« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

2011年10月31日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.11μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

公園の旗がゆらゆらと揺れていた。空の星は見えない未明の測定。

NHK『放射能大丈夫?食卓まるごと大調査』、デタラメデータで世論誘導&安全宣言
                                                                                  植田武智  02:51 10/29 2011  

 NHK『あさイチ』が10月17日、食卓の内部被ばく調査を放送。その結果は、福島の食材を食べる郡山市の一家でも被ばくゼロ、東京でも産地を気にしているか否かにかかわらず被ばく量に差は無かったとされる。ところが測定データを精査すると検出限界が示されておらず、天然放射性物質「カリウム40」のありえない値(1㍑あたり200~300ベクレル=水道水にミネラルウォーターの1千倍ものカリウムが入っていることになる)とセシウムによる被ばく量とを比べて安全の根拠とするなど、不審な点が多い。測定した研究者に取材すると、機械の故障等で正確なデータではなく再分析中とのこと。いい加減なデータで安全をPRしたNHKは質問状に対し返事をせず、NHKのサイト上からデータをこっそり消した。(消された測定データはPDFダウンロード可)
http://www.mynewsjapan.com/reports/1515

測定結果の妥当性について突っ込まれると「機械の故障等で」だとサ┐('~`;)┌
よくそんな調査番組を公共の電波に流したものですね( ゚ω゚ )
さすが国営放送の犬HKです!(#゚ω゚ )
我が家は地デジ難民なので犬HK受信料は払っていませんが
今回ほどテレビが見れなかった事を悔いたことはございません (・∀・)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

2011年10月30日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

星が見えないからたぶん曇りな無風の早朝に測定。

セシウム海洋流出、東電公表の20倍…仏研究所

 フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)は28日までに、東京電力福島第1原子力発電所事故で海洋に流出した放射性物質セシウム137の総量が2万7000テラ・ベクレル(テラは1兆倍)に上ると推計する試算を発表した。

 東電が公表している数値の20倍にあたるとしている。同研究所は、過去に経験したことのない規模の放射性物質の海洋流出になると指摘した。

 同研究所は東電と文部科学省の観測データをもとに計算。海洋汚染は3月21日以後顕著になり、総流出量の82%が4月8日までに流れ出したとしている。

昨日、我が家の家宝である原発事故前のさんまの缶詰を食べました。
ほんとに久しぶりでお魚を食べたのです。
店へ行けば普通にお魚は売っていますし、回転寿司もやっていますが
私は今のお魚は食べれません
それらはお魚じゃなくて汚魚だからです。
もうさんまの缶詰も食べれないかな、あと一缶あるけど。
ほんとにトホホな世界になってしまったものですよ::(ヽ'ω`)::
原発さえ無ければ地震があっても普通にお魚食べれたのに・・・

1_2
2_2
3
4
5
6
7

北海道におけるサンマの放射性物質モニタリング結果なんだけど
暫定基準値内っていったって、ゼロじゃないよねこれって
やっぱり食べれないよ、これじゃ(≡д≡)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

2011年10月29日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.08μSv/h
0.06に見えますがこれは光の加減によるものです。

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

空ら明るくなると一斉に消えていったが夜明け前は激しい濃霧だった早朝の測定。

フランスで脱原発に取り組む市民団体は8月31日、在フランス日本大使館の齋藤泰雄(さいとう やすお)大使に対し、
日本政府による福島原発事故後の対応に抗議する公開書簡を公の場で読み届けようとしたが、受け取りを拒否された。
フランス市民28000人による日本政府への抗議の署名を同時に届けることを予定していた。(フランスねこのブログ)
http://www.agoravox.fr/actualites/citoyennete/article/nucleaire-ou-democratie-il-faut-99974
「在フランス日本大使 齋藤泰雄閣下、
私たちは、日本政府がただちに、子どもたちを年間20ミリシーベルトまで被曝させることを許可する決定を無効にするよう、切に求めます。
そして、子どもたちが放射能にさらされないよう全ての必要な手段を取ることを求めます。
私たちはまた、日本政府がこのような非人間的な決断を行うことに保証を与えた専門家たちの名前を、直ちに公表するよう求めます。」
日本大使館への抗議に参加したフランス市民はこう記している:
「原子力があるところには、民主主義は有りえないと認めざるを得ない―少なくともフランスと日本については。」

>私たちは、日本政府がただちに、子どもたちを年間20ミリシーベルトまで被曝させること>を許可する決定を無効にするよう、切に求めます。
(。-`ω-)「ただちに、健康に影響は無い」が日本政府の公式見解だからねぇ
外国の人にこんなことやらせるなんて、日本人はハズカシイ::(ヽ'ω`)::
それでも最近の話ではザル食品規制値を5分の1にするらしいけど。
原発事故から半年以上経ってからね、
(# ゚Д゚)これこそタダチニやれよ!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

2011年10月28日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.08μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

無風。今日は星の見え方がまばらなので上空には雲があるような早朝の測定。

「グリーンピース食品放射能調査 第1 回 秋のお魚調査」
(2011 年10 月20 日発表)
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/press/pr20111020/

Green

北海道産の物はダイエーのブリが6だっただけでそれ以外はNDらしい。
岩手産のサンマもNDなのか。
最近はずーっと魚って食べていないんだよね
お刺身食べたいお寿司食べたいサンマの塩焼き食べたい (  TДT)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

2011年10月27日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

星がたくさん見え、とても冷え込んだ静かな早朝の測定。

トルコ地震で、隣国アルメニアの原発に被害

Armenia

トルコ東部で発生した地震により、トルコと国境を接するアルメニアのメツァモール原発が被害を受けました。
トルコの新聞ザマンが24日月曜、トルコ原子力庁の情報筋の話として伝えたところによりますと、23日日曜、トルコ東部で発生したマグニチュード7.2の強い地震のため、同国とアルメニアの国境地帯にあるメツァモール原子力発電所に、被害が及んでいるということです。
この報道によりますと、アルメニアの原子力専門家らは、この原発の被害を受けた部分の修復作業を開始したということです。
さらに、「メツァモール原発からの放射能漏れの量は、それほど多くはないが、緊急速報によれば、この原発の周辺地域で検出された放射能の量は、基準値を超えている」としています。
トルコ東部・ワン県で23日に発生した強い地震により、これまでに数百人が死亡、他数千名の負傷者が出ています。
なお、今回の地震の揺れは、トルコ東部のほか、イランやアルメニアなど、トルコの複数の近隣諸国でも確認されています。

