« 2011年11月13日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年11月15日釧路市内放射線量測定 »

2011年11月14日 (月)

2011年11月14日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

北西の風、少し雲のある未明の測定。

第一区間、日産ブルーステージの道路挟んで向かい、コース上、21.33μSv/h
信夫が丘球技場前交差点から200m地点、、コース上、9.44μSv/h
第一区間、信夫が丘球技場前交差点、歩道橋下、コース横歩道、11.80μSv/h
信夫が丘球技場前交差点、コース上、6.68μSv/h
第一区間、信夫が丘球技場前前、コース上、7.25μSv/h
陸上競技場入口より30m地点、福島第三中学校前、コース上、4.16μSv/h

我が家はテレビが無いので見ることは無かったけど昨日
「被災地に元気を」と東日本女子駅伝が福島で開催されたそうだ。
何故、汚染された地域を走らせたのだろう?
汚染されていない地域を走らせるのなら判るけど。
しかもあとで体調不良などがあっても、賠償等を一切求めないという
同意書にサインしてから走らされたそうだ。
どこまでこの国はマジキチ犯罪国家なんだ(゚Д゚;)
何故、選手本人やその親は反対しなかったのか?
モトGPの日本グランプリで選手たちが日本行きを拒否したけど
そのときはチームやスポンサーが行かなければ契約解除だと脅して
それで泣く泣く選手は日本にやって来たけど
彼らはプロだから拒否出来ない事情も多々あったろうけど
女子駅伝はアマチュアの部活でしょ?あくまでも。

駅伝開催への抗議の動きもあったみたいだけど実らなかったか
【東日本女子駅伝】当日コース沿いで空間線量測定アピール!しかしその前に止めたい!抗議行動を!!
http://ameblo.jp/halo-usaco/entry-11075252512.html
私たちの国では毎時0.6マイクロシーベルトの実行線量の地帯を「放射線管理区域」と規定しています。そこでは飲み食い、寝ること、子どもを連れ込むことなどが禁止されています。しかしこの法律が311以降、まったくなしくずし的に反故にされてしまっている。「非常事態」を名目にです。これとても許されないことですが、その放射線管理区域の設定を大幅に上回るところで、マラソンをしようというのです・・・。

大会スポンサーのケーズ電気は不買対象決定だ(゚Д゚)凸
家族や知人にもケーズ電気がいかに非道な企業であるか説明しとく
安くて品数が豊富なのでケーズ電気利用してきたけど
これからはアウトレットベスト電器かヤマダ電器にしとくわ。

|

« 2011年11月13日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年11月15日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

釧路の景中の3年生も参加したそうですね。
『10月25日、出場報告のため釧路市役所を訪れ、
蝦名大也市長から激励を受けた。』という本人名入り報道を見つけました。
親は多分30台後半くらい。
自分の子供に何をされたのかわかっているのでしょうか?
大人の都合で子供が被爆させられているヽ( )`ε´( )ノ

まずはケーズ電気不買ですね。

投稿: のぬけす | 2011年11月14日 (月) 07時40分

子供は何の罪もないのに……。
なぜ、こういうことがまかりとおるのか、わかりません。
子供は選べないのだから、大人が守るべきだと思います。

昨日、コメントしようと思ったことですが、時間がなかったので今日にしました。
クリリンといえばルフィー、パズー……じゃなくて。
瓦礫受け入れ拒否のことです。
現在、がれき受け入れ困難としているのは、
九州全域、四国全域、山口、兵庫、京都、滋賀、岐阜、愛知、埼玉、石川、群馬、秋田だそうです。
北海道は、11団体が条件付で受け入れる意向。個別の市町村名は非公表と北海道新聞に載っていました。

