« 2011年9月22日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年9月24日釧路市内放射線量測定 »

2011年9月23日 (金)

2011年9月23日釧路市内放射線量測定

P1030724

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

1

木造モルタル二階室内窓際、0.11μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

朝焼けて公園の旗を見ると風は北西だった早朝に測定。

チェルノブイリの被害者は100万人
のぬけす様に情報提供頂いた『チェルノブイリ:百万カジュアリティーズ』ですが
リンク先は消されたのか無くなっていました。
YouTubeで検索かけても何故かヒットしない(・・?)
Googleで検索して、似たような動画として見つけたのが
『チェルノブイリの被害者は100万人』でした。
のぬけす様がご覧になったのは、これとは違うのでしょうか?
二つに分割された動画ですが、全部で30分弱くらいです。
原発業界共通の隠蔽体質によって隠されている数字が『チェルノブイリの被害者は100万人』
だそうです、原発事故の影響を受けたのは人間だけじゃなく
あらゆる生態系に深刻な被害をもたらしたそうです。
被爆して異常が出ている小鳥さんがかわいそうだったil||li (つω-`*)il||li

マジで原発即刻廃止しろ!!【゚Д゚】

チェルノブイリの被害者は100万人 1/2

チェルノブイリの被害者は100万人 2/2

|

« 2011年9月22日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年9月24日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ 
改めて動画を見せていただきました。以前見たところと違うのは、福島のコメントが追加されたことです。

ジャネット・シャーマンさんは乳がんの世界的な急増の報告をし
9.11の事故の際は、ボーイング事故機由来の劣化ウラン(一機にバランサーとして282kg)のエアロゾル状の環境放出の報告もしています。
ICRP,IAEAは初期物理学(人間を30kgの肉塊として解釈、子供は小さな大人、カリウム40もセシウム137も生物には同じ影響のγ線源・・・)をいまだに基本としているそうです。
その結果でしょうか、私たちが使用する放射能単位は複雑怪奇、生物への影響を正確に表現していませんよね。
放射線測定器のシーベルト換算の計算は、多分チェルノの放出核種が基準なんでしょうね。
是非 国産のフクシマ基準の測定器発売を希望します。小出先生推薦付きを。

投稿: のぬけす | 2011年9月23日 (金) 10時18分

のぬけす様、おはようございます( ^ω^ )ゞ

この動画でよかったんですね。
のぬけす様はやたらとお詳しいですね!
私は数字とか見ると脳が拒否反応を起こすんですよねぇ^^;
のぬけす様の情報提供が無かったらこの動画を見ることは
無かったかも知れません。
またなにかあったら情報提供、お願い致しますo(_ _)oペコッ

>是非 国産のフクシマ基準の測定器発売を希望します。小出先生推薦付きを。
御用学者監修のなら近々エステーから発売されるみたいですけどねぇ(;^ω^)

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2011年9月23日 (金) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/41768965

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年9月23日釧路市内放射線量測定:

« 2011年9月22日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年9月24日釧路市内放射線量測定 »