧路市内放射線量測定:

« 2012年2月26日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年2月28日釧路市内放射線量測定 »