« 2012年1月12日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年1月14日釧路市内放射線量測定 »

2012年1月13日 (金)

2012年1月13日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.08μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

今日も月や星がキレイで、それだけとても冷え込んだマイナス17℃
北西の風が僅かな未明の測定。

死の灰の放射線 世界初の確認

|

« 2012年1月12日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年1月14日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

アルファ線の画像が複数公表されていたのは知りませんでした。
細胞核にプルトニウムが取り込まれている様子がわかりますね。

トンジンチ 変換できませんでした。
愛着し離れがたく感じる気持ち 貪=愛着。
原発を否定することは
今ある生活に対する
貪=愛着を捨て去ることに繋がると皆が恐れている。
反あるいは脱原発が受け入れられるには、この部分が大事かもしれません。
ところで通販生活の最新号はご覧になりましたか?

投稿: のぬけす | 2012年1月13日 (金) 22時01分

のぬけす様、おはようございます(´ω`)

コワイですねー
小出先生は「放射能は疲れを知らない」と言ってましたが
疲れを知らないどころか人間が死んでもプルト君核種は生きているんですからねえ( ▽|||)

さすがのぬけす様、よくご存じで。
仏教では愛は執着の意味で使われていますよね。
キリスト教の愛とはまた違った意味で。
俗世間で使われている愛はほとんどが仏教のいうところの貪や執着ですが。
しかしのぬけす様のおっしゃるとおりですね。
今ある生活に対する貪は捨てられない
だから脱原発したら昭和30年代や江戸時代の生活レベルになるぞって脅されると
やっぱり原発は必要だとなってしまう (´ヘ`;)

通販生活の最新号は見てませんが、また原発ネタなんですか?

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2012年1月14日 (土) 04時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/43705309

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年1月13日釧路市内放射線量測定:

« 2012年1月12日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2012年1月14日釧路市内放射線量測定 »