« 2011年12月18日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年12月20日釧路市内放射線量測定 »

2011年12月19日 (月)

2011年12月19日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

S

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

空は少し雲があるのか星は多くはなかった。
風もほとんど感じられない未明の測定。

「冷温停止状態」宣言に厳しい論調も

これが大本営発表じゃなくていったいなんであろうか?!【゚Д゚】

|

« 2011年12月18日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年12月20日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

ローカという仏教の言葉を思い出しました。
必滅の遷りゆく俗世間のことらしい。
私たちが、全世界からバッシングされていても大丈夫。
日本に住む人間には知られないよう
テレビと新聞がかくしてくれます。
辛抱強い日本人と震災直後に持ち上げられたときは
各メディアがこぞって報道してましたが
あれってどれくらい拡大報道されてたのかしらん。

投稿: のぬけす | 2011年12月19日 (月) 07時32分

のぬけす様のお連れ様のご実家は厚岸のお寺でしたっけ?
ローカなんてサンスクリット語、普通の人は知らない言葉を知っているなんて
のぬけす様はほんとに物知り(^ω^)
無常を免れぬのがこの世間なら、この国が滅ぶのもこの世の理か・・・。

震災直後は暴動を起こさない、食料の配給所でもきちんと並んでいる
そんな日本人は立派で、世界の手本になる民族だ!みたいな
そんな言われ方をしてましたね。
でも最近は、某巨大掲示板で見かけたカキコですが
日本人は暴動を起こさなかったのではなくて
起こすことすら出来ない民族だと、書かれていました。
牙の無い、大人しい盲目の羊だち、それが日本人だと。
そんな日本人たちは、先の首相の冷温停止状態と収束宣言を聞いて
もう大丈夫、ヨカッタネって喜んでいるそうです。
これで尚更、危険厨が放射能だ危険だなんて言ったら
変人な非国民扱いされることになりましたかな(=ω=)

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2011年12月19日 (月) 12時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/43420065

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年12月19日釧路市内放射線量測定:

« 2011年12月18日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年12月20日釧路市内放射線量測定 »