(○´゚ω゚`)あれれ?原発事故は五千年に一度の確率とか誰かが言っていなかったっけ?
この報道では放射能漏れの量は、それほど多くはないがってことになっているけど
やっぱり過小評価して事実を小さく言っているんでしょ?この業界の通例に倣って。
数ヶ月後に事実公表でビックリの数値ってね ┐('~`;)┌

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

2011年10月26日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

久しぶりな快晴、公園の旗の動きが不規則で風向き不明な早朝の測定。

【西ドイツ放送】 死の地域に生きる

見ていてとてもやるせないil||li (つω-`*)il||li
ほんとの事と思いたくないけどこれが福島の現実なんだね・・・
いまだに原発を推進したがっている人たちはこれを見て心が痛まないのだろうか?
地震や津波は酷かった、でもそれは自然現象だから仕方が無い部分もある。
でも原発事故は違う。
放射能汚染が無ければ、北海道の私たちだって
食べて応援するのも、瓦礫や家畜の受け入れだって〝有り〟だったろう
原発の存在が福島の復興を難しくしているのを否定するのは現実を見ていない人じゃないだろうか?
「タダチニー」とか「安心安全」「基準値以下」なんて言葉は、放射能汚染を無毒化できる呪文じゃないよ。

福島県の桃・ぶどう生産者さん「岡山県で農業をはじめませんか」
http://www.hyouryuu.co.jp/order/fukushima.html

避難・疎開計画
北海道「疎開プロジェクト」-家賃25年3月まで無料

http://prepper.blog.fc2.com/blog-entry-25.html

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

環境省が「汚染がれき処理特措法」について国民の意見を募集しています

環境省が「汚染がれき処理特措法」について国民の意見(パブリックコメント)
を募集しています。10/26(水)〆切です。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14327

文例を作成してみましたので、よろしかったらお使いください。改変自由、転載自由です。パブコメは「数」が勝負!同じ文章でも、意見が同じなら、氏名、住所等だけ埋めて、そのままコピペで提出して全然OKです。下記を houshasen-tokusohou@env.go.jp 宛にメールするだけなので、よろしければご協力お願いします。

------------------------------------------------------------
メール件名:
「放射性物質汚染対処特措法に基づく基本方針骨子案」等に対する意見
------------------------------------------------------------
環境省水・大気環境局総務課御中

下記の通り意見を提出します。

・氏名:
・住所:
・メールアドレス:

■意見1
○意見の対象:[1]
○意見の該当箇所:3ページ23~26行
「事故由来放射性物質による人の健康や生活環境への影響をできる限り早く低減
していくためには、現行の廃棄物処理法に基づく廃棄物の処理体制、施設等を可
能な範囲で積極的に活用し、事故由来放射性物質により汚染された廃棄物の処理
を進めていくことが重要であること」

○意見の要約:
放射性廃棄物専用の設備で処理・長期管理してほしい。

○意見及び理由:
現行の施設は、放射性物質の除去を考えてつくられたものではありません。事故
由来放射性物質により汚染された廃棄物を処理するときは、放射性廃棄物専用の
設備を新設または追加したうえで、処理・長期管理してください。

■意見2
○意見の対象:[1]
○意見の該当箇所:3ページ4行~9行
「処理等に伴い周辺住民が追加的に受ける線量が年間1ミリシーベルトを超えな
いようにすること。また、最終的な処分に当たっては、管理期間終了以後につい
ての科学的に確からしいシナリオ想定に基づく安全性評価において、処分施設の
周辺住民が追加的に受ける線量が年間10マイクロシーベルト以下であること等に
ついて原子力安全委員会が示した判断の「めやす」を満足すること。

○意見の要約:
通常処理基準「8000ベクレル/kg」の妥当性、広域処理の是非についても国民の
意見を聞いてほしい。

○意見及び理由:
現行の施設は、放射性物質の除去を考えてつくられたものではありません。従来
の放射性廃棄物基準「放射性セシウム合計100ベクレル/kg」を超える放射性物質
が含まれる廃棄物を現行施設で処理することは不安です。また、従来基準以上の
廃棄物を発生地域の域外に持ち出す「広域処理」により、放射能汚染が日本全域
に拡大する恐れがあると考えます。災害廃棄物安全評価検討会では、8000ベクレ
ル/kg以下の焼却灰を通常処理する方針を示していますが、この基準の妥当性、
広域処理の是非についてもパブリックコメントを実施し、国民の意見を聞いてく
ださい。

■意見3
○意見の対象:[1]
○意見の該当箇所:9ページ14~15行
「廃棄物の再生利用の推進のため、安全性を確保しつつ、可能な限り廃棄物の再
生品(セメントや再生砕石等)の活用を図ること」

○意見の要約:
放射性物質が含まれる廃棄物のリサイクルをやめてほしい。

○意見及び理由:
放射性物質が含まれる廃棄物をリサイクルすると、流通によって放射性物質が全
国に拡大するので、リサイクルせず放射性廃棄物専用の設備で処理・長期管理し
てください。特に放射性焼却灰の肥料へのリサイクルは、食料汚染拡大の原因に
なるのでやめてください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年10月25日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

雨降りにしては数値低めな風の無い早朝の測定。

Heute Show 「犯罪会社東電」

このドイツのコメディーニュース、見ていて笑えなかった(・_・;
以前からドイツ人の笑いのセンスは判らなかったけど。
でも言っている内容はほんとの事なのが日本人として恥ずかしい(/-\)
これが放送されたのは4月1日らしいけど
あの頃は緊張感いっぱいだったなぁ
店頭からは電池やラジオや懐中電灯やレトルトご飯とかが消えて買えなくて
海外の拡散シミュレーションを見ては釧路にかかっている日はマスク着用だったり。
まだマイガイガーが無かったから釧路の線量が判らなくて、シミュレーションどおりに
釧路にも放射性物質が飛来して来て汚染されているんじゃないかと思っていたし。
もう7ヶ月ですか?ぜんぜん安心感が無いんだよねぇ今も (≡д≡)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

2011年10月24日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

曇って風の無い温い空気の早朝に測定。
二度寝したら寝坊したわヾ('A`;)ノぁゎゎ・・

「もしかして」が一生ぬぐえない福島の親たちに 「騒ぎすぎ」と非難の声
http://news.nicovideo.jp/watch/nw133519?marquee

