« 2011年11月2日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年11月4日釧路市内放射線量測定 »

2011年11月 3日 (木)

2011年11月3日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.08μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

靄っているのか、雲がある感じじゃないが星が見えない寒い未明の測定。

<福島第1原発>一時臨界の可能性 2号機にホウ酸水注入

 東京電力は2日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器内の気体に、核分裂の際に生じる放射性キセノン133とキセノン135がごく微量含まれている可能性があると発表した。同午前2時48分から1時間、核分裂を抑制するホウ酸480キロを水に溶かして注入した。容器内の温度や周囲の放射線量に大きな変化はないが、東電は同日の会見で「一時的、局所的に燃料が核分裂し、臨界状態になった可能性がある」との見解を明らかにした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111102-00000035-mai-soci

『「ホウ素」という文字が出てきたら、逃げる準備が必要』(武田邦彦)

「圧力容器内の核爆発」を止めるには「ホウ素の投入」が必要で「ホウ素」という文字が出てきたら、逃げる準備が必要
http://infosecurity.jp/archives/10358

1、3号機も小規模臨界の可能性 福島原発、分析進める

 福島第1原発2号機で核分裂が生じ一部で小規模な臨界が起きた可能性がある問題で、東京電力は2日、2号機格納容器から吸い出した気体を再分析し、臨界があったかどうかを確かめる作業を進めた。東電は「1、3号機についても同様のことが起きている可能性がある」としており、早期に燃料の状態を把握する必要がある。

 また政府、東電が年内に目指している「冷温停止」状態の達成について、専門家からは危ぶむ声が出ている。

 東電によると、2号機に設置した格納容器内から気体を吸い出し浄化する装置で、1日に採取した気体に放射性キセノン133、135が含まれていることを示す兆候があった。
2011/11/02 16:49   【共同通信】

今がそうか?今が逃げるときなのか?(゚Д゚lll)

|

« 2011年11月2日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年11月4日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。釧路さん。みなさん。

福島原発、危なそうですね。
もし緊急事態になったら逃げるべきなんでしょう。
風向きや、いろいろな状況によると思うのですが、
300~400キロ圏内はどういう被害になるかわからないということですから。
その緊急事態の見極めが難しいのかもしれませんが。

それから、中標津町に瓦礫のことで問い合わせをしました。

「中標津町の考えは?
安全なものだけということであれば受け入れる。

安全確認は?
環境庁や国の決めた基準をまず見て、安全性を考える。

国の安全基準は安全ではないのでは?
国の基準を鵜呑みにするのではなく、町の方でも調べたうえで、安全性を考える。

環境庁では受け入れ自治体名を公開しない方針だが公開するのか?
もし受け入れが決まったら、受け入れ前に公開する必要があると考えている。」

ということでした。
焼却したら濃縮するとか、埋め立ても危険とかを伝えて、絶対に受け入れないでほしいと伝えました。

受け入れる方針ということで、とても残念に思っています。
ただ、「国の基準を鵜呑みにしない」と「公開する」ということで、反対意見が多くなれば、
受け入れなくてすむのではないかという希望ももっています。

もし良ければ、反対の意を伝えてくれる方がいらっしゃると、嬉しいです。
中標津町のアドレスをはっておきます。
http://www.nakashibetsu.jp/nakashibetsu.nsf/doc/mail_00?OpenDocument

投稿: あきこ | 2011年11月 3日 (木) 09時18分

こんにちわ
再臨界ニュース心配ですね。
東海村での事故同様、核燃料を含む物質のたまり方や散らばり方の変化で
臨界になったり戻ったりするそうですから
東電がやっと事実を公的に認めただけかもしれません。
今まで情報がほとんどなかった2号機ですものね。
中性子の放出が常時ある環境であることがはっきりした訳で、
作業員の被曝状況が心配です。

マスクと水をもって風下へ逃げ惑う人々の先の見えない避難生活。
なし崩し的に無人地帯が形成されるのを待っているような政府と経済。
チェルノブイリのあとソ連が崩壊したように
私たちは、フクシマ後に日本が失われることを恐怖しはじめたように思います。

あきこ様
中標津町に署名入りで反対意見をメールしておきました。
回答があったらお知らせしますね。
品川貨物駅にガレキが到着したようです。
ガレキ焼却ではセシウムの再揮発で東京の空間線量が上昇中だとか。

投稿: のぬけす | 2011年11月 3日 (木) 13時43分

"工工工工エエエエエエエエェェェェェェェェ Σ(゚Д゚ノ)ノェェ,,"
中標津は瓦礫受け入れなんですかあ!?

あきこ様、なかなかナイスな攻防でしたね(`・ω・´) b
>国の安全基準は安全ではないのでは?
ここまでツッコミ入れる人はそうそういないでしょうd(・ω´・+)
でも秘密裏にこっそりと処理しない方針の中標津はまだ良心的ですね。
しかし国の方針が公開したら自治体に批判が集まるからって非公開にするなんて
なんて姑息で卑怯で住民不在な考えなんだろう(-゛-メ)
日本の民主主義国家は肩書きだけですね(#゚ω゚ )
非公開だからって、釧路町や釧路市がコソーリと受け入れないだろうねぇ?

>チェルノブイリのあとソ連が崩壊したように
>私たちは、フクシマ後に日本が失われることを恐怖しはじめたように思います。
まったくです、のぬけす様( ゚ω゚ )
日本は国家として自殺しようとしている様にすら思えてなりません。
そして民主党は日本を殺そうとしていると思えてなりません(=ω=)
私も中標津町にFuck!!(゚Д゚)凸なメールしたるか

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2011年11月 3日 (木) 14時06分

のぬけすさん、釧路さん、ありがとうございます!
力強いコメント嬉しく思います!

本当に、真実でない情報の発信元は、時代は変わっても常に時の権力者の政府ですね。
チェルノブイリの、歴史の教訓を学ばない各電力会社・政府の姿勢。
悲しく思うし、不安ですよね……。
ただ、脱原発核廃絶の動きも高まってきています。
きっと多くの人が、価値観、優先順位を考えたことだと思います。
どうか、脱原発核廃絶、そちらの方へ、カジ取りが行くように心から願っています。

投稿: あきこ | 2011年11月 3日 (木) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/42815642

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年11月3日釧路市内放射線量測定:

« 2011年11月2日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年11月4日釧路市内放射線量測定 »