« 2011年11月25日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年11月27日釧路市内放射線量測定 »

2011年11月26日 (土)

2011年11月26日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

西風が吹いて星の見える気温4℃の未明に測定。

幌延デモに1300人 昨年から6割増
http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000001111240002

■脱原発訴える

 高レベル放射性廃棄物の地下処分を研究する施設がある幌延町で23日、「11・23幌延デー北海道集会」があり、道内各地の労組や市民団体を中心に約1300人が集って脱原発を訴えながらデモ行進した。東京電力福島第一原発の事故で原子力発電と核燃料サイクルに対する不安が高まっていることを背景に、参加者は昨年より6割増と大幅に増えた。

 北海道平和運動フォーラム(山田剛代表)が主催した。集会では「核のごみの道内処分を許さない」などとする決議文を採択した後、シュプレヒコールを上げながら、町内を約2キロにわたってデモ行進した。

参加者が昨年より6割増だそうだけど、つまり昨年も幌延ではデモが行われていたんだね。
私も今年の夏に幌延へ行ったけど、静かな田舎町で
デモ行進がたったの2キロだなんて、それでも納得する程の小さな町です。
以前の認識では私の中では幌延は決着がついている事になっていましたが
今でも処分場になれば国から莫大な交付金が町に落ちるから
それで町民の生活が潤うから処分場OKなんて幌延町民が実在しているからねぇ
公式には幌延の施設は研究施設であって、実際に処分場にはならないって事になっているけど
いつ何時それが覆されるか判ったモンじゃないから、断固反対の意思表示は必要だと思います。
もうちょっと開催時期が早かったらキャンプも兼ねて私もデモに行ったのになぁ。
来年はいつの時期にやるんでしょうね(-ω-)

|

« 2011年11月25日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年11月27日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ
幌延はトナカイ牧場で町おこしをしているんでしたよね。
そして地層処理実験地。どうしたってラップランドの地衣類を主食にしている被曝トナカイを連想します。
6000年前は今より2〜3mも海水面が高かったそうですから
地層処理は、まさにあとは野となれ海や山となれ。
今年のデモには地元の人の参加も多かったのでしょうか。

投稿: のぬけす | 2011年11月26日 (土) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/43141482

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年11月26日釧路市内放射線量測定:

« 2011年11月25日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年11月27日釧路市内放射線量測定 »