« 2011年8月4日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年8月6日釧路市内放射線量測定 »

2011年8月 5日 (金)

2011年8月5日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際(ちょい窓開け)0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

南風、真夜中からの雨が激しい濃霧になった早朝に測定。

被曝医師・肥田舜太郎さんが語る『真実の原子力』

内部被曝した人間は、20年30年かけてじわじわと苦しんで殺されていく
現代医学では放射能のせいだと解明できない、保障もされない!!

原子力ってその始めから呪われた存在だということが、これを見てよくわかった。
プルトニウムの元ネタはプルートだけどこれは冥王、死の神なんだよねぇ。
日本人はこの問題に対してきちんとした認識を持たないと
民族として未来は無いかも知れないね。
無関心であったり成り行き任せになったりしていたんじゃ、ホントにオワタだよ。
この先生も言ってたけど、放射能が原因で病気になったとしても
現代医学じゃそれを立証することが出来ないから、将来国や東電を告訴しても
国民は泣き寝入りしか出来ない可能性は大になりかねないね、これじゃ。

|

« 2011年8月4日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年8月6日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ナイスです。肥田先生のお話。
鎌仲ひとみさんと共著の内部被曝の脅威読みました。
今晩チェックします。
Dose RAE2 0.05μSv/h
2011年8月5日の遠矢 朝 6時50分 ジリ模様 
窓全開地上から70センチくらいのテーブル上で 
この数字は道東ガイガー様によりますと中標津地方の倍位だそうです。
要因はなんでしょうね。太平洋に面してるから?

投稿: のぬけす | 2011年8月 5日 (金) 06時56分

おはようございます。
私も、内部被曝の脅威、読みました。
とても怖いと思います。
こういうことを、もっとたくさんの人に知ってほしいと思うし、
意識しなければならないと思います。

投稿: あきこ | 2011年8月 5日 (金) 09時17分

のぬけす様、あきこ様、こんにちは(*^o^*)/


ご両人とも、ほんとに研究熱心ですね、頭が下がりますo(_ _)oペコッ

私の情報源はいつもネットで、お金を出して本を買ったことありません( ̄∇ ̄*)>
そこまでこの原発事故に問題意識を持っている人って滅多に見かけませんが
周りの人たちとの温度差に悩んだりしないのかなーって思いますヨ(;^ω^)

Dose RAE2で0.05μSv/hが中標津の倍の数値とは(;゚д゚)…
温かくなって南風が吹くようになってから拡散予測を見ると
特に南西の風の日は釧路地方をかすめるように拡散物が通過していて
中標津の方まではかかっていない日がよくありましたが
中標津よりも釧路の方がふくしまからの拡散物の通り道になっているから
それが釧路の方が線量が高い理由になっているのなら
それは釧路地方がふくいちからのヤバイ物を浴びているって
ひとつの証明になってしまいますよね^^;
しかしもしそうなら、ここでひとつの謎が生じてしまいます。
道庁の公表値を見ていると、拡散予測では滅多に被らないはずの稚内の方が
釧路よりもいつも数値が高いのは何故?ということになってしまいます^^;
ミステリーです^^;

Dose RAE2で0.05μSv/hが中標津の倍の数値なら中標津でDose RAE2を使って測定したら
0.03μSv/hくらいになるのかな?γ線だけの数値で。
そこへ私が使っているガイガーで測定したら0.07μSv/hって感じですか。
まあ、日によって数値は違いますからね。
今まで釧路市内で測定してきて0.08μSv/hって日もありましたし。
いくらなんでも釧路と中標津が倍も違うなんてショッキングです(´Д`;;)・・・
私も中標津へ行って測定してみたいけど、今のところ今年は中標津へ行く予定無いし。
昨年は森林公園キャンプ場で二泊してたんだけど。
マルエー温泉はお肌すべすべになる良いお湯でした(*^^*)

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2011年8月 5日 (金) 13時16分

こんばんは~
みなさんにいろんな場所で測っていただいて感謝していますo(_ _)oペコッ
でも、釧路は中標津の倍ですか?
中標津は農地のモニタリングを見ると、微少ですがセシウムが増えていたので
牧草を心配してました…釧路はもう少し多いって事ですよね、、、
そして公立大学での大気中放射性物質測定
セシウムが検出されなくなってホッとしていたら、またヨウ素~?
これってまだ福一で漏れてるって事ですよね(;´д`)

稚内で数値が高いのは、観測場所に数値が高くなる石が敷いてある
…とかじゃないのでしょうか?

肥田先生の食事の工夫は為になります…

投稿: bun | 2011年8月 5日 (金) 21時36分

bun様おはようございます
今日はマジで暑くなりそうですねι(´Д`υ)アツィー

まだふくいちからのヨウ素が検出されているんですか!(゚Д゚lll)
半減期の短いヨウ素がまだ検出されているということは
絶賛再臨界中ってことですよね!!!
事故から来月で半年になるのに、まだまだ収束にはほど遠いのか・・・

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2011年8月 6日 (土) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/41063101

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年8月5日釧路市内放射線量測定:

« 2011年8月4日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年8月6日釧路市内放射線量測定 »