« ドイツ気象庁により【粒子拡散予測】の存続を | トップページ | 2011年8月2日釧路市内放射線量測定 »

2011年8月 1日 (月)

2011年8月1日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際(ちょい窓開け)0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間
最新の拡散シミュレーションは左のサイドバーにリンクがありますので
そちらをご覧下さい。

木の葉を僅かに揺らすくらいの風、空は曇りな早朝に測定。

ベラルーシの部屋ブログ

ベラルーシに住んでいる人間からすれば、バンダジェフスキー氏の投獄事件は裏が丸見えです。
ベラルーシは経済状態がずっと低迷し続けており、チェルノブイリ関係の国家予算を減らし
たくて「事故からこんなに時間が経ったのだから、もう大丈夫。汚染地域にみんな住めますし、
元気に暮らしています。」と強調しています。
そこへバンダジェフスキー氏が「低レベルの被曝でも健康に影響が出る。」と警告したわけです。
ベラルーシ政府からすれば「寝た子を起こすな」でしょう。
http://blog.goo.ne.jp/nbjc/e/3a8789e67fc5b371d2cc34f0572346e6

政府に正義というものが無いのはどこの国も一緒なんだね。
知人のイタリア人の神父様が言ってましたが
イタリア人は政治家のことをマフィアだと認識しているのだそうです。
だから国民は政治家に人道的なことは期待していないのだと。
まあ、政治家は国民の代表ということになってまして
つまりは政治家というのは私たち国民の映しなんですよね。
私たちも物欲や金銭欲や権力闘争に明け暮れている人間であることは
ありのままを観ることができる曇り無い眼があれば判ることです
ただそれ(欲)が大きいか小さいかの違いなだけで。

|

« ドイツ気象庁により【粒子拡散予測】の存続を | トップページ | 2011年8月2日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/41027108

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年8月1日釧路市内放射線量測定:

« ドイツ気象庁により【粒子拡散予測】の存続を | トップページ | 2011年8月2日釧路市内放射線量測定 »