« 2012年1月22日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年1月24日釧路市内放射線量測定 »

2012年1月23日 (月)

2012年1月23日釧路市内放射線量測定

New863

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h
外の雪は止んでいるもよう、北東の緩い風
プラス1度

23disper

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーションと今日一日の風向きは
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらからご覧下さい。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо

23book_3   

ゴメリ医科大学で学長および病理学部長を務めていたユーリ・I・バンダジェフスキー氏。
ベラルーシ政府の見解と異なる低線量被爆の危険を発表し投獄される。
アムネスティの働きによって8年の刑が5年に短縮され、現在、ウクライナのエコロジー健康調査分析センターの理事長。

アマゾンでも本が買えるようになったのですね。
まだ読んでいませんが、気になる部分を要約して下さった方がいらしゃいました。

1.心血管系
チェルノブイリ事故後、突然死したゴメリ州の患者の倍検標本を検査したところ、99%の症状で心筋異常が存在することが明らかになった。とくに注意すべき所見は、びまん性の心筋細胞の異常で、これはジストロフィー病変と壊死の形態をとり、毒作用が働いている証拠である。
この病理学的変化に付随して、高濃度のセシウム137(およそ26Bq/㎏)が、心筋に取り込まれていることがわかった。慢性心疾患の場合になると、心臓中のセシウム137の濃度は136.8±33.126Bq/㎏と、数倍になる。
(このデータは、ゴメリ医大の123件の死亡患者と、285件の突然死の患者に対して病理的な形態調査と放射性元素の計測を行い、その結果を分析して出した)このデータはセシウム137が、心筋組織の異常に関与している証拠である。

P.17~18より抜粋)

2.腎臓

腎臓は放射性有無を排出する過程に積極的に関与するが、肝臓内では放射性セシウムは非常に高い濃度に達するゴメリ州で死亡した住民では、平均のセシウム137濃度が、大人で192.8±25.2Bq/㎏、子供で645.3±134.9Bq/㎏に達した)。肝臓組織を顕微鏡で検査したところ、組織体に病理的変化が認められたが、とりわけ最も目立った病変が認められた。たいていの場合、糸状体の毛細血管ループの壊死という形態をとる。

・・・・・(中略)・・・・・

放射性セシウムの平均濃度が36.5 Bq/㎏の突然死した症例の肝臓組織においても、同様な病変が見出される。

・・・・・(中略)・・・・・

腎臓は、放射性セシウム排泄のために重要な器官であると同時に、最初に破壊の問題に直面するため、放射性静止有無による毒性病理変化は体全体で進行する際に、腎臓の障害が主要な役割を担っていることが明確に示された。

3.肝臓

肝臓は生体の代謝変化のレベルを司る重要な臓器のひとつである。

心筋や肝臓と同様に、肝臓の状態を測定するため、臨床的評価と実験的評価を実施した。

ゴメリ病院で死亡した放射性元素を測定したところ、肝臓中のセシウム137の平均濃度は大人で162.6±15.7Bq/㎏、子供で246.8±0.98Bq/㎏であった。

全死亡例に共通に見られる肝臓組織の目立った変化は、血液循環の異常を示す所見と変性病変であった。肝実質の構成要素における顕著な細胞多形成と細胞核の多様性、いろいろな大きさの肝細胞、おもに二重核、または多核など、大きさ、携帯、染色性などが異なる細胞核が、特別な注意を引く所見であった。

・・・・・(中略)・・・・・

また、日々の生活において、肝臓は体内に取り込まれた放射性セシウムの影響だけでなく、アルコールをはじめとするほかの化学的、生物学的毒物にもさらされていることに留意する必要がある。放射性セシウムの体内取り込みに加えて、飲酒の習慣があると、アルコールの影響がない場合に比べて、何倍も重篤な肝臓破壊が起こり、重篤な脂肪肝や、肝硬変に移行する。肝臓が肝炎ウィルスに侵されている場合、状況はさらに悪化する。免疫機能の変異も原因となって、肝障害がますます悪化する。

アルコールがよろしくないということが良く判りました、、、、。
たまにでも? ちょっとでも?

