« 2011年11月17日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年11月19日釧路市内放射線量測定 »

2011年11月18日 (金)

2011年11月18日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

星が見える北西の風、氷点下4℃の未明に測定。

北海道幌延:町長側企業と契約 原子力機構、年4000万
http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/4592674.html

 日本原子力研究開発機構(原子力機構)の幌延深地層研究センターが立地する北海道幌延町で、宮本明町長(69)が関係する企業2社が、深地層研の職員住宅の賃貸と警備業務で年間約4000万円の収入を得ていることが分かった。
町長は「法令違反はなく問題ない」としているが、原子力関連の研究事業を積極的に受け入れてきた首長側が原子力マネーの恩恵を受けている実態に、行政の公平性や透明性への疑問の声も出ている。

我が家は地デジ難民でテレビ見てないからよくは知りませんが
昨日、北海道のテレビ局の番組で幌延問題が取り上げられていたそうです。
幌延町といえば今年の夏に行きましたが、空気と牛乳の美味しい所でした。
幌延問題は既に決着がついているはずですが、ほんとに大丈夫なんでしょうか?
ふくいちからヤバイゴミとか、こっそりと持ってこないだろうね?( ゚ω゚ )

バカだよ、原発始めたヤツは( ゚ω゚ )
金じゃあ買えないモノがあるって事に気づけない人間に重要懸案の決定権を与えるべきではないよ。

|

« 2011年11月17日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年11月19日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

わたしはテレビ観たけど、いやぁ〜あの町長なら福島の放射性瓦礫の最終処分場に手をあげるよ(T▽T)
金もらえるんだとさ。
町長がさ、町民でさえ、お金貰えて潤うならって言ってたから、一番の危険地帯だわ。最終処分場を幌延町にしてもいいみたいなこと言ってたような。
蕎麦やさんで観たからあまり詳しくみれなかったんだけどそんな感じじゃなかったっけ??

ってか、放射能怖いと言いながらまた外食してしまった私です(T▽T)
うちの場合、旦那が全く放射能怖くないみたいだから、話は合わないわ、野菜だらけの食卓に嫌な顔するわで、だから余計に精神的にやられるのかも(T▽T)
私も旦那にはあまり放射能放射能言ってはいけないんじゃないかという弱い部分があるから悪いんだけどね(>_<)
放射能問題で夫婦仲、ヤバイかも( ̄0 ̄;)

投稿: MUSUME | 2011年11月18日 (金) 07時29分

幌延町心配ですよね……。
本当にやめてほしいです……。

最近、シミュレーションと、木下さんのブログを見て、かなりショックをうけています。
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/a7704e4368a236304ebe19e336c3d95b
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/6744d3dfb3dcb6dba2fc64df67f85b0c

小出裕章先生や河田昌東さんとかに意見を聞けるものなら聞きたいです。
土壌調査も、自治体ごとでも北海道でも民間でもいいから、もっと細かい、はっきりした実測値が知りたいです。

投稿: あきこ | 2011年11月18日 (金) 09時32分

MUSUME様、あきこ様、こんにちは(・∀・)ノ

MUSUME様のお悩み、3.11以来原発事故関係の掲示板などで
よく見かける話です。
ほとんどが奥さんが危険厨で旦那が安全厨のパターンで、やはり話が合わないと。
家庭内で放射能の話をすると「辛気くさい」と怒られ
食事も普通に食べたい物を出さないと不機嫌になると。
で、旦那の言うとおりにしていると、子供を守れないからと
離婚して子供を連れて実家へ帰ったり疎開したりした奥さんもいました。
 今の日本は3.11以前の日本とは違うのですが、以前と変わらない生活をしたがるのは
男性に多いみたいです。
でも、どんなに気にしない、気にしないで変わらない生活がしたくても
気にしなければ放射能の影響が無いってワケじゃないので
できるだけ健康で長生きがしたければ、目をそらさないで
放射能汚染と向き合わなければならないのです。
お気楽独り者の私が夫婦関係に何か言える立場ではありませんが
セシウムの半減期は30年、たぶん一生の付き合いになります。
避けて通れない道なので、ここは腹を割って話し合ってみてはいかがでしょうか?
それとも波風立てないで夫婦関係を維持する為におとなしくしている方がいいのか。
どちらか一方だけが危険厨って難しいでしょうねぇ(-ω-)

あきこ様、情報提供ありがとうございました:(l|iヾω゙):
木下さんのブログを見ると北海道の汚染、確定みたいな感じですね(>'A`)>
北海道のセシウムはチェルノ由来だという意見もどこかで読んだことがありましたが。
ただね、私も毎日測定していて、南風が吹いていた時期よりも
北風の今の方が微妙に線量が低いんですよね平均して。
やっぱり南風の時期は影響があったのかなぁと(=ω=)
いえ、誤差の範囲といえば誤差の範囲なんですが・・・。
市町村で徹底して調査して欲しいですね。
ハッキリしてないのがいちばんキモチワルイ。

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2011年11月18日 (金) 15時57分

夏のシュミレーションでは大きく道東にかぶっていた流れもありましたよね。
あの流れが冬の間は反対向きになるわけで
来春はどんな模様になっているのやら。
これ以上の汚染は勘弁(u_u。)
白糠の数値、職場での話題にしたら
職場の安全厨さん達も一瞬凍り付きました。

明日、仕事がお休みなので 雨が降らなければ脱原発デモに参加してきます。

投稿: のぬけす | 2011年11月18日 (金) 23時07分

えっ? ・・・て、ことは
私達の仲間だったのか、のぬけすさんって・・・!

投稿: Alice | 2011年11月19日 (土) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/43044782

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年11月18日釧路市内放射線量測定:

« 2011年11月17日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年11月19日釧路市内放射線量測定 »