« 2012年1月24日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年1月26日釧路市内放射線量測定 »

2012年1月25日 (水)

2012年1月25日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

西の風晴れ、マイナス14℃の未明に測定。

低線量放射能は身体を健康にする!!

放射能は身体にいいwwww
大学の先生も言うておりましたwwwwwwww

私はぜんぜん門外漢なんですが、そんな私の僅かな知識では
自然放射線と原発事故で放出された放射性物質は同じじゃないっていうのがあるんですが( ^ω^; )
しかもご信頼していらっしゃる大学の先生もほんとのことは語らないようになっていると思われ

<原発推進>11大学に104億円 国と企業が提供
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120122-00000004-mai-soci
毎日新聞 1月22日(日)9時49分配信

 東京大や京都大など11国立大学の原子力関連研究に対し、06~10年度、国や原子力関連企業などから少なくとも104億8764万円の資金が提供されたことが、毎日新聞の集計で分かった。規模の大きな大学は毎年、数億円規模で受け取っている。「原子力推進」に沿う限り、研究資金を安定的に得られる仕組みで、大学が国策に組み込まれている構図が鮮明になった。

 各大学への情報公開請求で得た資料を分析した。原子力関連の研究室や研究者が、受託研究▽共同研究▽奨学寄付金▽寄付講座--の形で、国、日本原子力研究開発機構などの政府系団体、電力会社や原子力関連企業から受け取った金額を集計した。未公開部分もあるため、実際にはもっと多いとみられる。

 ほとんどは受託研究が占め93億円。特に国からの委託は高額で、文部科学省が福井大に委託した「『もんじゅ』における高速増殖炉の実用化のための中核的研究開発」(5億1463万円、10年度)など億単位も目立つ。

 共同研究は総額4億1083万円。企業側が数十万~数百万円を負担することが多い。

 奨学寄付金は総額2億1822万円で、研究者が自由に使えるケースも多い。

 個人別で最多だったのは、福島第1原発事故直後、当時の菅直人首相から内閣官房参与に任命された有冨正憲・東京工業大教授で1885万円。有冨氏は「持病があり、学会などで海外渡航する際にエコノミークラスが使えず、旅費がかさむ。その点を配慮してくれているからでは」と話す。

 企業からの寄付が研究結果をゆがめる恐れについては、「気をつけている。私は安全評価より開発研究が中心で、問題は生じないと思う」と話した。

 一方、原発の危険性に警鐘を鳴らし続けてきた京都大の小出裕章、今中哲二の両助教には、「原子力マネー」の提供はなかった。

 寄付講座は4大学が電力会社などの寄付で開設し、総額4億9100万円だった。

 大学別では、京都大33億640万円、東京大25億5895万円、東京工業大16億7481万円の順だった。【日下部聡】

これじゃまるっきり御用学者育成基金だよね(´゜∀゜`)
小出先生はもらっていないんですね、やっぱりd(・ω´・+)

|

« 2012年1月24日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年1月26日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

なぜそんなに福島に県民を呼び戻したいのか?
脱出を希望する人々をとどめたいのか?
http://twitpic.com/8b1du8
そっか…低線量被爆は体に良いからなんですね~~

>有冨氏は「持病があり、学会などで海外渡航する際にエコノミークラスが使えず、
>旅費がかさむ。その点を配慮してくれているからでは」

長旅はお疲れになるでしょうから、無理に学会に出席されなくてもね~~
菅前首相はお優しい方なんですね~~

あ~全身筋肉痛が口まできましたよ(-゛-メ)

中標津町は学校などの土壌モニタリングもしてますね
http://www.nakashibetsu.jp/nakashibetsu.nsf/doc/72de3ab6af069bf9492579650005481e?OpenDocument
釧路市はたぶん何もしてません、する気もないのでしょう、、、

掃除機の件ですがのぬけすさんのお宅も変化がないそうなので
こちらは心配ないかと思いますが、熊本の情報はなんなのか?
滋賀の方も数値が高くなったそうなので、う~ん不思議ですね、、、

投稿: bun | 2012年1月25日 (水) 16時58分

別府社長 確信犯ですね。こんなカウンターいくらで売るのでしょう。作家のワタナベさんて誰?

