« 2011年12月25日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年12月27日釧路市内放射線量測定 »

2011年12月26日 (月)

2011年12月26日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

今日は風は無し、南の空に黒く雲のシルエットが見えた未明の測定。
今朝は外の測定がブレまくりで長いことガイガー持って突っ立ていなければならなかった。

「隠蔽の文化」と不十分な除染努力が「人倫にもとる」健康リスクをもたらしている日本、と日本政府の対応を酷評
http://ex-skf-jp.blogspot.com/2011/12/blog-post_24.html

カナダ医師会の公式雑誌、「カナダ医師会ジャーナル Canadian Medial Association Journal (CMAJ)」

曰く、

日本政府は平気な顔をして嘘をついてきた

日本政府は住民が十分に健康被害について判断できるような情報を出していない
日本政府の対応は、チェルノブイリ事故でのソ連政府の対応にはるかに劣る

一般公衆の年間被曝限度20ミリシーベルトは人倫にもとる、とんでもない基準で、こんなことを自国民に許した政府は過去数十年で世界にいない

と、一言で言えば、「ぼろくそ」の批判です。

放射線被曝最高許容量の「恣意的な引き上げ」は政府の「人倫にもとる」大失態だ、とラフは強く主張する。
「一クラス30人の子供たちを年間20ミリシーベルトの放射線に5年間さらすと、ガンのリスクが増加して30人のうち1人が発症することになる。これは全く受け入れられないものです。
過去数十年、自国民に対するこのように高いレベルの放射線リスクを平気で受け入れた政府は他にないでしょう。」

それに引き換え、日本政府がやったのは人々に福島の農作物を買うように勧めるキャンペーンだった、とラフは付け加える。
「(チェルノブイリでの)25年前の対応は、現在よりずっと技術的にも進歩しておらず、開かれた、民主的な状態ではなかったにもかかわらず、
現在の日本で行われているものよりも公衆衛生の観点から見るとずっとはるかに責任を持った[信頼できる]対応だった。」

「しかし、事故以来、日本政府は平気で嘘をつき、できるだけのことをして人々の懸念を最小限に抑えることに腐心し、そのためには人々が詳しい情報に基づく判断を下すために必要な情報すら出さなかった、
ということがはっきりしました。おそらく今でも出していないでしょう。」

犬HK「冷温停止宣言」野田首相記者会見中継を打ち切られた部分

|

« 2011年12月25日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年12月27日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

情報隠蔽し、放射能は笑ってれば大丈夫で、福島を応援するために福島産を給食で使用したり。
瓦礫を拡散。
痛みを分かち合うために均等に被爆。
瓦礫の再利用。
エコらしいよ。


電力会社は電気料値上げ。国は消費税増税。


私たちには放射能だけ残る。

こんな時代に……子供たちには本当に申し訳ない。

投稿: MUSUME | 2011年12月26日 (月) 06時35分

みなさまご無沙汰ですo(_ _)oペコッ
慌ただしい年の瀬をいかがお過ごしでしょうか
私は酒宴の多い年の瀬で、体重も2キロ増えました( ▽|||)
正月三が日を過ぎたときの体重がコワイ(;ーдー)

ほんとかどうか知りませんが、ドイツが日本国民を難民として
受け入れるとかのネタがネット上に流れています
但し、電力会社と公務員は対象外だとか。
行けるんなら、私もそーしたいですわ(-ω-)
ボロアパート住まいなんですが、下の部屋から赤ちゃんの泣き声が聞こえてきます。
最近になって生まれたらしいけど、下からやって来るのは赤ちゃんの声だけじゃなくて
タバコの臭いもスゴイんですよね。
こんな世界に生まれて来たってだけでもお気の毒なのに
その親はなんとも無知なことに喫煙している!
そのタバコが国産だったら、下の赤ちゃんは副流煙に含まれている
放射性物質を吸い込んでいることでしょう。
クリーン北海道の会の瓦礫受け入れ反対署名は目標数の半分もいかなかったし
ほんと、道民の放射能汚染に対する無関心は酷すぎです(=ω=)

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2011年12月26日 (月) 09時52分

北海道全体としてのガレキ受け入れ拒否の市民運動が今一度始まるようですよ。
期待しましょう。投げ出してはダレカの思うつぼですから。
階下の赤ちゃんの健康が心配です。2階に暮らすガイガー様も大変ですね。
酒宴が多い。咀嚼回数を一口60回にするといいらしいですよ(・∀・)
上手に嘘をつくには本当のことを半分だけ言う。
野田総理とNHKは良くご存知のようですね。

昨日は体調がよかったので
村田公園の線量測定をしました。
いつものクリアパルスA2700によるγ線量です。  単位μSv/h 
コンクリート製の人工物がなければ
公園奥の林や草地や落ち葉、小さな崖の下は0.015を下回る線量でした。
村田公園あたりにはフクイチの影響はきていないかも?

              駐車場 0.032 解体現場から出るコンクリートガレキが道路に蒔かれているところ
          公園内池のそば 0.030
    ウッドチップ引き立ての歩道 0.024
       公園奥の草地積雪あり 0.014(0.01台ははじめて購入して以来はじめてでした)
公園奥のコンクリート土留めダム近く 0.035
        ついでに塘路駅近く 0.034
      

投稿: のぬけす | 2011年12月26日 (月) 20時59分

のぬけす様、おはようございます(´・ω・`)ノ

>投げ出してはダレカの思うつぼですから。
そーですね、野豚や盗電の思うつぼにハマルのは癪ですよね(#・∀・)

下のタバコは困ったものです。
二階の私も被爆しますが、二階ですらかなりタバコが臭うのですから
下の部屋の中はスゴイことになっているでしょう。
育児ストレスでタバコスパスパしてるのかも知れませんが
逃げられない二階住民と下の赤ん坊はたまったものじゃありません。
たばこ税を一箱千円にしてもらいたいです。
ここまで値上げしたら下の親もタバコを止めるでしょう。

遠矢の測定、ご苦労様です。
リュウマチの具合が良くなってきたのでしょうか
春が待ち遠しいですね。
測定値はやっぱり人工物の無い場所は低くなるんですね。

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2011年12月27日 (火) 05時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/43501567

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年12月26日釧路市内放射線量測定:

« 2011年12月25日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年12月27日釧路市内放射線量測定 »