« 2011年11月30日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年12月2日釧路市内放射線量測定 »

2011年12月 1日 (木)

2011年12月1日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

星空。風はほとんど無いような感じ。気温マイナス5℃での測定。

溶融燃料は「格納容器内」=東電が推定結果公表-床コンクリ浸食・福島第1

 東京電力福島第1原発事故で、東電は30日、データ解析による溶融燃料位置の推定結果を公表した。1号機は「相当量」、2、3号機は一部の溶融燃料が原子炉圧力容器から格納容器に落下。床面のコンクリートを一部浸食したが、いずれも格納容器内にとどまっており、注水で冷却されていると説明した。
 原子炉内の状況は直接確認できないため、核燃料の崩壊熱などを基に計算。経済産業省原子力安全・保安院が開いた「炉心損傷推定に関する技術ワークショップ」に同日提出した。
 東電の解析によると、非常用炉心冷却装置が十分機能せず、注水停止時間が長かった1号機では、ほぼ全ての燃料が本来の位置から溶け落ち、圧力容器底部を破損して格納容器に相当量が落ちたと推定。燃料が全て格納容器内に落ちたと仮定すると、熱によって格納容器床のコンクリートを最大65センチ浸食するという。ただ、床の厚さは1メートル余りあり、東電は容器を突き抜ける事態には至っていないとみている。
 また、一定時間冷却が続いていた2、3号機では、燃料の約6割が溶け落ちたと推定。そのまま格納容器に落ちたとしても、床コンクリートの浸食は2号機で最大12センチ、3号機で同20センチにとどまるとした。(2011/11/30-17:19)

メルトダウンはしてもメルトスルーまではいっていないという認識なのか。
昨日からイラクで核施設の爆発があったとかで、ネットで情報が流れている。
爆発原因については二転三転していてはっきりはしていない。
たぶん業界基準の隠蔽にやっきになているとか。
もちろん、東電の発表なんて信じてませんわ(=ω=)

|

« 2011年11月30日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年12月2日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

ガイガーカウンター釧路さん
(^-^)heart04
皆さま(^-^)heart04
おはようございますm(__)mheart04
大阪は一雨来そうな分厚い雲に覆われていますcloud

>ガイガーカウンター釧路さんshine

燃料ってこのまま65センチの侵食だけで留まってくれませんよねsweat01
8月か9月頃に見た小出先生が出演なさっていた番組で確か
『燃料は定位置から落ち、覆われたコンクリートをじわじわと溶かして地下水まで到達する。あと3ヶ月位で地下水まで届いてしまうでしょう。』
と仰っていた記憶があります…。


>musumeさんshine

美幌町役場へ今朝電話致しました。
お知らせ下さり感謝します
m(__)mheart04
以下、電話による一問一答内容です。

・瓦礫受け入れ可能と環境省へ回答したと新聞に出ていたが?

→瓦礫受け入れ可能っ回答はしているが実際に受け入れる協議には入っていない。

・では受け入れるとなればどういった経緯を辿るのか?

→国からの依頼があった時に協議に入り、住民の方々に説明会を開き、反対意見が多数となれば受け入れは出来ないと国に回答する。

・反対意見多数とは具体的にどの位の割合をお考えか?

→そこまではまだ決めていない。国からの要請があって初めて話し合っていく。

・そこははっきりさせて頂きたい。

→わかりました。これから決めていきます。

・私は美幌町の住民ではないが、美幌町への疎開する準備していた。
瓦礫を受け入れるとなれば美幌町には移住出来なくなる。
瓦礫受け入れの問題は住民だけの問題ではなく外側の人間にとっても大きな打撃となっている。
その事をきちんと話し合いの場で出して頂きたい。
又、美幌や美幌周辺のお野菜を今まで好んで探して美味しく戴いていたが、そういった事も瓦礫を受け入れる事で今後出来なくなっていく。
そういう声を併せてきちんと伝えて下さい。
掻き消さないで欲しいな…。

→解りました。きちんと届けます。

・貴方のお名前を教えて下さい。

→ウチミと申します。
[40代か50代の男性職員]