 事実上、原子炉の冷温停止状態を達成したと伝えられる福島第1原発。事故は少しずつ収束へ向かっているようにも見えるが、放射能の問題はまだまだ解決の見通しが立っていない。若ければ若いほど健康被害が大きいと言われるだけに、未来を担う子どもたちの両親も苦悩している。2011年10月17日のニコニコ生放送では、「放射能と子ども」と題して朝日新聞出版の週刊誌『AERA(アエラ)』とコラボした番組を放送。出演した2児の母・西片嘉奈子氏は、「『もしかして』というのが一生ぬぐえない」と不安の大きさを語った。

 西片氏は7月に福島市から山形県米沢市に自主避難している。登下校ではマスク、暑くても長そで、外では遊ばない。母子家庭で生活レベルも下がるが、異常事態の中でストレスを溜め込んでいる子どもを見て、避難を決意した。11歳の長男は「友達と離れたくない」と泣いて反抗したそうだが、今では「福島に帰れるか」と質問すると、「もう帰れないと思う」と答えるそうだ。福島に帰ると病気になって、家族を心配させるし、お金もかかる。もしかしたら、死ぬかもしれないというのが理由だ。

 親に限らず、放射能に関する情報はさまざまな方面から入ってくるし、一度県外に出て以前のような自由に触れてしまうと、不安と制限の多い福島に帰るのもつらくなってしまう。こうしたジレンマは西片家の例だけでなく、県外に出る機会の増えた夏休み後からよく聞かれるようになっているという。

■福島の内部からも「騒ぎすぎ」の声

 もう一人のゲストで小児科医の山田真氏は、福島県などで健康相談会を開いているが、
「福島で体調を崩している子どもが多くて、親御さんもすごく不安で、お医者さんのところに、これは放射能の影響じゃないのかと心配で行くけれど、お医者さんからはそんなの大丈夫だと笑い飛ばされたり、あるいは考えすぎだよと言われたりして、あまり取り合ってもらえない」

という事情から、「不安を解消するために相談会を開いてほしい」と要請された経緯を語る。恐らくは震災以降のストレスの中で、抵抗力が落ちていることが原因だと考えられるが、どんなに高い意識を持って情報を収集し、勉強していても、
「この先、たとえば、ほんの些細な症状があったとしても、それはもしかしたら影響しているんじゃないかって思わざるを得ない。一生ついて回るんじゃないかって」(西片氏)

と、どうしても親は心配になる。

 こうした姿に対して、非当事者側から「騒ぎすぎ」という意見は前々からあったのだが、山田氏によれば、福島県民の中からも非難の声が出ているようだ。
「福島で『不安だ』とか、『放射能が怖い』という風に言うと、周りの人から『何言っているんだ』と非難される。健康相談に来るのも不安に思っているということだから、人に分からないようにしたいという感じ」
「福島を出る余裕がある人は出てしまって、心配なんだけど残っている人は少数派になるものですから、いよいよ『安心だ、大丈夫だ』と言う人に囲まれて、物が言いにくくなっている」

 子どものことになると親は神経質になりがちだが、その姿は福島に残る人たちにとって、和を乱したり、風評被害に加担したりといったふうにも映るということだろうか。あえて、普段通りを心がける親もいるだろう。いずれの立場も理解できるだけに問題は複雑だ。

 山田氏は番組の最後に、
「何十年も心配しながら生きなきゃならないという状態で、それを抑えてしまおうという雰囲気、それに乗っかって『福島騒ぎすぎじゃないか』って反応する人たち。これはすごく危険なことだと思います」と締めた。

村社会の、というか集団の中の怖さを感じたわ(゚Д゚lll)
北海道でも「放射能が」というと( ゚Д゚)ハァ?って顔されるけど
ほんとにヤバイ場所に居てそのほんとのヤバさを口に出来ない空気は
集団的恐怖心が根底に存在するある種の暴力みたいなモノ。
やがてその中から一人、また一人と病気になっていく
みんなが互いに安全厨の表情を装いながら・・・
まるでホラー映画みたいな。
事情があって福島から出られない危険厨の精神状態を思うと言葉もありません(=ω=)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

2011年10月23日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.11μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

雨上がり、なんとなく靄った感じで風は無しな早朝の測定。
今朝はすごくブレ幅が大きかった。
最低が0.03で最大が0.18、平均値を出すのに多くのサンプリング時間が必要だった。

柏市の市有地、地下土壌からも27万ベクレル

Photo_3

 千葉県柏市根戸の市有地で毎時57・5マイクロ・シーベルトの放射線量を検出した問題で、市は22日、地表から約30センチ下の土壌から、1キロ・グラムあたり最高で27万6000ベクレルと高濃度の放射性セシウムが検出されたと発表した。

 市は当初、原発事故との関連は「考えにくい」としていたが、文部科学省はこの日、「原発事故以降、各地で検出されているセシウムが出たことで関係があるともないとも言えなくなった」とし、市と協力して原因を解明する方針。

 土壌サンプルは地中30センチで2か所、地表面1か所で採取。最高値の内訳は、半減期が2年のセシウム134が12万4000ベクレル、同30年のセシウム137が15万2000ベクレルだった。地中の別の1か所は19万2000ベクレル、地表面は15万5300ベクレルだった。

今日から復帰です
歯痛で食事が出来なくて体力が落ちたところへこれまで身体の中に溜まっていた
悪いモノが一気に噴出したって感じでした。
季節の変わり目ってのも影響があったのかも知れません。
ご心配かけて誠に申し訳ございませんでしたo(_ _)oペコッ
様々なアドバイスもありがとうございましたo(_ _)oペコッ

世田谷のも妙な話でしたが、この千葉県柏市も妙なお話ですね
57・5μSv/hなんて、低線量地帯の私にはイメージすら出来ない数値ですが。
表土を取り除くほど放射線量が高くなったそうですが、
今回は瓶は発見されなかったのですね(;・`д・´)
 私にとって千葉県といえばサッポロビールヱビスなんですが
今でも普通にヱビス売っていますが、検査しているとかって聞きませんよねぇ
大丈夫なんでしょうかね?是非検査してもらいたいなぁ
ずーっとヱビス飲んでいないんですよねぇ(=ω=)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

2011年10月22日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

風は感じられない。激しい霧で上空の月は今日も霞んで見えた早朝の測定。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

