« 2011年8月17日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年8月19日釧路市内放射線量測定 »

2011年8月18日 (木)

2011年8月18日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.11μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際(ちょい窓開け)0.11μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

スイス気象局による放射性物質拡散シミュレーション
(JST)が曜日と日本時間、10m, 500m,1500mは高度別拡散予測です。
アニメーションで見た方が流れがわかりやすいので
左のサイドバーにリンクがありますのでそちらをご覧下さい。

今日も雨、風は殆ど感じられない早朝に測定。

彼女は表面的には原発慎重派を装っているが、実は生粋の原発推進派だ。
玄海の再稼動が頓挫したので、泊に経産省は目をつけた。関西電力の場合、
大阪の橋下がうるさいから、御しやすい知事の所を選んだわけだ。
そして玄海のミスリードで北海道からつぶしていくと官僚は決定した

北海道電力に天下った通算省の官僚から毎年、献金を受けている高橋知事
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-780.html

泊原発 高橋知事と北電の蜜月関係
2011年8月17日
北海道電力泊原発3号機は営業運転再開へ動きだしたが、最終判断をした
高橋はるみ北海道知事の、北海道電力との蜜月ぶりには驚かされる。
同社幹部からの政治献金は毎年の恒例。北電元会長が資金管理団体の会長も
務める。原発「全機停止」の事態を避けたかった経済産業省にとって、
これほどの“人材”はなかったはずだ。 (小国智宏、篠ケ瀬祐司)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011081702000060.html

これほどの“人材”はなかったはずだ最高に誉められてるね!
道民の一人としてとても誇らしいです(゚Д゚)凸
この北海道が誇る知事は一般道民のことなど見ていないことはこれで明白です。
なぜ道民はこれを見抜けなかったのでしょうか?
そこには保守的な無関心さがあったのではないでしょうか。

|

« 2011年8月17日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年8月19日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/41257801

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年8月18日釧路市内放射線量測定:

« 2011年8月17日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年8月19日釧路市内放射線量測定 »