« 恒例、忘年茅沼温泉キャンプその二 | トップページ | 恒例、忘年茅沼温泉キャンプ »

2011年12月14日 (水)

2011年12月14日釧路市内放射線量測定

Dscn0861

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h
外はマイナス10℃ 緩い北西の風、、月は見えない

今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

14disper_4

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい

....。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。.。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

デモクラシーナウ!
2011/4/14 放送
17分

☆エネルギー問題が政治権力と結びついている。

☆核兵器は縮小傾向、民間利用は足踏み状態ながらも、いつでも軍事に転用可能
の危険をはらむ。

☆原子力産業は誇大宣伝

☆核問題と毒性の高いプルトニウムはセット

☆ヒロシマはウランの核実験、ナガサキはプルトニウムの核実験だった

☆2キロのプルトニウムで8万人

☆原発でも再処理施設でもプルトニウムは生み出される

人類の未来イコール核エネルギーなしにはあり得ないという
壮大なデマに流された者として、28年間、早くに危機意識を抱いて行動した人々
はすごいなぁ、と思う。

4日目ですが助手が担当いたしました。
明日より管理人復活いたします。 o(_ _)oペコッ

|

« 恒例、忘年茅沼温泉キャンプその二 | トップページ | 恒例、忘年茅沼温泉キャンプ »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

マイケルさんの動画を見て気がつきました。
自分は本当に鈍ーいのだと。
フクイチ営業運転でコンスタントにウラン238に中性子を吸収してプルトニウム239ができていて
3号機が爆発してもしなくてもMOXに由来しないプルトニウムは既に環境中に莫大に放出されていた。
このブログの猫さんもPuマークだった。
やっとヒューマンエラーの歌詞がちょっと理解できたのかも。
ネット検索すると経産省8月26日のプレスリリースによると76兆bq・・
セシウムの0.6億bq/hに比べれば微々たるものと小出先生は言ってましたが。

投稿: のぬけす | 2011年12月14日 (水) 22時11分

のぬけす 様
おはようございます!

鈍くてのんびりは私の得意分野です┗(^o^)┛

知れば知るほどの原発情報。
存在するだけで環境破壊が起こる事は
判りながらも推進されてるとは。

投稿: 助手見習い中 | 2011年12月15日 (木) 06時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/43275362

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年12月14日釧路市内放射線量測定:

« 恒例、忘年茅沼温泉キャンプその二 | トップページ | 恒例、忘年茅沼温泉キャンプ »