« 2012年2月17日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年2月19日釧路市内放射線量測定 »

2012年2月18日 (土)

2012年2月18日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Susi

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

北西の風やや強く曇り。マイナス8℃の未明に測定。

Map

プルトニウムが1.3Bq/㎡検出された場所に雪印メグミルク、茨城県阿見長の新工場着工 

阿見町は、今日発表された茨城の土壌でプルトニウムが1.3Bq/㎡検出された場所です。
雪印メグミルク、阿見の新工場着工 年5万トン乳製品生産
同社のプロセスチーズとマーガリン製品の製造を担い、年間で計約5万トンを生産する。
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13292297598150

★乳幼児食品基準「不要」と意見=セシウム100ベクレルで「配慮十分」-放射線審

 食品に含まれる放射性セシウムの新たな規制値案について、厚生労働省から諮問を受けた
文部科学省放射線審議会が16日開かれ、1キロ当たり50ベクレルとした「乳児用食品」や
「牛乳」の基準について、「特別の規格基準値を設けなくても、子どもへの配慮は既に十分
なされた」などとする意見が示された。
 放射性物質による被ばくが懸念されている子どもへの特別な基準は不要とするもので、消費者や
保護者から批判の声が上がる可能性もある。

 厚労省の新規制値案では、食事による被ばく線量の上限を年1ミリシーベルトと以前より厳しく設定。
穀類や肉、野菜など「一般食品」に含まれるセシウムの規制値は1キロ当たり100ベクレル、新設
される「乳児用食品」や「牛乳」は同50ベクレルなどとし、4月から導入するとしていた。
これに対し、放射線審議会の意見では、1キロ当たり100ベクレルの基準で、1歳未満を含む子どもの
年間被ばく線量が1ミリシーベルト以下に抑えることが十分可能なものになっていると指摘している。

■ソース(時事通信)(2012/02/16-13:19)
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012021600415

Photo_4

ただでさえ東北原乳まぜまぜな雪印メグミルクはヤバイのに
プル入りチーズにマーガリンですかぁ?(´Д`;;)・・・
北海道で販売されているチーズやマーガリンも阿見町の工場で生産される事になるのかな?
まあ、うちはとうの昔に雪印メグミルクは飲まないし食べないしだけど( ゚д゚;)

|

« 2012年2月17日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年2月19日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

ネット上でメグミルクや根釧牛乳のセシウム合計はキロあたり0.67bq以下という数字がありました。(2011/10 ゲルマニウム半導体 54000秒)
昨日届いた阿寒のしっでいさんの扱うあすなろ牛乳は2011年8月現在
セシウム134が測定下限9.49で不検出、セシウム137が測定下限9.26で不検出とありました。
(食品放射能測定システム日立アロカメディカル社)アロカの食品測定器は信頼性が?と聞いたこともありますが
飼育環境や飼料に配慮するオーガニックメーカーより 現乳ミックスのメグミルクの方が線量が低いらしいのは納得のいかないところです。

鉄欠乏性貧血があるとプルトニウムの消化館吸収量が増えるそうです。
だからといって気軽にほうれん草を食べのも危険な茨城県。
クリアパルスの1m空間線量も釧路とは一桁違ってました。
バズビーさんが発売するサプリメントはどうなったのでしょう。
放射線審議会は相変わらず核種の足し算を忘れたふりをして
放射能安全神話布教中ですね。

投稿: のぬけす | 2012年2月18日 (土) 13時03分

こんばんは~
夕方コメント書いてたら消しちゃった(*_*)
相変わらず抜けてます、、、

大手乳業メーカーのホット牛乳を今も飲んでた私、、、
0.67bq以下なんて嬉しい限り^^;
でもこれって餌が輸入飼料って事になるのでは?
あすなろさんの牛乳は丹精込めて作った牧草を主体に与えた結果だとしたら
なんともいえない気持ちになりますが(*_*)
同じ測定器、同じ条件で測定したら、また違った結果になるのかも?

投稿: bun | 2012年2月18日 (土) 21時56分

のぬけす様、bun様、おはようございます( ^ω^ )ノ

福島の市民測定所のデータベースの牛乳の測定結果をいくつかピックアップすると
以下の結果になっていました。

山田牛乳(宮城県)Cs134・2.37 Cs137・2.71
北海道牛乳 Cs134・2.51 Cs137・0.00
仙台工場の森永牛乳 Cs134・4.45 Cs137・5.21
福ちゃん3.6牛乳(福島県)Cs134・0.00 Cs137・3.69
明治北海道牛乳彩る季節 Cs134・0.00 Cs137・2.95
MEGMILK メグミルク Cs134・3.73 Cs137・5.08
会津のべこの乳(福島県) Cs134・2.59 Cs137・0.00
佐渡牛乳(新潟県)Cs134・0.00 Cs137・0.00
測定機器は森永牛乳はFNF401、それ以外はAT1320Aです。

某巨大掲示板のカキコで3.11以来牛乳を止めていた人が
尿道結石になってしまったそうです。
カルシウム不足が原因らしいので、九州の牛乳を飲むことにしたとか。
バズビーさんのサプリはサイトが消えていたとか小耳に挟んだことがあります。
バズビーさんは市販のサプリでもいいって言ってましたが。

茨城で検出されたプルト君はふくいち由来じゃなくて
過去の核実験のプルトニウムということにしたいみたいですね。
じゃあ、ふくいちから放出されたプルト君はいったいどこへ行ったのでしょうね?(^ω^;)
ガンダーセン博士はアメリカの西海岸でふくいち由来のプルト君が検出されていると
言っていましたが。
ふくいちのプルト君は全部アメリカまで行ってしまったのでしょうか?
そんなワケないですよね。
政府には是非、国内のプルト君を捜索して結果を公表してもらいたいものです。

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2012年2月19日 (日) 04時52分

私が思っている下限値以下というのは、0~下限値の間のどこかということで
その値は、食品の密度や測定する量や測定機器の種類によって違ってくるので、
例えば下限値0.67以下のAのものと、下限値9.49以下のBのものがあったとして、
本当はAは0.1でBも0.1だったとしても、
同じ結果が出るんじゃないのかなあと思っていたのですが。
違ったかな……?

福島の市民測定所のデータベースの牛乳見てみました。
北海道の牛乳出てる?福島工場だから?とびっくりしましたが
下限値以下ということだったんですね。

投稿: あきこ | 2012年2月19日 (日) 07時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/44157755

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年2月18日釧路市内放射線量測定:

« 2012年2月17日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年2月19日釧路市内放射線量測定 »