« 2012年1月6日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年1月8日釧路市内放射線量測定 »

2012年1月 7日 (土)

2012年1月7日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

薄曇り、微かに西風な未明の測定。

◆プルトニウムによる日本人殺し

めざましテレビの大塚キャスターが白血病にかかったことはネットでも噂になっているが、
最も重要な問題が提起されていない。

白血病は死亡率が60~70%という恐るべき病気である。
私の友人の子供も5歳から12歳まで闘病の末、中学1年で亡くなっている。

発病後そのほとんどを大学病院の無菌室で過ごし、その間、母親が付きっ切りで看病を続けたが、
骨髄移植を始めとするあらゆる先進医療を受けたにも関わらず助からなかった。

亡くなったときの身体は、中学1年生にしては本当に小さかった。
だが、頭部だけは腫れ上がり、大人の2倍もの大きさになっていた。
なぜこのような悲惨なことが起きてしまったのだろうか。

大塚キャスターは、福島原発3号機が爆破し、
プルトニウムが大量に飛散していた3月15日に福島入りしたという。
また番組内で安全性をアピールするため、福島産のシイタケを始めとする野菜を試食していた。

フジテレビからの命令であろうが、会社の犠牲になったということだ。
(フジテレビや国は「因果関係はない」というだけだろうが)

大塚キャスターが白血病にかかったのには明らかな理由がある。

『―発ガン―

プルトニウムが体内に入る経路は、一般には、呼吸を通じるか、
口から飲んだり食べたりするものに混ってとりこむかである。

プルトニウムは、直径1ミクロン前後の酸化プルトニウムの
かたまりとなって空中に漂いやすい。

このような微粒子は不溶性であり、
呼吸を通じて鼻(口)から吸収されると、
気管や肺の繊毛に沈着し、長く留まって組織を破壊する。

一方、消化器系を通してとりこまれたプルトニウムは、むしろ可溶性のものが問題となる。
胃腸壁を通して吸収されやすく、吸収されたプルトニウムは主として骨に集まりやすい。
これは、骨のガン、特に白血病の原因となる。』

                        「プルトニウムの恐怖」 高木仁三郎氏著より

政府は「福島産の米や野菜が安全である」と言っている。
だが、私は「福島産の野菜や肉は出荷すべきではない」と言い続けてきた。
特に放射性物資が溜まりやすいキノコ類などもってのほかだ。
キノコや野菜は食べるのではなく、
放射線を吸収してもらうため、除染のために使われるべき時である。

国が買い上げて保証金を支払うべきなのに、
こともあろうに「安全だ」といって流通させている。

本来なら完全に安全性が確保された段階で出荷されるべきなのだ。
だが、民主党政権はまったくそれをやらない。
やらないどころか、放射能を大量に含んだ食べ物を「安全だ」と言い張っている。

このままプルトニウムの飛散を放置し、情報もまったく公開されないとなれば、
日本の各地でプルトニウムによる被爆により、
大塚キャスターのような白血病患者が急増するだろう。

ところが骨が痛いなと思って病院に行っても、
病院で「リュウマチ」ですと言われるようなことが起きるだろう。
だから、テレビ局は最近リュウマチキャンペーンを行っている。

しかもTPPによって、国民健康保険制度が崩壊するかも知れないと言われ、
さらにこうしたガンなどの先進医療は保険適用外となっている。
「貧乏人は治療を受けずに勝手に死ね!」という、
まさに「フランダースの犬」の世界が日本に訪れる事になるのだ。

こうしたことのひとつひとつが、民主党政権がプルトニウムの情報や危険性を
国民に対しまったく知らせていないことの理由であって、
TPPが推進されている理由のひとつであるのだ。

なぜ福島原発は爆発までに至ったのか?
なぜ民主党政権は危険性の低いヨウ素やセシウムしか出ていないような情報ばかりに終始し、
マスコミは「東京各地で昔からセシウムが検出されていた」と安全であるかのように思わせる情報を流し
最も危険なプルトニウムの情報を国民に知らせないのか?
なぜ、経済や医療制度が破壊されているのか?
なぜ復興は進まないのか?

こうした疑問や謎を突き詰めてゆくと、
民主党の菅や野田たちによる「日本の破壊」という構図が見えてくるのである。(完)

これは某巨大掲示板の原発事故とはまったく関係の無い
とあるマンガのスレで見かけたモノです。
いつも国内で問題になっているのはセシウムのことばかりで
プルトニウムのことは全く情報が上がってきません。
アメリカ西海岸ですら福島由来のプルトニウムが検出されているというのに
日本国内にそれが無いと考えるのは不自然でしょう。
原発事故のほんとうの恐ろしさは、これからが本番なんでしょうね (:∀;)

Photo_3

|

« 2012年1月6日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年1月8日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

昨日の情報がやっぱり気になって調べていたら

※単位の「メガベクレル/平方キロメートル」は「ベクレル/平方メートル」と同じ

という事なので通常の数十10倍量降った計算になります
メガ単位で増えたと思っていたので焦りましたsweat01
私のコメントで驚かれた方がいたらゴメンナサイdespair
でも、数十倍も降ったということは↑プルトニウムも、、、(*_*)

投稿: bun | 2012年1月 7日 (土) 09時50分

昨日1月6日の福島 4号機関連の映像なんですが( ̄○ ̄;)!
http://enenews.com/watch-workers-walk-on-top-of-reactor-no-4-other-interesting-activity-near-plant
少しまえに紹介した”ぬまゆのブログ”では血液検査ほか検査データが公表されました。
心筋の異常と高血圧も気になります。

投稿: のぬけす | 2012年1月 7日 (土) 16時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/43644524

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年1月7日釧路市内放射線量測定:

« 2012年1月6日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年1月8日釧路市内放射線量測定 »