きのこのぬけすのシンチはγ線しか測定できませんから、ベータ線源については不明です。

ガイガーカウンターが一緒にあればわかるのに。
3.11の時に千葉県の石油コンビナート火災があり隣接した
倉庫内の劣化ウラン65kg消失のニュースもありましたから。
熊本の件、簡易測定器間の誤差の範囲であればいいのですが。

☆拡散希望の記事がありましたので貼らせてください。★

経産省前テントひろばの高橋幸子です。BCCにて失礼します。
以下、拡散していただければと思います。よろしくお願い致します。
(以下、転載転送大歓迎)
みなさま

経産省前テントひろばの高橋幸子です。
昨日、枝野経産相がテントひろばに対し退去命令(1月27日まで)を出しました。
テントひろばが4ヶ月半も維持されてきたのは、全国や世界各地の方々が交流し、情報を共有し、文字通り「反/脱原発のみんなのひろば」になっているからです。
枝野経産相がすべきことは、テントの撤去ではなく、原発の停止・再稼働の停止です。
テントは、原子力政策を全く顧みず、あまつさえ原発を再稼働させようとする経産省に対し、抗議のため、やむにやまれず建てられたものです。

原発停止のために人々がつながろうとする事さえ許さない枝野経産相の撤去命令は決して承服することができません。

今動かなければ、警備員や警察官を大量導入した実力行使も十分に考えられます。

ぜひ、枝野経産相と経済産業省に『テント撤去の中止を!』との抗議のFAX,電話、メールをしてください。
よろしくお願い致します。

★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★★☆★

経産省テントひろばは、脱原発のためのみんなのひろばです。枝野経産相と経済産業省は、テント撤去ではなく、原発停止・再稼働停止をしてください!!
枝野経産相と経済産業省に『テント撤去の中止を!』とのファックス、電話、メールを集中してください!!!
【経産省】
大臣官房 (TEL)03-3501-1609
広報 (FAX)03-3501-6942

【枝野幸男経産相】
[国会事務所]
(FAX)03-3591-2249 (TEL)03-3508-7448
[地元・大宮事務所]
(FAX)048-648-9125  (TEL)048-648-9124

投稿: のぬけす | 2012年1月25日 (水) 19時08分

bun様、のぬけす様、おはようございます(´・ω・`)ノ 

bun様、のぬけす様、雪かきによる筋肉痛、大丈夫でしょうか?
今年の冬は雪は酷いし寒さは厳しいしで、キツイですよね(=ω=)

今、福島から移住や疎開をすると脱福者って呼ばれるそうです。
福島産ガイガーは予約殺到らしいけど、まるっきり御用ガイガーみたいですね。
ブラジルとか普段からでも線量高い国があるんだから
福島の線量も問題無しみたいな、、
これってゴマカシですよね。
5年も経って病人や死人でいっぱいになったら、それがなんであるのかが
ハッキリするんだろうけど、そのときにはもう遅すぎるワケで。

経産省テントひろば、明日ですよね、撤去。
急遽、今朝のネタを変更してのぬけす様拡散希望の記事にしました。
キビシイでしょうね
これまでの事例を思い出すと、国は必ず実力行使してきましたから(=ω=)

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2012年1月26日 (木) 04時40分

ガイガーカウンター釧路さんshine
皆さまshine
またまたお久しぶりです
m(__)msweat01

熊本や滋賀は上がっているのですか?
私もガイガー購入しました。
ガイガーカウンター釧路さんを見習って定位置計測始めました。

これから上がっていくのかもしれません…。
家の中は居間は0、13、玄関は0、15μS/hです。
家の前の定位置計測はだいたい0、18μS/hです。
大阪は高い様です。
バズビーさんの言葉が頭をよぎっています…。

投稿: ケタケタ | 2012年1月27日 (金) 13時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/43844936

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年1月25日釧路市内放射線量測定:

« 2012年1月24日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年1月26日釧路市内放射線量測定 »