« 2011年8月1日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年8月3日釧路市内放射線量測定 »

2011年8月 2日 (火)

2011年8月2日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際(ちょい窓開け)0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間
最新の拡散シミュレーションは左のサイドバーにリンクがありますので
そちらをご覧下さい。
DWDは拡散予測を更新してくれてますね、
ドイツは日本の友です!ほんとにありがたいヽ(*´ω`*)ッ ありがとう!!

無風で薄曇りな早朝の測定、どこからか鈴虫の音が聞こえてくる季節になりました。
ブログで測定始めて今日で二ヶ月になりました
そしてもうすぐ震災から半年になろうとしています。
大きなニュースも無く、メルトスルーを通り越してメルトアウトになっていると
これくらいの話がちょっとだけ聞こえてくる程度の今日この頃です。
普通に暮らしていたらふくいちのことなんて無かったかのような日常です(北海道は)。
震災から三ヶ月くらいは毎日がジェットコースターに乗っているような気分で
PTSDの一歩手前な状態でしたが
私もやっと最近になって精神的にずいぶんと落ち着いてきました。
でも、だからといってふくいちのことが頭の中から消えた日は一日もありません。
まるで片思いの相手みたいに必ず心のどこかに存在していて忘れることができません。
自分が死ぬか、相手(ふくいち)のことが完全にケリが着くまでは終わらないような
そんな気がする二ヶ月目です(-ω-`)
区切りの日になったのでガイガー入れてるジップロックを新しいのにしました。

「チェルノブイリの3分の1相当の放射能がすでに出て、進行中」(小出裕章)

下村「はい。本当にまったく収束の目処というのはつかない状況なんですよね」

小出「今のところは目処はありません。原子炉の中がどういう状況になっているかということ
そのことがわからないのですね。例えば今壊れているのが火力発電所であれば、簡単です。
壊れたところに行って調べればよいのです。ボイラーのところが壊れている。
配管のところが壊れているとゆっくり調べてそこを一つ一つ修理すればいいのですけれども。
原子力発電所の場合は壊れている場所に近づくことすらができない。
どこが壊れているかを知ることの計器を調整に行くことすらができないという、
そういう現実の前でいまもがいているのですね。」

ぜんぜん収束してないじゃん!【゚Д゚】

|

« 2011年8月1日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年8月3日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

いつもコメントありがとうございます。

さて、先日ある大手の会社員さんと話をした時の内容です。

「いや~、放射線も長かったよね」と・・・。
何が長いんだ?
「あと1ヶ月でなくなるからホッとしたよ」ですって。
(゚〇゚;)なぬ????? どこ情報ですか?
その後、30分ほど話させてもらいました。
で、その後の言葉が、
「何だよそんな訳ないじゃんか」
「まだまだ危険だなんて怖がりすぎな奴だな」
ヘ(X_X ;)/ ヘロヘロー。。。(lll __ __)バタッ

ダメだこりゃ

投稿: 道東ガイガー | 2011年8月 2日 (火) 14時31分

道東ガイガー様、おはようございます(*^o^*)/

なんかズコーーッって感じのお話ですね(;^ω^)
なかなか理解が得られないことにご苦労されているようですね。
危機感持っている人とぜんぜん気にしていない人の温度差が
ほんと激し過ぎますよね^^;
怖がりすぎな奴(笑)として、張り切って生きていきましょう(`・ω・´) b

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2011年8月 3日 (水) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/41027655

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年8月2日釧路市内放射線量測定:

« 2011年8月1日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年8月3日釧路市内放射線量測定 »