本日も記事は助見習い中ですo(_ _)oペコッ

これは2000年12月のテレビ番組です。
その頃はテレビを観ていたので記憶が残っている内容です。
汚泥処理、瓦礫問題、すっかり日本もこの番組の中にある
台湾の人々といつ同じ立場になるかわからない状況になってしまった。
10年で本当にいろいろ変わるものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

2011年10月21日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.08μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

無風、空には月が霞んで見えた。それが雲でなのか霧で霞んでいるのかは
その時点では判らなかった早朝の測定。
「放射性物質汚染対処特措法に基づく基本方針骨子案」等に対する意見の募集には
お断りを送っときました( ゚ω゚ )

Aa

dog    cat    dog    cat    dog

本日も記事は助手見習いです o(_ _)oペコッ

私は人形峠の事は知りませんでした_| ̄|○
1963年に鉱山は閉山してますが濃縮プラントは2001年まで稼働。
ググるといろいろでてきます。
残土問題は今も残っていて鳥取県岡山県の県境の人々の生活を
脅かしている。ウランの半減期は45億年。
知らない事ばかりの原発事情です。
アメリカに捨てに行った?
煉瓦に混ぜて売った?
取り締まる法律がないなんて、、、。
日本は危険物無法地帯だったの?

以下ウィキペディアより引用

人形峠のウラン探鉱活動で生じた残土は、2008年4月から日本原子力研究開発機構によってレンガに加工され、2010年12月13日までに約145万個が製造された。一般向けには「人形峠製レンガ」として販売している。このレンガにはごく微量のウランが含まれているが、レンガの放射線量は平均0.22μS/hで花崗岩と同じ程度のため安全としており、現在までに各地で花壇や歩道の整備などに使われている。

       

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

2011年10月20日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい

今日も晴れ、公園の交通安全旗は北からの風に靡いていた早朝の測定。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

本日、管理人体調不良の為、助手見習いが記事担当です。 o(_ _)oペコッ

アメリカの作家ジュディ・アーヴィングが監督
1982年、サンダンス映画祭・国際エミー賞受賞作。

重い内容にも拘わらず、眼がくぎずけになりました。
(心臓の弱い私でも見る事ができましたが豚の実験や原爆に焼かれた被害者の映像
などありますので、不調の方は見ないか、又は観た元気な人から内容を教えて貰う事を
オススメします)
広島の話もでてきます。原爆の加害国,被害国のボーダーラインを
外せばみえてくる。日本の原発導入の時のプロパガンダはそっくりそのまま
アメリカからの輸入品だったのですね。核実験の映像は凄まじいものです。

この映画からも、声を上げる事の大切さをしっかり学びました。
ユデガエルにならないために、、、。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

2011年10月19日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.08μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

風は無く、良く晴れた早朝の測定。
今朝も妙に数値が低かった。

ドイツZDFテレビ「福島原発労働者の実態」

私は二十代前半の頃、バイト先で知り合ったおばさんに
泊原発で働かないかと誘われたことがありました。
そのおばさんの親類が泊原発の下請けをやっているのだそうで
かなり良いお給料でしたが、当時から原発反対派の私はお断りしました。
もしそこでOKしていたら、今頃私はどーなっていたでしょうね┐('~`;)┌
わたしも~千の風にぃ~なっていたかも~ オワタ\(^o^)/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

2011年10月18日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.07μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

西風が強くて寒い晴れ渡った早朝の測定。
今朝は妙に低かった。
高ければ高いで変だと思い、低ければ低いで妙だと思う人間心理。

我が家は地デジ難民でテレビ無しの生活なので判らないのですが
昨日の朝のNHKのあさイチの番組内容について2ちゃんの原発スレは
祭り状態みたいに盛り上がっていました。
日本各地のご家庭の食事がどれだけベクレているかの調査?がそれらしいけど
福島の家庭の料理はゼロだとか
北海道はかなり汚染されているとか番組内で言っていたとか
それって、ふーひょ~ひがいにならないのかな?(´Д`;;)
http://www.nhk.or.jp/asaichi/2011/10/17/01.html

Photo_3

Neta

上の記事の数値を鑑みるとあさイチの数値はもっと高くなりそうな地域がそーでもなくて
北海道なんてこの数値からするとあさイチに出ていた北海道のご家庭で食べている物の数値は高過ぎだよねぇ。

2ちゃんねるの原発スレやツイッターを見ると
誰もこの番組の内容を信じていなかった。
私も是非、最悪と評されたこの番組を見てみたいので
誰かYouTubeにでもうpしてくれないかな|∀・)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

2011年10月17日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h
7.10に見えますがこれは光の加減によるものです、
釧路で7.10μSv/h出たら氏んでます(=ω=)

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

良く晴れて南西の風が強い早朝の測定。

【食品】横浜市、小学校の給食使用食材10月13日使用分 乾燥シイタケから350ベクレル/kg検出
http://savechild.net/archives/10340.html

横浜市が行う学校給食における一日分食材の放射性物質の測定で10月12日に検査した10月13日使用分の乾燥シイタケから1キロあたり350ベクレルの放射性セシウムが検出されたと市のホームページで発表されました。

当面の間、全校で乾燥シイタケは使用を控えるようです。
詳しくはリンク先をご覧下さい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

2011年10月16日釧路市内放射線量測定

1_2

外階段地上1メートル付近、0.11μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

激しい濃霧、少し生ぬるく感じる空気、そんな早朝の測定。
朝なんだけど真っ暗!早く春にならないかなぁ(゚д゚)

北電やらせ 計画同意の根拠崩れた
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/325238.html

 もはや、プルサーマル計画実施の前提が崩れたといっていいのではないのか。

 北電泊原発(後志管内泊村)3号機をめぐる「やらせ」問題で、北電の第三者委員会が最終報告書を公表した。

 第三者委は、北電や国ばかりか道も不正工作に関与していたと指摘した。計画の正当性は既にない。

 道は同意を即刻撤回し、北電は計画そのものを白紙に戻すべきだ。

 報告書は、道が2008年7月、計画に関して意見を募集した際、道側の担当者から北電側に「反対意見が多いので、反対派の主張を打ち消す意見もほしい」との趣旨の発言があったとしている。

