« 2011年11月24日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年11月26日釧路市内放射線量測定 »

2011年11月25日 (金)

2011年11月25日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

晴れて南西の風が強い未明の測定。

グリーンピースの食品放射能調査 第2回目:冬のお魚調査
http://www.greenpeace.org/japan/ja/earthquake/monitoring/fss2/

前回の調査に引き続き、大手スーパーマーケット5社で調査を行ったところ、放射能汚染された商品が広く販売されていたことを確認しました。

前回の調査ではブリやカツオ、今回の調査ではマダラやメバチマグロなど、大型魚からの放射性物質の検出が目立ちます。
また、缶詰(サバの水煮)からも、放射性物質が検出されました。

汚染度合いが最も高かったのはユニーで購入したマダラ(北海道産)で47.3Bq/kg(セシウム134,137)。

缶詰からも放射性物質が検出されたなんて、ほんとうに海の放射能汚染は行き渡っているというか
とても身近なモノとなっているんだなぁと実感だわ
巡り巡って食卓へって(≡д≡)
北海道産の真鱈が最も汚染度が高かったとはショッキング(゚Д゚lll)
擂り身とかで真鱈は加工食品に多用されているし
ほんとに身近にまで放射性物質が来てるんですね (il`・ω・´;)

|

« 2011年11月24日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年11月26日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

マダラは給食に良く使用されています。練り物も。
給食センターに問い合わせてみたいと思います。

投稿: MUSUME | 2011年11月25日 (金) 06時41分

MUSUME様こんにちは(*^o^*)/

マダラほど加工食品に使われているお魚はないんじゃないかというくらいだから
お子さんをお持ちのお母さんとしては気にしないではいられませんよね!

前の話になりますが、23日のMUSUME様のコメントについてちょっと言わせて下さい。
MUSUME様のお父さんが美幌町の町議に電話したら、
放射能は怖くない、レントゲンと同じだと返答したそうですが
まるっきり御用学者の受け売りじゃないですか!(# ゚Д゚)

それにレントゲンによる放射線はほんとは安全ではないのです。
乳癌検診にレントゲンが使われますが、そのレントゲンが乳癌の原因になっていると
主張している研究者も存在しているのです。
アメリカではレントゲンによる放射線被爆の危険性を認識しているので
病院でレントゲンを受けるのは患者の任意がなければ行われない事になっている程なのです。

その美幌町の町議みたいな無知で無能な人間に我々の命運を委ねるべきではありません。
Fuck!!(゚Д゚)凸

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2011年11月25日 (金) 13時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/43131062

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年11月25日釧路市内放射線量測定:

« 2011年11月24日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年11月26日釧路市内放射線量測定 »