« 2011年11月26日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年11月28日釧路市内放射線量測定 »

2011年11月27日 (日)

2011年11月27日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.07μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.07μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

空は雲がまばらで西風が吹いていた未明の測定。
6月2日に定点測定を開始してからの最低数値を達成。

文科省「放射線量低く見せろ」要求応じず解約になったオンライン線量計
http://www.j-cast.com/tv/2011/11/24114166.html?p=4

いちばん文科省が問題にしたのは、「アルファ通信」の使用している計数管がアメリカ製であることだった。これはアメリで校正(検定のようなもの)をした国際標準の計数管である。

   文科省がモニタリングポストなどで使っているのは、国内の日立系の会社の製品である。いまでは知られるようになってきたが、文科省が発表している放射線量は、モニタリングポストを高いところに据えたりして、市町村が発表している数値より低い。

   子どもの背丈のところを測らないのでは意味がないという批判が巻き起こり、今回は地上50センチに設置することになった。しかし数値がモニタリングポストより高く出ることに怯えた文科省は、「アルファ通信」の線量計の数値が低く出るよう仕様変更することを強硬に要求してきたのである。

   聞くところ、期限ギリギリになっても「アルファ通信」の技術者を丸一日缶詰にして、アメリカ標準ではなくここは日本なのだから日本標準にせよとの一点張りで、聞く耳を持たず。その結果、設置の仕事にも影響が出てしまったというのだ。

   このことが指し示している最大の問題点は、文科省が発表している放射能の線量は人為的に操作され、低く出るようにせよとメーカー側に要求し、それを飲まなければ切るという理不尽とも思えるやり方をしていることである。

この情報がほんとなら、お上の発表している線量の数値は意図的に
低くなるように発表されているってことになりますね。
そもそも日本基準の校正が意図的に低くなるようになっているから。
校正といえば日本アイソトープ協会が頭に浮かびます。
ここも原発村の一員とささやかれていますが。
ここの校正も意図的に低くなるように校正しているのかな?
国が測定器に低く出る日本基準校正を求めているのなら
日本アイソトープ協会の校正も限りなくブラックに近いグレーかも(;・`д・´)
まあ、貧乏な私は間違っても日本アイソトープ協会で校正なんてありえませんが(´Д`;;)
釧路総合振興局の数値は私のよりもだいたい0.05は低いけど
今まではGM管ガイガーとシンチの違いと思っていたけど
私のよりも釧路総合振興局の方が大きく低いのは、釧路総合振興局のが
日本基準校正だからか?

|

« 2011年11月26日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年11月28日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
モニタリングポストは元はチェルノブイリから拡散した影響を調べるのが目的だったため高い所に設置したのでしたよね。
それであれば、国内原発事故後なら文科省が率先して設置場所を下げさせるべきなのに。

地震の数値は国際基準、校正は日本基準、ICRPの安全基準さえも平然と無視する日本はトリプルスタンダードを越えたかもしれません。
どこまで悲しい国なるのかニッポン。
原子力関連予算が仕分け対象になるようですが、こっそーりと別の手当が行われていないか監視が必要ですよね。

北海道のモニタリングポストが9ヶ所追加されるそうですが高さ設定はどうなることやら。
いろいろな機種を検討した末、ついにマイ線量計を注文しました。
測定が早くて安定して丈夫なことを条件に選定。
いずれ遠矢周辺の数値をお知らせします。

投稿: のぬけす | 2011年11月27日 (日) 08時42分

のぬけす様、おはようございます(^-^)/

のぬけす様も遂にマイ線量計ですか!
最近はガイガーも値段が下がってきて買いやすくなりましたね。
どんな測定器かレポ楽しみです(#^ω^#)
>測定が早くて安定して丈夫なことを条件に選定。
それらの条件、大事ですよね。
私のガイガーは測定に時間がかかって、
特に最近のように寒くなると外でじっとして測定しているのが
かなり辛いです(lll>ω< )
夏も突っ立って測定していると虫に刺されるし(=ω=)

bun様もマイガイガー買ったし、ガイガーが低価格になって普及したら
私の役割も引退間近かな。

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2011年11月27日 (日) 09時32分

こんばんは~

>「アルファ通信」の使用している計数管がアメリカ製
って事は、GM管なのかな?
だったら今のモニタリング数値よりは確実に高くなりますよね
まぁ、私が購入したのもGM管ですけど^^;

のぬけすさんもガイガー仲間に~♪
どんな測定器なのかちょっと楽しみ(^^)←楽しんでどうする

ガイガー釧路さんの役割は
釧路に…いえ、日本に平和がやってくるまでですよ~
一緒に頑張っていきましょう(^^)v 
ってダメですか?
負担にならない程度に続けてくださいませo(_ _)oペコッ


あさイチの再調査結果が出ました
http://www.nhk.or.jp/asaichi/2011/10/17/01.html
納得できます??


ちょっと前の話ですが…
北海道や西日本のセシウム汚染地図の発表だけ大きなニュースになり、
予想より低くなった結果はどこも取り上げていませんよね
何もしない道を動かした汚染地図には感謝??しますが
このままだと「北海道は汚染されている…」と思われたまま
来年の観光と農畜産物への影響は少ないと思っているのか?
なんだか最近やりきれない思いでいます

投稿: bun | 2011年11月27日 (日) 20時47分

bun様、おはようございます( `・∀・´)ノ

>釧路に…いえ、日本に平和がやってくるまでですよ~
これが条件なら一生、続けなければならないような・・・。

あさイチの再調査結果、ぜんぶNDって(´Д`;;)・・・ぇ
12月15日の申し開きが楽しみですわ┐(-。ー;)┌
これだけ話題になったのだから、誰かYouTubeにうpしてくれるんじゃないかな。
地デジ難民も期待です(>∀<)
情報提供、ありがとうございましたo(_ _)oペコッ


名古屋大学のシミュレーションは北海道のふーひょ~ひがいになっただけ。
確かに道庁に土壌調査をさせただけの効果はあったけどねぇ。
でもそこまで道庁が北海道の汚染状況についての評判が気になるなら
なんで被災地瓦礫の受け入れについての風評被害は気にしないのかな?

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2011年11月28日 (月) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/43152273

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年11月27日釧路市内放射線量測定:

« 2011年11月26日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年11月28日釧路市内放射線量測定 »