長文失礼しましたm(__)m

投稿: ケタケタ | 2011年12月 1日 (木) 10時18分

あれだけいろいろ言っていて、東電の発表を鵜呑みにはできませんよね。

musumeさん、私も微力ながら、美幌町役場へ瓦礫受け入れ反対メールを送りました。

たくさんの声が集まることを願います。

投稿: あきこ | 2011年12月 1日 (木) 16時09分

こんばんわ 皆様ご苦労様です。
問い合わせ③件目です。
今日の午後1時ころ美幌の隣町、網走に住む両親の代理として
環境衛生課に電話で問い合わせました。
担当はオオエさんでした。
北海道新聞の報道についての説明をお願いしました。
報道が正確ではなく問い合わせが増えてしまっている。
震災ガレキの受け入れは決めてはいない。
国の調査としてガレキ受け入れ可能量の数字と場所を聞かれた。
場所は津別川の上流のトイエ地区。
ゴミ処理有料化によって年間1万4千㌧のゴミが半減したため
増設した処理場に一年あたり7000㌧受け入れ可能となった。
期間は訊かれていない。
その後国あるいは道から詳しい話はない。
もしガレキ受け入れの打診があったら
町民および近隣市町村に対し
ガレキ受け入れの説明会を開く。
そこで反対ということになれば受け入れはしない。ということでした。
北海道新聞の報道は読んでいませんが
これもまた ガレキ受け入れやむなしの世論誘導をしているような気がしますね。
のぬけすは小4から中2まで清里町に住んでいました。
明日は清里町にも問い合わせてみます。
清里はでは、北海道生活体験プログラム「ちょっと暮らし大作戦」を全国展開中
ここが突っ込みどころかも。
電話0152-25-3577清里町民課町民生活グループ(生活環境担当)

投稿: のぬけす | 2011年12月 1日 (木) 18時36分

みなさま、おはようございますo(_ _)oペコッ
女戦士って感じですね、みなさま方は。

なんでこんな事をやらなければならないのかとよく思います。
海外の報道を見ると日本がやっている事は異常な事ばかりだと
外人の方の目には映るらしいです。
日本がやっている事が異常で、それを見てそれは異常だと思えるのは
正常なんで、日本の政治家や原発推進の財界がおかしいんですよね。
北海道だって高橋知事が受け入れないって言えば
どこの市町村だって受け入れますなんて言わないだろうに。
まあ、高橋はるみを選んだ道民の罪と罰だと言われればそうなんですが。
あ、私はとうぜん高橋はるみは支持しませんでした。
これからも支持することはありません。

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2011年12月 2日 (金) 09時38分

皆さんありがとうございます!
北海道は受け入れてしまうかもしれませんね。
高橋知事は岩手に瓦礫担当の方を派遣したようですし。
名寄は市長が『痛みを分かち合う』と広報に載せ、市民に理解を呼びかけるよう。

苫小牧にはメールしました。
名寄市にも、一人あたりどのくらいの痛みを受けなければいけないのか問い合わせて見る予定です。


美幌と清里はどうなっていくのか、


私は美幌に一昨日、昨日、今日と質問したりしたのですが、



昨日と今日、美幌町に連絡し、大江さん?だったかな、対応して頂きました。

美幌町は国からはまだ一切何の話しもきていないのでなんとも言えないと言っておりますが、要請がきてから住民に説明するということで、要請が来ていない今は説明する必要はないと仰っていました。

津別へ向かう場所に埋め立て7000㌧空きができる理由は、現在新しいごみ処理施設建設中のためで、国から補助(国民の税金からでしょうかね?)していただいているのに、空きがあるのに拒否できないので、国の動きを待っのみらしいです。

要請があった場合には、住民に説明し、反対意見が多ければ、受け入れない事もあるようですが、反対意見の数的なものは決まっていないようで、どのくらいの反対意見で受け入れ拒否できるのかは今のところわかりません。


昨日知ったのですが、新潟の三条市で、美幌と同じく新しいごみ処理施設建設にあたり、旧施設が空くため受け入れるらしいのですが、実は新しいごみ処理施設の建設にあたり、国から被災地瓦礫広域処理の実施の条件ありで交付金を頂いたとか…
美幌も『国から資金が~』と言っていたので気になり、問い合わせたところ、そうゆう条件つきで交付金は貰っていないと言っていましたが、ほんとかどうかは不明?
軽くあしらわれただけかも

北海道ではまず苫小牧の受け入れから始まるような感じですが、名寄市長はブログで痛みを分かち合わなければと広報で市民にも理解を求めたそうです。

美幌町、どうなるでしょうか。。

清里町は7日自治会長を集めて説明会があるようですが、清里町は焼却の受け入れ許容量を解答したようで、なんか清里町も結局はっきりしない美幌町と同じ対応のようです。

清里町については詳しくはもう少し調べてみようと思います。

色々と協力していただき、大変助かります。
本当にありがとうございます。


協力してくれた方へのメールをそのまま貼り付けました。。

投稿: musume | 2011年12月 2日 (金) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/43204654

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年12月1日釧路市内放射線量測定:

« 2011年11月30日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年12月2日釧路市内放射線量測定 »