 道は発言を否定している。

 ただ、当時、道には同意を急がねばならない事情があったとの見方がある。計画を認めた場合、国から道に支払われる交付金の期限が迫っていたからだ。

 道は、北電の計画申し入れから11カ月後に同意した。他の原発に比べ異例の速さだった。

 報告書でも「北電の不適切行為に関し、行政の関与があった。それは、長年の企業との間の依存関係の文脈の中で生じた」と北電と道との不透明な関係に触れている。

 事実であれば、公平な立場であるべき道が推進に加担していたことになる。

 高橋はるみ知事は「あらためて調査をする」としているが、こうした状況も含め徹底的に調べ、早急に結果を公表すべきだ。もし事実ならば、知事の政治責任も問われよう。

 報告書は、北電の新たな不正工作も明らかにした。意見募集をめぐって社員が地元住民の名前を無断で使い、賛成意見を出していたという。これは捏造(ねつぞう)だ。

 シンポジウムで常務(当時)ら幹部が想定質問の準備を黙認していたとして、労使を含めた組織的関与も認めた。

 企業モラルを欠いた行為を繰り返していた北電に、最大限の安全を求められる原発を担う資格はあるのだろうか。

 これまで記者会見を拒んできた北電の佐藤佳孝社長は、第三者委の報告の場にも姿を見せなかった。

 来週、会見を開くと言うが、スピード感を持って対応しなければ、信頼回復などおぼつかない。社長ら経営陣の責任も明らかにするべきだ。

 行政がシンポジウムなどの手法で民意をくむことは、アリバイ作りにすぎないとの指摘もある。ここまでやらせが常態化している実態からすれば、看過できない。

 道民の合意を行政に反映する仕組みづくりを、根本的に考え直すべきではないか。

>第三者委は、北電や国ばかりか道も不正工作に関与していたと指摘した。計画の正当性は既にない。
そんなの最初から解りきったことじゃない~って思うのは私だけじゃないよね~( ・`∀・´)
だって高橋はるみ知事の後援会は北電とズブズブの関係だし~ ┐(´Д`┌
すべてお手盛りでしょ~やっぱり。
そーゆー人が、北海道のトップに立っているってのは、いかがなモノでしょうねぇ~(・∀・)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

2011年10月15日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.12μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

風は弱くかなりの雨降りな早朝の測定。

福島「風評被害対策のため福島産の米を、学校給食を使うようによびかける」

福島県が進めてきた収穫後のコメの放射性物質の検査が終わり、コメの作付けが行われたすべての市町村で国の基準を下回って出荷が認められました。
福島県は、今後、コメの安全性を消費者にピーアールするなど風評被害対策を強化することにしています。
原発事故を受けて福島県が進めてきた収穫後のコメの検査は、12日、二本松市などを最後に終わり、
すべての地点で国の暫定基準値を下回ったため、ことしコメの作付けを行った48市町村すべてで出荷が認められました。
検査をした1174か所のうち82%に当たる964か所で放射性物質は検出されず、
1キログラム当たり200ベクレル以上の放射性物質が検出されたのは、1か所にとどまりました。
このため福島県は、県内産のコメの安全性は確保されているとしています。
福島県は、今後、知事や職員が首都圏などの消費地に出向いてピーアールを行ったり、飲食店や学校給食で県内産のコメの積極的な利用を呼びかけたりするなど、
風評被害対策を強化することにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111013/t10013222281000.html

国のザル暫定基準値を下回ったことがほんとに安全の根拠となるのだろうか?
昨日頂いたコメントの中のお話をここで引用したくなりました、以下↓

あるツイッターで、『ロシア出張から帰った人いわく、現地のロシア人からの質問が、
「なぜ日本は国民に高濃度放射能汚染食材を食べさせるのか。福島の食物の製造流通を禁止しないのか」。
ロシアは、いまだにチェルノブイリの物は全面禁止だと』とつぶやいていた

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

2011年10月14日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.11μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

公園の交通安全旗が揺れていた、空には雲は無しな早朝の測定。
ガイガーの画像、背景が真っ暗だけどいつもの外と窓際です。

世田谷区の放射線量、再計測でさらに高い値

 東京都世田谷区の住宅街の歩道で毎時2・71マイクロ・シーベルトの放射線量が検出された問題で、区は13日、歩道に隣接する民家の敷地を含めた周辺で、より詳細な放射線量の調査を実施。

 毎時3マイクロ・シーベルトを超える値を計測した。一方、区役所には同日朝から、健康への影響などを懸念する区民からの問い合わせが相次いだ。

 区によると、今月6日の調査では、歩道上に2・5メートル間隔で9か所選び、各箇所の地上から1メートル、50センチ、5センチの3段階の高さでそれぞれ5回測定。平均値を算出したところ、地上1メートルの1か所で最も高い毎時2・71マイクロ・シーベルト、ほか複数箇所で毎時1~2マイクロ・シーベルトとなった。

 測定地点は民家から30~40センチしか離れておらず、民家の敷地内でも高放射線量が検出される可能性があり、区はあらためて13日午前、歩道と民家の敷地を調査。歩道側の速報値で3・25マイクロ・シーベルトなどを計測した。

船橋アンデルセン公園で5マイクロ・シーベルト

 千葉県船橋市金堀町の「ふなばしアンデルセン公園」の一角で、市民団体が12日に放射線量を測定したところ、毎時5・82マイクロ・シーベルトが検出されていたことがわかった。

 市民団体によると、2階建ての施設の雨どいから雨水が流れ落ちる地点で、地面から1センチの高さを測定した。

 これを受け、市が13日午前、同じ場所を測定したが、1・41マイクロ・シーベルトだったため、再度調査を行うという。

世田谷は再調査でさらに高い数値が出て、船橋は逆に低かったと。
「ふなばしアンデルセン公園」を測定した市民団体の機材はアロカなんだね
5.82μSv/hと1.41μSv/hじゃまるでGM管ガイガーとシンチみたいだけど。
動画を見るとアロカ以外にもガイガーが三つくらい置いてあるけど
他のガイガーの数値はなんぼだったんだろう?
千葉県船橋ったらサッポロビールの工場とビール園がある所じゃないか。
ヱビスはそこで作られているんだよねぇ
ヱビス大好きだけど、やっぱりもう飲めないなぁ(  TДT)
↑ここまでは昨日書いた下書き
↓そして今朝、見てびっくりのニュース