苫小牧に受け入れ反対のメールと電話をしましたが、のれんに腕押しな感じでした。
たくさんの反対の意見があるはず。ちゃんと届くと良いのですが。

瓦礫に、ストロンチウムなどがまざっていたらと思うとコワイです。
セシウムよりも毒性の強いストロンチウムですが、このストロンチウムやプルトニウムもはは重い物質なので、
あまり北海道には届いていないと思います。
それが福島原発から300キロぐらい離れた横浜でも出たということは、瓦礫にもついていると思います。
ストロンチウムのある所には必ずプルトニウムがあると言いますが、これは猛毒で半減期も2万4000年です。
かなりの確率でガンを発症させる毒物で肺に吸い込んだら、ある意味終わりとも言われているほどです。
これが、もしホットパーティクルとして肺に入ったら……。
また、食品からプルトニウムをとり込んだ場合も、とりこまれやすく、これが怖い内部被曝となると言われています。
近い場所の受け入れなら、ホットパーティクルが心配だし、
近くなくても、北海道内なら、怖くて北海道産のものが買えなくなってしまいます。

釧路や十勝の表明はすばらしいですね。
もう、道が、道内のどこも受け入れを拒否だと、毅然とした態度を表明してほしいです

投稿: あきこ | 2011年11月14日 (月) 12時07分

のぬけす様、あきこ様、こんにちは(__ __|||)

私たちはいったい何と戦っているのでしょう?
なぜ、常識的な事が常識として行われないのでしょうかこの国では。
なにがここまで人間の正常性を貶めたのでしょうか?
日本はおかしい、狂っている。
できれば日本人止めたいのですが、金もコネも無い身としては
嫌でもこの国で生きていくしかないのだという・・・(=ω=)
どうしておかしな事が大々的にテレビで放送されているのでしょうか?
マジでヤバイですよ、がんばれ日本は (>'A`)>

北海道、11団体が条件付で受け入れ、個別の市町村名は非公表
最初から道民に対しての説明責任の放棄ですね、これじゃあ。
安全なら説明責任を果たして納得させてもらいたいです
それすら出来ない事案なら実行すべきでは無いはずなのに(-゛-メ)

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2011年11月14日 (月) 14時40分

なんとかならないのでしょうか(>_<)
もう海外に逃げたい(T▽T)
こんなことを平気でできちゃうってことは、もしかしたら本当は放射能はそれほど害じゃないのかしら( ̄▽ ̄;)なんて、夢まで見るほど最近やられてます( ̄0 ̄;)
鬱になりそう(T▽T)

投稿: MUSUME | 2011年11月14日 (月) 19時15分

2度目のコメントです。
musume様
>私たちはいったい何と戦っているのでしょう?
私たちは今、自分自身の今までの無関心と戦っているのだと思います。
今まで生きていた年月 VS 3.11からの8ヶ月間。
無力感に苛まれたり 落ち込んだり 食欲不振になったりはもう当然です。
小出先生はこれを40年続けているんですね。
ブレないところもすばらしい。
ここのブログコメンターは実はアニメオタクの集まりでもありますよ。
先は長いですから
ここらで一休みしてジブリ三昧(とかってこれは自分のことですが)
この冬は 二階の窓のそばで水耕栽培にトライ予定。
自分で作ればセシウムやストロンチウムをさけられるかなと。
窓越しの光でも大丈夫でしょうか?是非アドバイスを!

投稿: のぬけす | 2011年11月14日 (月) 20時38分

MUSUME様のお気持ち、よくわかります
原発関連の情報に接すると、最近は心底ガッカリというか
落ち込んだ気分になります(__ __|||)

別に人生や世の中に夢や希望を持っていたワケじゃないのですが。
小学生のときにノストラダムスの大予言の本を読んで
将来、大人になっても結婚はしない
もし、好きな人ができて結婚したとしても
絶対に子供は作るまいと決意していました。
1999年7の月になっても恐怖の大王は降っては来ませんでしたが
今の日本は十分この世の終わり状態です。
あ、もしかしたら今のことかも知れませんね
恐怖の大王って放射性物質のことだったのかも。
予言によると最初に恐怖の大王は平和を口実にこの世を支配するらしいけど
それも「安全、安心」「食べて応援しよう!」や原子力の平和利用のことだったりして
そして人々がその平和の正体が実は恐怖であったと気づくのですが
それは被爆して病気になってからそれがとんでもない事だったと
やっと気づくってことじゃないかな・・・。

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2011年11月15日 (火) 06時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/42995067

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年11月14日釧路市内放射線量測定:

« 2011年11月13日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年11月15日釧路市内放射線量測定 »