« 2011年12月29日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年12月31日釧路市内放射線量測定 »

2011年12月30日 (金)

2011年12月30日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

南西の風?空にはまばらな雲が点在していた未明の測定。
昨夜からの積雪は2センチって感じ。

食品の放射能 新基準値の問題点は


20111223 食品の放射能 新基準値の問題点は 投稿者 PMG5

正月はなにを食べたらいいのか激しく悩む(´ヘ`;)ウーム

|

« 2011年12月29日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年12月31日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

消費者の立場からは厳しいとは言えない我慢基準です。

暫定基準を経て新基準では

内部被曝だけで(;-ω-)ノ1mSv/年になってしまいました。

外部被曝と自然放射能分がこれにプラスされること

についての発言を野口さんはさせてもらえませんでしたね。

野口邦和さんの著書である『放射能のはなし』は比較的わかりやすい本でしたが
内容は外部被曝がメイン。番組では内部被曝の専門家と紹介されていたのが?でした。

今日は所用で行った根室の落石岬周辺で線量測定しました。予報が外れ根室の積雪もうっすら。
釧路振興局並みの低い数値を出すこともあるクリアパルスA2700のγ線測定結果デス。

単位μSv/h 測定日12月30日午後1時から2時にかけて気温0度前後日差しが暖かい午後でした

     落石港 0.058(雪面)岩石崖下
    船着き場 0.038(コンクリート上)
船着き場近く砂浜 0.008(地上約80センチ 手持ち 最低値更新!)
    波打ち際 0.020(砂の上)
海岸波消ブロック 0.040(ブロック上)シカの足跡あり
温根沼水源あたり 0.035(谷地坊主上)シカの足跡あり
恵茶人沼あたり 0.040 (枯れ草上)
幌戸沼あたり  0.035 (枯れ草上)

投稿: のぬけす | 2011年12月30日 (金) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/43502134

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年12月30日釧路市内放射線量測定:

« 2011年12月29日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年12月31日釧路市内放射線量測定 »