原因は放射性ラジウム=原発事故と無関係―世田谷の高放射線量・文科省

 東京都世田谷区の区道で高い放射線量が検出された問題で、文部科学省は14日未明、隣接する民家の床下にあった瓶の中から、ラジウム226とみられる放射性物質が見つかったと発表した。最大で毎時3.35マイクロシーベルトが検出された原因はこの放射性ラジウムで、東京電力福島第1原発事故とは無関係と判断した。
 文科省によると、13日午後3時半ごろ、世田谷区から「床下にある複数のガラス瓶が放射線源とみられる」との通報を受けた。同省は放射線障害防止法に基づき、担当者2人を派遣。民家の寝室の床下から、箱に入ったガラス瓶数十本を見つけた。中には粉末が入っていた。
 粉末を検査した結果、ラジウム226やビスマス214、鉛214などの放射性物質が検出されたため、鉛容器などに入れ放射線量を低減する措置を取った。14日にも専門業者に処分を依頼するという。
 この民家は1950年代に建てられ、女性が今年2月まで住んでいたが、現在は無人。女性の親族はガラス瓶などに心当たりがないと話しているといい、女性の夫(故人)も、放射性物質を扱う職業とは無関係だったという。

( ゚Д゚)ハァ? ナニそれ?金田一耕助呼べよって感じ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

2011年10月13日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

風も雲も無い今日の好天が約束されているような早朝の測定。

泊原発「地震に弱い」 新潟大名誉教授が指摘
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/324216.html

 福島第1原発事故の影響とエネルギー問題について考える「2011年原発問題全国交流集会in北海道」が9日、札幌市内で開かれた。新潟大の立石雅昭名誉教授(地質学)が「泊原発の耐震安全性」と題して講演し、福島県いわき市の住民が放射性物質が暮らしにもたらす影響について話した。

 集会は原発問題住民運動全国連絡センター(東京)の主催で、年1回、原発のある地域の持ち回りで開催。この日は、市民ら約350人が参加した。

 泊原発(後志管内泊村)の構造について、立石名誉教授は「1次冷却水が通る細管が多くあり、これらが地震に極めて弱い」と指摘。泊原発近くにある「黒松内低地断層帯」についても「大きな地震が起きる可能性がある」とし、1、2号機の再稼働を認めないよう訴えた。

泊原発は地震に自信が無い・・・・・・・( ゚ω゚ )
自信が無いならお断りデス、地震はいつかはあるんだから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

2011年10月12日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.11μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

A

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

晴れて微かに風のあるとても寒い早朝の測定。
風向き的にはもっと数値が低くてもよさそうなのに低めではない。
宇宙天気ニュースを見たらCクラスのフレアが数回発生しているそうで
今朝の数値はこれの影響なんだろうか(・・?)

続 放射性廃棄物はどこへ?

昨日うpした『放射性廃棄物はどこへ?』の続編です。
これも50分くらいと長いドキュメンタリーです。
原発を稼働させ続けるということは、放射性廃棄物を出し続けるということです。
それがどんなにハイリスクで馬鹿げたことであるのかが、このドキュメンタリーを見ると判ります。
この番組に出てくる海外の原発関係者もみな口がうまく、さも原発は安全であるかの様に語ります。
彼らは事実を過小評価し、そして近隣の住民たちは汚染され続けるのです。
人類は火を用いたことによって文明を造り発展してきましたが
核を用いることによって最後は滅ぶのかも知れませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

2011年10月11日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

雲一つ無く風も無い澄んだ空気がとても美味しかった早朝の測定。

放射性廃棄物はどこへ?
フランスのドキュメントです、50分とちょっと長いですが
恐ろしい事実をわかりやすくさらりと紹介しています。

このドキュメントを見ながら私の頭の中では道路や駐車場に
灰皿の中の吸い殻がゴッソリと捨てられている光景が展開されていました。
核廃棄物の扱いもあれと同じで、自分の目の前からゴミが消えればそれで良しとする
自己中心的な心理状態がこれらの愚行の根底にあるのでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

2011年10月10日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

風の無い薄曇り、それほど寒くなかった早朝の測定。

「仏マルクール核廃棄物処理施設での爆発死亡事故:仏当局、事故現場の放射線レベルを当初発表値から約480倍上方修正」/CRIIRAD研究所(9月30日)
http://franceneko.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/480criirad930-d.html

「放射能に関する独立研究情報委員会」CRIIRAD研究所は9月30日、9月12日にマルクール核廃棄物処理施設で起きた爆発死亡事故(死亡1名、重軽傷4名)に関するプレスリリースを発表した。(以下、要約です)

これによると、フランス当局は爆発が起きた放射性金属廃棄物用の溶解炉から検出された放射線量を、当初6万3千ベクレルと発表していたが、フランス原子力安全委員会(ASN)は9月29日、施設を運営する(フランス電力公社およびアレバ社の合弁子)会社が報告していた数値は誤りだったとして公式ホームページ上の数値を修正。当初発表値より476倍高い3千万ベクレルの放射線を測定していたことを事実上認めた。

CRIIRAD研究所は、爆発発生当時に溶解炉の中にあった4トンの放射性金属廃棄物から発生した放射能について、放射線防護原子力安全研究所(IRSN)が発表した放射線量が、爆発事故で死亡したジョゼ・マラン作業員の体から計測された毎時8.5マイクロシーベルトという放射線量(注)に比して異常に低い数値であると当初から指摘していた。

CRIIRAD研究所は23日、「秘密」を明らかにし情報を公開するよう、IRSN、原子力安全局、保健・産業・環境の各省に対し公開書簡を送付。また29日にはニーム市の裁判所に対し、放射線量を示す地図の作成と放射線量に関する計測結果の分析を行うよう指示を出すことを求めるとともに、476倍もの数値の誤差が発生し修正が行われた背景説明を求め不服申し立てを行った。

尚CRIIRAD研究所は、公表されている放射線量の値に比較して実際にはその10倍から100倍の濃度の放射性物質が放出されたと仮定すると、(マルクール施設が一般の原子力発電所に比較して更に汚染物質の排出基準が緩い施設であるにも関わらず、)同施設が許可されている基準値を上回っていた可能性があると示唆している。

(注)本件を担当するロベール・ゲリ裁判官は9月28日、爆発事故で死亡した作業員の体から検出されたこの放射線量の測定値を認める公式見解をホームページに掲載した。

3千万ベクレル(゚Д゚;)
東電もビックリの476倍もの数値の誤差(´Д`;;)・・・ぇ
近隣の街の夕暮れのテラスでテレビで大丈夫だって言ってたからと
談笑を楽しんでいたフランス人たちは・・・( ゚д゚)ポカーン

どーしてこーも公的機関の言う事って信用ならないんだろね(・_・;
いったい誰の利益に立っているのかと( ゚ω゚ )