(´・ω・`)ショボーン

本日、管理人除雪作業により助手見習いが記事担当いたしました o(_ _)oペコッ

|

« 2012年1月22日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年1月24日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

ガイガー様助手様
おはようございます。
重たい雪と言うか雨というか気温が低下した時が厄介なゆきですよね。
腰に来そうな・・
昨日の夜 0.0034μSv/h  気温0度以下位
今朝   0.0030μSv/h 気温+2度
γ線量はバックグラウンドレベルのようですね。
バンダジェフスキー帰宅後に読みます。

投稿: のぬけす | 2012年1月23日 (月) 07時52分

ガイガーカウンター釧路さん
(^ー^)heart04
助手さん(^ー^)heart04
皆さま(^ー^)heart04

こんにちはm(__)mnote

除雪作業…大変だな。。。sweat01
ホントに腰を傷めない様に気をつけて下さい
(>___<゚)

ネットを通じて知り合った女性(福島から家族で移住済み)の場合、ホールボディカウンターの結果では、これよりも更に高い値が出てると予想されます。
まだ値は私は知りませんが500ベクレル以上の様です。

投稿: ケタケタ | 2012年1月23日 (月) 12時14分

代打、ご苦労様です(o゜▽゜)ゝ

アルコールはNGだとのことですが、晩酌無しでもよろしいですが
2月の巨大地震来なかった祭りは飲むんでしょ?山田を(^¬^)

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2012年1月23日 (月) 15時14分

ザクザクのバシャバシャ
酷い道でした。このまま凍ったら
かなり危険な場所もできそう、ふぅー。
アチコチで腰にきたと話題になってた一日でした。

のぬけす 様
いつもありがとうございます。
久しぶりの測定はやや上下のブレがありましたね。

ユーリ・バンダジェフスキー氏の見解はウィキペディアにも
簡単にまとめられてました。

ケタケタ様
いつも、お久しぶりです!

その福島に住んでいらした方、心配ですね。
今はお元気なのでしょうか。
ペクチン、スピルリナ、発酵食品
いろいろ試して体外排出促進ですね。

ガイガー釧路様

除雪でお疲れの所、コメありがとうございます。
ほんの、すこーし、ちょこっと、一口
で、いいです。
その一口が大量だったりして、、、。


投稿: 助手見習い中 | 2012年1月23日 (月) 17時43分

2度目のコメントです。この季節、福司のしぼり立ていいですよね。お祝いはこれかな。
でも大きな酒屋さんでもヒーターの熱が直接かかるようなところに陳列してることがあるのでがっかりします。日本酒は生き物ですから。

放射性静止有無排泄? これは放射性セシウム排泄の誤変換のようです。
心筋梗塞や慢性心疾患を患っていても死後に取り出して測定しない限りセシウムが原因と特定できない状態なのですね。
さらに加えるなら腎臓にはウラン 肝臓にはコバルト 生殖にはプルトニウム 骨にはストロンチウム 
いずれもホールボディカウンターには引っかからないわけです。

ケタケタ様のお友達の数値は心配ですね。
ただ、下記の木下さんのブログによると福島の検査は検出限界がひどく緩いようです。
別の機会に再度測定してもらえたらと思います。
この件も木下さんが来釧したとき言及していたのを思い出しました。
検出限界がCs‐134:320Bq、Cs‐137:570Bq・・・数値を出す気持ちがないんでしょうね。
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/6f5a0fcc77d9eddb53030d57b29546f1

投稿: のぬけす | 2012年1月23日 (月) 19時28分

みなさん、こんばんは、、、
助手さんお久しぶりでございます…
雪かきで体がボロボロでございます(*_*)
雪、重すぎ、、、、、、

気になるブログを教えていただいたので
http://onodekita.sblo.jp/article/53247619.html
我が家の掃除機内は0.066μSv/hでした
普段部屋の中は0.074μSv/h前後なので低いくらいです
ガイガーお持ちのみなさんはいかがでしょうか?

ホールボディカウンター検出限界がCs‐134:320Bq、Cs‐137:570Bqは
今現在も同じなのでしょうか?怖いですね 10Bqだって不安なのに、、、

投稿: bun | 2012年1月23日 (月) 22時10分

おはようございます!

のぬけす様、変換間違いご指摘ありがとうございます。
肝臓のところばかり目がいってました(^-^;

福司、いいですねぇ

bun様
おひさしぶりです!除雪の疲労にはキーウィ効きますよ。

フィルターの話、熊本というところが驚きですが。
bun様のお家のフィルターはキレイそう。
我が家に掃除機はありません。(狭いので)(゚ー゚)

投稿: 助手見習い中 | 2012年1月24日 (火) 06時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/43830287

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年1月23日釧路市内放射線量測定:

« 2012年1月22日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年1月24日釧路市内放射線量測定 »