« 2011年8月8日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年8月10日釧路市内放射線量測定 »

2011年8月 9日 (火)

2011年8月9日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際(ちょい窓開け)0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Suis

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

僅かに南風、激しい濃霧の早朝に測定。

朝日ジャーナル@クリス・バズビー博士

日本の科学者の多くは企業に雇われ
嘘を言ってるので信じないほうがいいだろう

ECRRは世界で40回以上も放射線による裁判で
ICRPモデル利用してきた人間に対して勝ってきた
何故なら私達は証拠を出しきちんと調べ
ICRPは証拠を出せる科学者を裁判に呼んできた事ないのだからね

福島の郡山の裁判に私は行きたくない
何故なら私の行った会津若松はおそろしく汚染され
こんなに酷い状況だとは思ってなかったし
過去にチェルノブイリに20人ほどの仲間が入ったが
死んでった仲間が多いんでね、私はそうはなりたくないのでVTRで証言するよ

何れにしてもこの事故は不運も重なったが世界最大の事故であり
今後、その責任を政府や原子力関係者が国際的にも裁かれる日がくるであろう

私から言える事は汚染地域に住んでる人は子供は特に
その場を離れることを推奨する ちなみに東京の北部も相当汚染されている

この中でバズビーさんは、放射線は目に見えないがガイガーで測れば数値として判る
しかし数値にごまかされてはならない、危険な放射性物質が空間に漂っているってことが
重大なんだ!って、バズビーさんは超危険厨(; ・`ω・´)
政府や電力会社の責任者は法廷で裁かれるだろうと言ってるけど
ほんとにこの国にそこまで自浄作用が働くのだろうか?
金で買われている科学者は嘘をつくって、日本にいっぱい居ますよね御用が。
金で買われない(飼われない)バズビーさんはカコイイd(・ω´・+)

|

« 2011年8月8日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年8月10日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/41104044

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年8月9日釧路市内放射線量測定:

« 2011年8月8日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年8月10日釧路市内放射線量測定 »