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

2011年10月9日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

激しい濃霧でほんとは晴れているはずでも薄暗い風の無い早朝の測定。

先日、久しぶりでTSUTAYAへ行くと、原発事故関連本がすごく増えていた。
その中にまさにビックリ本ともいえる本を発見!
服部禎男著「放射能は怖い」のウソ 親子で考える放射能Q&A
9784
この本をパラパラと見てみると驚くべき内容!!
チェルノブイリでは事故直後に原子炉近くで放射線を浴びた人以外で
癌になった人はいない、とか
質問者がチェルノブイリでは子供たちが甲状腺癌になったではありませんか?に対しては
通常、被爆して癌が発症するまでには4年かかります。ところがチェルノブイリでは
子供たちは2年から3年で発症している、これが何を意味しているかわかりますか?
それは放射能によって癌になったのではないという事です。
ソ連政府が甲状腺にヨウ素が集まるのを防ぐ為に飲ませたヨウ素剤によって
甲状腺が膨れたのです等、ビックリするようなことが書かれていました。
まさに釣りですかwwwwwwwwwって感じ。
是非、みなさまも手にとってご覧になって下さい
放射能は怖くないと、心から安心できること確実です(怒)

この本の著者によると以下のような現象は放射能の影響ではないらしい
たぶん親がイソジンを飲ませたからとか言いそうだネ。

20111005 福島県の子どもの甲状腺に変化 投稿者 PMG5

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

2011年10月8日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

雨上がり、風は無い早朝の測定。

給食辞退、弁当持参認める 放射能不安…東京・稲城市教委
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20111007-OYT8T00344.htm

 東京電力福島第一原子力発電所の事故による放射能汚染への保護者の不安に対応するため、東京都稲城市教育委員会は、市立小中学校の児童・生徒の保護者が希望する場合、給食の代わりに弁当持参を認めることを決めた。申請は今月1日から受け付けているという。

 市教委によると、保護者が学校長に「学校給食辞退届」を提出すれば、その翌日から子どもの給食が停止される。給食費の徴収も約1週間後に停止されるが、今年度中は子どもへの給食再開は出来なくなる。

 市では、市立小学校11校と中学校6校の全校で給食が実施されている。福島第一原発の事故を受け、同市教委も、6月分から給食食材の産地を公表している。9月には、学校給食共同調理場などで使用した野菜や肉、魚などの放射能測定も実施し、いずれも放射能は検出されなかった。

 だが、給食に代わって弁当持参を認めてほしいという要望が寄せられており、市議会も9月30日、同趣旨の陳情を一部採択した。

 市教委によると、給食は食物アレルギーなどを除いてすべての児童・生徒に提供されており、現在も安全性は堅持されているという考えだ。しかし、現状のままで弁当持参のケースが出た場合、給食費を返金する手立てがないため、「臨時的措置」として、辞退を認めることにした。

 5日現在で申請は出ていないが、同調理場の小川三男所長は、「板挟みの部分もあるが、不安を感じている保護者がいる以上、ルールは決めておく必要があると考えた」と説明している。

 この措置は、「事態が収束するまでの間」としており、来年度も継続される見通しだ。
(2011年10月7日  読売新聞)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

2011年10月7日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.11μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

公園の木の葉は微動だにしていない、空から真っ直ぐに雨が落ちてきていた早朝の測定。

昨日の下半分もあるのを見つけたのでうp
北海道、九州に負けてる・・・(≡д≡) ガーン

800

Photo_3

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

2011年10月6日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.11μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

風は弱いけど雨の降りはけっこう強い早朝の測定。

Neta

これは2ちゃんの原発スレで拾ったモノだけど、元ネタはなんだろう?
雑誌?新聞?
これによると北海道は平年が0.0なのに今年が16.4なんて
これじゃあ、北海道にも福島からヤバイモノが来ているってことじゃないかい(>'A`)>
日本に安全な場所など無いって言う人がいるけど、ほんとうなんだネ(・_・;

あ、でも内地と比べたらぜんぜん数値小さいね、と脳内補正しといたわ(;´∀`)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

2011年10月5日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

今日も晴れていて、goo天気 風向では西風になっているけど
公園の交通安全旗を見るともっと北風だった早朝の測定。

「チェルノブイリと福島・ベラルーシから学ぶこと」
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/450/91326.html

この記事の中にある調理前のセシウム除去法は参考になったけど
これのとおりにやったら食材の旨味も除去されてしまいそう。
果物や野菜もおろしてフレッシュジュースにすればペクチンがたくさん含まれ、
セシウムの除去に有効だそうだけど、その果物や野菜自体の汚染とかは問題無いのかな?

 食品衛生法上の暫定規制値
・ 放射性ヨウ素 (野菜類):2,000Bq(ベクレル)/キログラム
・ 放射性セシウム(野菜類、卵):500Bq(ベクレル)/キログラム
※暫定規制値は、原子力安全委員会が示した指標値をもとに厚生労働省が定めたものです。
※「不検出」とは、放射能濃度が「検出限界値」に満たない(検出できない)ことを表します

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

2011年10月4日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

風の無いよく晴れた早朝の測定。
家の屋根のトタンが白くなっていて今朝も冷えた。
今朝の測定はИР-001もサイタマくんも乱高下ってワケじゃないけど
数値の出方に波があった。
なんの要因でこのような変化があるんでしょうね(・・?)

出典Dela Cruz English Club October 1,2011vol.414

日本は国を挙げて国民の命を危険にさらし、同時に日本の農業、漁
業を壊滅させようとしているようです。

なぜなら、9月23日、二本松市小浜地区で作られていた「ひとめぼ
れ」の玄米から500ベクレルの放射性セシウムが検出され、それを
JA全農福島は出荷しない方針だったのを、農水省は国の暫定規制値
は1キロ当たり500ベクレルなので、それを下回る米を故意に流通
させないのは好ましくないと妨害しているようなのです。

でも、この暫定規制値の500ベクレルという数値そのものがとんでも
ない数値です。

東北文教大松田浩平教授はご自身のFacebookで下記のように警告
しています。

【食料生産者の皆さんへ】国の暫定基準値の500Bq/Kgは全面核戦争
に陥った場合に餓死を避けるためにやむを得ず口にする食物の汚染
上限です。もしも放射性セシウム137が500Bq /Kgも含まれた食品を
3年食べたら致死量に達します。全てが基準値ぎりぎりではない
としても重複内部被曝を考えれば政府の暫定基準値では10年後に
半数以上の国民が致死量以上に内部被曝する可能性が95%を超えます。
つまり暫定基準500Bq/Kg未満で安全宣言すると言うことは、その
食品を食べた人が 10年後に半数は死亡してもかまわないと言って
いるのと同じだと言うことを忘れないでください。

