« 2012年2月12日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年2月14日釧路市内放射線量測定 »

2012年2月13日 (月)

2012年2月13日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

月と星の快晴、風は感じられないマイナス15℃の未明に測定。
今朝は数字はマイナス15だけど、外で立っているとみるみる体温が奪われて
むちゃくちゃ寒かった。

さようなら原発1000万人アクション・スピーチ

こんな女の子にこんなことを話させるこの国はほんとに酷い国。
それでも石原老害はこれを「センチメント」だと評すのだろう。
でも最後に歌った『ふるさと』はセンチメントだと私も思ったわ(ー_ー)

原発反対!ヽ(`▽´)/ 再稼働させるな!ヽ(`▽´)/

|

« 2012年2月12日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年2月14日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

宮城県南部の民家の薪ストーブの灰から
5万9千bqの放射性セシウムが検出されたと今朝の新聞にでていました。
ベラルーシ同様ストーブは小さな原子炉。
ストーブの灰は舞い上がるものですから吸入もしますよね。
キロ8000bqを越えると環境庁に処分を頼めるようですが
移動させるにも許可がいる濃度です。これから木炭はBBQはどうなるのでしょう。
薪のはぜる音を聞きながらくつろぐこともままならない昨今。
原発反対!ヽ(`▽´)/ 再稼働させるな!ヽ(`▽´)/

投稿: のぬけす | 2012年2月13日 (月) 21時01分

のぬけす様、おはようございます

>ベラルーシ同様ストーブは小さな原子炉。
恐ろしい話ですね~
サバイバルな時代が来たら薪ストーブで暖とって
山菜採って魚釣って、海水干して塩造ってそれで保存食造って・・・
そんなことを昔は考えていましたが、
現在の状況はそれら全てがダメ!!
地震や津波や火山噴火は自然現象だから仕方が無いけど
原発事故は全てをダメにするから最悪ですよね(;ーдー)

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2012年2月14日 (火) 04時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/44060995

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年2月13日釧路市内放射線量測定:

« 2012年2月12日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年2月14日釧路市内放射線量測定 »