« 2011年9月10日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年9月11日釧路市内放射線量測定 »

2011年9月10日 (土)

福島第一原発の放射能拡散シミュレーション(3月12日~3月17日)

放射能汚染は爆心地からの距離よりも風向きが重要だと言われています。
チェルノブイリ事故の例でも、原発から遠くの地域が酷く汚染されているのに
それほど離れていない地域が被害が少なかったり。
最も汚染が激しかったであろう福島原発が爆発したときがどうだったのか
すごく気になります。
第一原発の放射能拡散シミュレーション(3月12日~3月17日)があったのでうpします。

Photo_3

これを見ると釧路はギリギリセーフって感じですが
以下のサイトの上から三つ目に拡散アニメーションがありますが
こっちを見ると釧路は被っています(__ __|||)
http://cerea.enpc.fr/en/fukushima.html

Cereamap1

日本は世界中にご迷惑をおかけしているのですねm(。≧Д≦。)mスマーン!!
しかし北海道よりもアメリカの方が汚染、ヒドイんですね。
これは日本のみならず、地球規模の国際問題です。
頼りにならない東電や日本政府に任せっきりにしてよいモノでしょうか?
国際的な関与が必要なのでは。

|

« 2011年9月10日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年9月11日釧路市内放射線量測定 »

3.その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/41612096

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発の放射能拡散シミュレーション(3月12日~3月17日):

« 2011年9月10日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年9月11日釧路市内放射線量測定 »