« 2012年2月14日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年2月16日釧路市内放射線量測定 »

2012年2月15日 (水)

2012年2月15日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.08μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

細かい雪が降っていた。
予報では南西となっているけど公園の交通安全旗は西風だった
マイナス4℃の未明に測定。

広瀬隆さん講演会「収束宣言の嘘を暴く!」-1
http://www.ustream.tv/recorded/20390246

広瀬隆さん講演会「収束宣言の嘘を暴く!」-2
http://www.ustream.tv/recorded/20392574

広瀬隆じいちゃんの埼玉での講演会動画です。
-1が約二時間、-2が約一時間半です。
内容は基本的には以前に見た福島公演とダブっていますが
こちらの方が時間が長いぶん更に詳しい内容となっています。
原発事故の原因をテクニカルな面で詳しく突っ込んでいて
東電や政府は津波が原因といっているけど、
実は地震で原発は壊れたのだと説明しています。
耐震基準なんて無意味で、直下が来たら全国の原発は全て耐えられないのだと。
現在の日本がどれほどの巨大地震発生の状態にあるのかについての説明は
今回の講演見ていて私は最も戦慄を覚えました。
広瀬さんは富士山噴火はあると感じているそうです。
そしてそれに連動して発生する巨大地震も((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

1_2

2_2

今回も原子炉内が超高温状態になってそれが原因でプルトニウムすらガス化して
放出された説明がありました(;゚д゚)ゴクリ…
沸点が4612℃や4877℃のモリブデンやテクネチウムが検出されているので
それ以下の沸点のプルトニウムやウランもガス化して放出されている可能性があるのだと_| ̄|○ il||li

3

我らが頭首、高橋はるみ知事も『人間性ゼロの、この世で最低の愚鈍な化け物ども』の
一人に数えられる栄誉が与えられていました(;´Д`)・・

4

現在、ふくいち二号機の温度上昇が問題になっていますが
とてもじゃないが温度もへったくれもない状態だというのが事実らしい

5

『安心安全』なんて嘘ごまかしでいっぱい、地雷がいっぱいが真実なのか(×_×)

6

チェルノブイリでの飲食と生活の禁止区域を日本に当てはめると。
風向きの影響もあるから単純にはいえないだろうけど

7

そして、それを泊原発の事故を想定して当てはめてみれば北海道滅亡ド━(゚Д゚)━ン!!

8

食糧自給率40%の日本を地域別に見ると、東京や埼玉といった都会は
ほとんど無いに等しくて、北海道の高さは圧倒的!
で示されている福島県もけっこうな生産率だけど、もう福島の食べ物は使うべきではないので
北海道の重要度は計り知れない。
北海道に被災地瓦礫を持ち込んで処理するなんて日本人にとって自殺に等しい愚行だ。
絶対に北海道を汚染してはいけない(´・ω・`)
九州は放射能汚染安全地帯と認識されているけど
現在、九州は地殻変動が活発で、いつ巨大地震が発生してもおかしくないと
この講演で言っていました。
九州にも原発があることを考えると、もしほんとに地震発生で
原発事故が発生したら、たいへんな事態になります。
北海道は日本人の生命線といえるでしょう (`・ω・´) b
北海道に原発があるなんて、もってのほか(#゚ω゚ )
高橋はるみ知事も化け物じゃなくて、はやく人間になろうね(^・∀・^)ノ

|

« 2012年2月14日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年2月16日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/44061001

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年2月15日釧路市内放射線量測定:

« 2012年2月14日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年2月16日釧路市内放射線量測定 »