追記、500Bq/Kgでやむを得ず食べる場合の期間は3ヶ月とされて
います。全面核戦争で食べ物がない場合の基準が規定の2倍の期間
も放置されています。そして国を挙げてこのようなごまかしを行っているせいで、数年後
の日本人の健康に重大な影響を与えると共に、日本の産業を危機に
陥れているのです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

2011年10月3日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

晴れてほぼ無風、外に出ると石油ストーブの排気臭がした早朝の測定

「セシウム検出新米も流通させろ!」農水省から驚愕のマル秘指令!!【セシウム検出新米】
http://jisin.jp/news/2510/2925/

9月23日、二本松市小浜地区で作られていた「ひとめぼれ」の玄米から500ベクレルの放射性セシウムが検出されたとする福島県の発表は、全国に衝撃を与えた。国が定める暫定基準値は1キロ当たり500ベクレル。上限いっぱいでの検出は初だ。

福島県は、全国4位の米の生産量を誇っている。現地に取材に行くと「国がいくら安全と言っても、消費者心理としては『たとえ1ベクレルでも、放射性物質が含まれているお米は口にしたくない』と思うでしょうね。だから全農でも自主的に調査を行い、ND米(放射性物質を機械で検出しなかった米)しか流通させない方針です」とJA全農福島米穀部の担当者は語る。福島県産の米の信頼を取り戻すために、彼らは懸命の努力を続けていた。

しかし、この全農福島の努力に対して“待った”をかけたのが農林水産省だという。「農水省は、国の方針に対しての“反逆”を許さないんです。東京・大手町の全農本部を通して、『(500ベクレルを下回った米を故意に流通させないのは)好ましくない』という農水省の官僚からの声がこちらにも届いています」(前出・JA全農福島担当者)

農政について詳しい経済ジャーナリストは「福島県内で全農が扱う米は、全体の23%でしかない。農水省は全農が国と違う二重基準を作ることで、全農契約以外の米や農家が窮地に立つのを恐れているのでしょう」と語る。そんなお役所体質が信頼回復のための全農福島の努力を犠牲にしようとしているのだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

秋の自転車キャンプツーリング&測定日記

Photo_4

今回の旅はキャンプしながら自転車で阿寒町→阿寒湖畔→相生→チミケップ湖
美幌→美幌峠→和琴半島→川湯→弟子屈と走りました。
前回の測定旅行は測定が目的の旅でしたが、今回は旅が目的で測定は
ついでにガイガー持って行って測定しましょうってスタンスでした。
秋の自転車旅は夏と違って炎天下を走らなくていいから楽ちんと思っていましたが
殆ど向かい風でぜんぜん楽ちんではない旅程でした。

2011/09/24一日目の日記

2011/09/25二日目の日記

2011/09/26三日目の日記

2011/09/27四日目の日記

2011/09/28五日目の日記

2011/09/29六日目の日記

2011/09/30七日目の日記

2011/10/01八日目の日記

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年10月2日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

晴れて無風、一週間ぶりの釧路は息が白くなる寒さの早朝の測定だった。

Photo_3
不肖ガイガーカウンター@釧路、測定旅行より只今帰還しました!
風、雨、雹、蚊、蜂、ヒグマ、暑さ、寒さ、カップルキャンパーのアヘ声等、
多くの自然現象に苦しめられましたが、なんとか生還出来ました。
いつもなら帰ってもまたすぐにどこかへ行きたくなるのですが
今回はそんな気にもならないくらいに疲れ切って帰ってきました⊂⌒~⊃。Д。)⊃
なるべく早く測定結果をうpしたい所存であります。
一週間、ネットの無い生活で情報源はラジオだけでしたが
ラジオのニュースでは除染→帰宅、原子炉周辺温度が全て下がったとか
収束ムードでいっぱいでした。

あ、そーいえば、今日で測定始めて5ヶ月目なんだね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

2011/10/01八日目の日記

18
09:41
道の駅摩周温泉地上1m5分間アベレージモードで測定0.089μSv/h。
昨夜は9時になると突然強烈な風雨が吹き荒れて大変なことになった。
屈斜路湖は海みたいに波が立ち、テントが破損しそうになったので
テントのポールを外してぺったんこのテントの中で眠れない夜を過ごした。
朝になっても風は弱まらず、朝飯食べてすぐに撤収してここまで走って来た。
今年出来たばかりの道の駅にはうんざりする程の休日客が朝からいっぱいだった。

19
11:18
JR摩周駅地上1m5分間アベレージモードで測定0.084μSv/h。
このときはまだ青空が見えていて天気は悪くなかったけど
釧路に着いてからは雨&雹が降ってえらい目にあった。
アウトドアは自然が相手だから、そこでのいろいろは仕方が無いんだけどね。
しかしサディストはマゾヒストでもあると言った心理学者の学説は
ほんとうであったとつくづくと実感した旅であった( ゚ω゚ )

                                            お終い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月1日釧路市内放射線量測定

0813new

木造モルタル二階室内窓際、窓閉め、0.09μSv/h
雲が流れて晴れ、12℃くらい 緩い北西の風

1001dispersion

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーションと今日一日の風向きは
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらからご覧下さい。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

今、日本の原発事情にどれほどの人が関心を持っているのだろう。脱原発運動の盛り上がりとは対照的に、311以前と変わらず危機感の無い暮らしを送っている人も多いのではないだろうか。日本に住んでいる以上、低線量被爆のリスクから逃れられない現実。

眼をそらしても気がつけば見えない核戦争の舞台に立たされている。

もう観客にもどることはできないのね。

アグレッシブに!デスパレイトに!脱力中

28end

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

こちらはマザーテレサの言葉を引用したブログの記事です。→☆

沖縄デモウォーク参加 — 脱原発に向けて、忘れてはならない『マザー・テレサ』の日本人への提言

「 世の中の不思議をHardThinkします 」より

ここにはとても大切な事が書かれていると思います。
少しづつ何かがおかしくなって,気がつくといびつな社会が。
組み立て直しに必要なものは?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »