« 2011年10月15日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年10月17日釧路市内放射線量測定 »

2011年10月16日 (日)

2011年10月16日釧路市内放射線量測定

1_2

外階段地上1メートル付近、0.11μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

激しい濃霧、少し生ぬるく感じる空気、そんな早朝の測定。
朝なんだけど真っ暗!早く春にならないかなぁ(゚д゚)

北電やらせ 計画同意の根拠崩れた
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/325238.html

 もはや、プルサーマル計画実施の前提が崩れたといっていいのではないのか。

 北電泊原発(後志管内泊村)3号機をめぐる「やらせ」問題で、北電の第三者委員会が最終報告書を公表した。

 第三者委は、北電や国ばかりか道も不正工作に関与していたと指摘した。計画の正当性は既にない。

 道は同意を即刻撤回し、北電は計画そのものを白紙に戻すべきだ。

 報告書は、道が2008年7月、計画に関して意見を募集した際、道側の担当者から北電側に「反対意見が多いので、反対派の主張を打ち消す意見もほしい」との趣旨の発言があったとしている。

 道は発言を否定している。

 ただ、当時、道には同意を急がねばならない事情があったとの見方がある。計画を認めた場合、国から道に支払われる交付金の期限が迫っていたからだ。

 道は、北電の計画申し入れから11カ月後に同意した。他の原発に比べ異例の速さだった。

 報告書でも「北電の不適切行為に関し、行政の関与があった。それは、長年の企業との間の依存関係の文脈の中で生じた」と北電と道との不透明な関係に触れている。

 事実であれば、公平な立場であるべき道が推進に加担していたことになる。

 高橋はるみ知事は「あらためて調査をする」としているが、こうした状況も含め徹底的に調べ、早急に結果を公表すべきだ。もし事実ならば、知事の政治責任も問われよう。

 報告書は、北電の新たな不正工作も明らかにした。意見募集をめぐって社員が地元住民の名前を無断で使い、賛成意見を出していたという。これは捏造(ねつぞう)だ。

 シンポジウムで常務(当時)ら幹部が想定質問の準備を黙認していたとして、労使を含めた組織的関与も認めた。

 企業モラルを欠いた行為を繰り返していた北電に、最大限の安全を求められる原発を担う資格はあるのだろうか。

 これまで記者会見を拒んできた北電の佐藤佳孝社長は、第三者委の報告の場にも姿を見せなかった。

 来週、会見を開くと言うが、スピード感を持って対応しなければ、信頼回復などおぼつかない。社長ら経営陣の責任も明らかにするべきだ。

 行政がシンポジウムなどの手法で民意をくむことは、アリバイ作りにすぎないとの指摘もある。ここまでやらせが常態化している実態からすれば、看過できない。

 道民の合意を行政に反映する仕組みづくりを、根本的に考え直すべきではないか。

>第三者委は、北電や国ばかりか道も不正工作に関与していたと指摘した。計画の正当性は既にない。
そんなの最初から解りきったことじゃない~って思うのは私だけじゃないよね~( ・`∀・´)
だって高橋はるみ知事の後援会は北電とズブズブの関係だし~ ┐(´Д`┌
すべてお手盛りでしょ~やっぱり。
そーゆー人が、北海道のトップに立っているってのは、いかがなモノでしょうねぇ~(・∀・)

|

« 2011年10月15日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年10月17日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

ケタケタ様 釧路ガイガー様、ありがとうございました。

秋の味覚『あかね』リンゴ(泊原発そば北海道余市産)を見つけました。
この時期限定の酸味とかおりの強い白い果実。
一番の好物なのでこれで復活する予定です。
いつもより皮を厚くむいてからいただきます。

しんぶん赤旗2011/09/10から
プルサーマル計画受け入れの見返りは、国から道に支払われる60億円の巨額交付金でした。
交付金とは「核燃料サイクル交付金」。
この交付金の特徴は
「平成20年度(08年度)までにプルサーマルの実施受入れに同意した都道府県」-など、
申請期間に「締め切り」を設けていることです。
「締め切り」までに住民同意を取りつけなければ、交付金にありつけない仕掛けです。

