« 2011年11月6日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年11月8日釧路市内放射線量測定 »

2011年11月 7日 (月)

2011年11月7日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

家の中が寒かったので外はさぞかし寒いだろうと思ったけど
案外と寒くはなかった未明の測定。

震災がれき、安全確認し受け入れ 高橋知事、あらためて意向表明

 高橋はるみ知事は4日の記者会見で、東日本大震災の被災地のがれき受け入れについて
「放射能のチェックを入念に行い、問題がなければ受け入れるという考えは変わっていない」と述べ、
汚染がないことを前提に、道内で受け入れる考えをあらためて示した。

 知事は東京都が3日から岩手県のがれき受け入れを始めたことに触れ、
「東京都でどのような影響があるのか、国が責任を持って情報開示をしっかりやることで道内市町村、
道民の理解も進むのではないか」として、東京都の受け入れ状況を見守る意向も明らかにした。
                                 <北海道新聞11月4日夕刊掲載>

>汚染がないことを前提に、道内で受け入れる考えをあらためて示した。
ここがいちばん信用ならない部分だと思う。

岩手県庁が、ガレキが放射性物質の133bq/kgを含むことを示したことについて、
「その値は3月以前の基準では不法だったでしょう。しかし、日本政府は2011年7月に100bq/kgから8000bq/kgに、10月に10,000bq/kgにまで瓦礫の安全基準レベルを引き上げた。」
ビアンカ・ジャガーさんが福島産を食べることを愛国行為としていることや汚染ガレキの拡散に疑問を呈した
http://merx.me/archives/13558

そもそも放射性瓦礫と普通の被災地瓦礫の安全基準がいいかげん。
大幅に引き上げられた基準値は安全基準とはいえない。
以下のブログの記事の役人とのやりとりを読むと、そのいいかげんさがよく判る。

地方自治体の被災地瓦礫の受け入れについて

・放射性廃棄物では無く一般廃棄物の選定が本当に可能なのか?
・場当たり的に基準値を上げる行政がこれから作る基準は信頼おけるだろうか?
・具体的な測定や実行に関して安全性が担保されるだろうか?
http://www.sns-freejapan.jp/2011/05/12/shinsai-3/

瓦礫受け入れを反対する人たちに対して「黙れ」と言った知事は
受け入れた瓦礫は汚染されてないと公言しているけど
じゃあ、何故にマスコミがガイガー持参で取材活動するのを禁じたのだろう?

【がれき】被災地がれき 東京で処理始まる、報道各社私物のガイガーカウンターでの測定は禁止
http://savechild.net/archives/11481.html

ほんとに汚染されていない瓦礫なら、マスコミにそれを測定させればいいのに
ほんとに安全であることをアピールできるだろう?

被災地がれき 東京で処理始まる
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111103/t10013707991000.html

この記事で不思議なのは
>また、がれきを鉛の箱の中に入れた状態で放射線量の測定が行われ、
>東京都が決めた目安の1時間当たり0.01マイクロシーベルトを大きく下回っていることを確認しました。
鉛の箱で遮蔽した状態で線量が低くかったって、瓦礫が放射能汚染されていないことの
立証にはならないんじゃ(´Д`;;)・・・
放射能汚染されていない瓦礫ならなんで鉛の箱なんかに入れる必要があるのかな?

助け合うことは大切です。
どこかの独裁者知事が言ったように、自分のことしか考えないのは良くありません。
もし、3.11が地震と津波だけで原発事故が無かったなら
被災地の瓦礫を受け入れることについては私は反対しなかったでしょう。
3.11に原発事故があったとしても、国が誠意ある対応をしていたなら
国が安全だと保証したのを信じて岩手周辺の瓦礫なら私も反対しなかったかも知れません。
しかし国は3.11以来、どのようにやってきたでしょう
ウソや誤魔化しや隠蔽ばかりだったのではないでしょうか?
ハッキリ言って、信じられないんです、上から言ってくる“安全”は。
汚染されてからではすべてが遅すぎます。
それ故に受け入れは断固、認められないんですよ( ゚ω゚ )
助け合いという観点から云うなら、全国への安全な食料の生産供給と
被災者の方が安心して疎開や移住が出来る環境を用意する事こそが
北海道がやるべき事柄じゃないのでしょうか。

|

« 2011年11月6日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年11月8日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
早朝より ガレキについての詳しいレポートありがとうございます。
ビアンカジャガーさん おお 久しぶりにみた名前です。
ゴミに放射性物質がついただけで
環境庁から原子力保安院に管轄がかわる仕組みがおかしいのですね。
誰かのせいにしてしまえる責任不在、ヘンテコリンな愛国心。

品川駅周辺で35μSv/hなんてツイッターを昨日みました。

投稿: のぬけす | 2011年11月 7日 (月) 06時49分

瓦礫処理の問題、もういい加減にしてほしいです。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
こんな時代にこんな国に子供たちを生んでしまったこと、本当に申し訳なく思ってしまいます。
原発事故まではうまく国に騙されて、素敵な日本と思っていたけれど、
全て騙されていただけだったんだなと、ほんと、今までなんにも考えずのほほんと生きてきたこと
後悔してます。。。

>のぬけす様、、

今日、木下さんの講演、行くんですよね??
会えるかもしれませんね^^V
私は青い服を着ていくことにしました。。
実家の父、母も連れていくことになりましたので、3人で行きます^^


では(o・ω・)ノ))

投稿: musume | 2011年11月 7日 (月) 09時23分

おはようございます(^^)

>また、がれきを鉛の箱の中に入れた状態で放射線量の測定が行われ、
>東京都が決めた目安の1時間当たり0.01マイクロシーベルトを大きく下回っていることを確認しました。

0.01マイクロシーベルト以下ってそんなに低いの?本当かなぁ、、、

>助け合いという観点から云うなら、全国への安全な食料の生産供給と
>被災者の方が安心して疎開や移住が出来る環境を用意する事こそが
>北海道がやるべき事柄じゃないのでしょうか。

仰るとおり!!

>『豊かな自然環境、自給率211%を誇る安全・安心でおいしい食』

知事の挨拶の一文です
これを守ってほしいものです


DASH村
http://www.ntv.co.jp/dash/
TOKIOが福島県浪江町で農業などいろんな事にチャレンジしてました
無農薬野菜、お米、器・炭づくり…お年寄りから子供まで楽しめる番組で
野菜作りのヒントもいただいてました


今日は木下さんの講演会ですね
のぬけすさん、musumeさん、いってらっしゃませo(_ _)o
musumeさん道中お気をつけて、、、

投稿: bun | 2011年11月 7日 (月) 10時19分

のぬけす様、musume様、bun様、こんにちは(・∀・)ノ

>『豊かな自然環境、自給率211%を誇る安全・安心でおいしい食』
素晴らしい挨拶ですね、はるみ知事の挨拶は。
これに泥を塗るようなマネは絶対にしないでもらいたいですね。

DASH村、判りました(^ω^)
福島でやっているとは、今では怖いことになっていますでしょうね(゚Д゚lll)
bun様ありがとうございましたo(_ _)oペコッ

|∀・)木下さんの講演会のレポ、楽しみにしてま~す
暇が出来たときでいいから、私たちが知るべきネタのレポお願いしま~す。

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2011年11月 7日 (月) 13時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/42892863

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年11月7日釧路市内放射線量測定:

« 2011年11月6日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年11月8日釧路市内放射線量測定 »