1983年に社会党横路孝弘氏は、知事就任直後に主張を一転させ原発容認、
1983年12月 原子力安全委員会公開ヒアリング開催。
1984年9月泊原発一号機着工。泊のプラントメーカーはいつも三菱( ̄▽ ̄)
1989年6月運転開始
当時も同じことがあったのでしょうね。
原発受け入れと抱き合わせの地方交付金、税金の使い方は大企業の思惑次第。

投稿: のぬけす | 2011年10月16日 (日) 14時52分

ガイガーカウンター@釧路さん
今日も暗い中測定ご苦労様ですo(_ _)o
みなさん こんばんはo(_ _)o

シンポで想定問答を参考に賛成意見を述べていたであろう住民は
想定問答を棒読みしていた当時の自分のVTRを見せられても
守るべきものがあるのでしょうね(会社経営の方のようでした)
しらをきり通してました その様子を見ると…やっぱりね…と

今はとにかく原発にかわる新しい自然エネルギーの開発に
力を入れてほしいですが、そんな考えあるのかどうか、、、

一昨日、スーパーを何件かハシゴして北海道産のりんごを
探しましたが、全て青森産、、、余市産は泊原発のそば?
う~ん、複雑です

投稿: bun | 2011年10月16日 (日) 17時01分

のぬけす様こんばんは|'∀`)ノ

食欲が出てきたみたいで、安心しました。
ケタケタ様のらびゅheartが効いたんですね(>∀<)
北海道産のりんごってあったんですね
私はりんごといえば東北ってイメージしかなかったので
今年はりんごは食べられないと思っていました。
私はりんごよりも柿の方が好きなんですが
さすがに北海道産の柿って無いでしょうねぇ?
今年は秋の果物もお魚も、ずーっと食べてませんわ( TДT)

やっぱり交付金、お金を出せばなんでも出来るってか?
>税金の使い方は大企業の思惑次第
その税金は、誰が払っているんだ!!ゴ━━━━(# ゚Д゚)━━━━ルァ!!

あ、怒りながら食べたら消化に悪いですね( ̄∇ ̄*)>
大好きな『あかね』お楽しみ下さい(*^¬^*)ノ

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2011年10月16日 (日) 17時10分

bun様こんばんは(*´∇`*)

すっかり早起きしても夜みたいに真っ暗になりましたよね
ガイガーの画像も暗くてなんかおどろおどろしい感じが(´Д`;;)・・・
いつかガイガーの背後に得体の知れないモノが写っていたりして(>'A`)>

やっぱり真性危険厨としては青森産りんごは食べれませんか
仮性危険厨の私も東北産の物は食べれません。
りんご、柿、みかん、干し芋、秋の美味しい物たちが・・・

東電のバカ野郎ーーーーーーーーーーー!!o(T□T)o

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2011年10月16日 (日) 17時27分

ガイガーカウンター釧路さん
(*^ー^)note
皆さま(*^ー^)note
こんばんはm(__)mペコリンnote

試合から戻りましたrockdash
近くにショップがあるのでチームメイトのシューズ研磨仲介役のケタケタですrockdash
車の中は汗と汗と汗のかほりで充満してくちゃい…
(;´д`)sweat01

余市産のりんごがあるんですねflair
のぬけすさんの食欲が少しずつ戻られる事を祈っていますshine
…こちらで手に入るのは青森か長野か岩手のみです…
(;_;)
青森は大阪と線量が同じ位なので怖々食べさせていますが…bunさんなら食べさせませんか…sweat02
やっぱりやめとこうかな…sweat02

flair今までずっと社民を応援してきたけれど、のぬけすさんの情報を聴いてがっくりしました。
なんだか裏切られた気分です。
今後の投票、考えなくちゃな…。

投稿: ケタケタ | 2011年10月16日 (日) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/42523465

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年10月16日釧路市内放射線量測定:

« 2011年10月15日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年10月17日釧路市内放射線量測定 »